ひとくちにミニバン選び方といってもそのサイズは様々です。

予算基準でミニバンを選ぶ時はこのサイズから決める必要があります。
ミニバンで選べるサイズは3種類に分かれます、小型、中型、大型の3種類です。
まずはこれを基準にミニバンを選ぶといいでしょう、予算に合った種類のミニバンから選べば選択が楽になります。

ミニバン選び方の基準は乗車人数で、予算はミニバンのサイズで決まる!

各自動車メーカーでミニバンは売れ筋の車種ですから人気車がたくさんあります。
値引きのために競合させる車が豊富なのもミニバンのメリットです。

ミニバンの種類が小型、中型、大型と言われてもどれがいいのかわからないという人はまず何人くらい乗車させたいか考えましょう、大型のミニバンを購入しても結局3列目のシートは一度も使ったことがないなんていうもったいないことがないようにだいたいの乗車人数を考慮すればおのずと種類は決まってきます。
基準としては月に一回以上は3列目のシートを使うだろうという方は中型以上の種類を選ぶといいでしょう。

 

 

 

 

ミニバン選び方は実用性重視がベスト、小型ミニバンは取り回しが楽

ミニバンを選ぶ時に限らず車を選ぶ時どうしても外観や予算で選びがちですが、やはり車は実用性です。
想定する利用シーンから考えることが大事です。

ミニバンはサイズ別に車種や予算の目安が決まってきます。
小型のプチバンから中型5ナンバーのミニバンそして3ナンバーサイズの大型ミニバン、それぞれサイズが基準となって予算が決まります。

小型のミニバンならおよそ200万円前後、中型なら250万前後、大型であれば300万前後といったような基準になりますので予算が決まっている方などは参考になるでしょう。
実際の維持費に関しては車の排気量と重さで変わるものなので3ナンバーだから維持費が高くなるということはありませんのでサイズはあくまでも目安と考えてください。
小型のミニバンの良さはやはり使い勝手が良いところです、日本に合ったサイズといっていい小型ミニバンは車体価格も安く維持費も中型大型よりは安く済みます。

小型ミニバンのデメリットは3列目シートが狭いという点です。

 

 

 

ミニバンの選び方の大前提は大勢乗れること

せっかくミニバンを選ぶ方はおそらく家族が大勢居るかいつも多くの人を乗車させる人かと思います。

やはりミニバンの魅力は3列目シートにも人が乗車できてたくさん乗れることです。
実は今ミニバンの主力は中型サイズです。

ちょっと見てみると各自動車メーカーともに中型のミニバンが多く販売されています。
総合的な販売数も中型のミニバンが多く販売されているのがお分かりいただけるかと思います。
小型のミニバンと違い、内装や乗りやすさ、燃費にしてもこのサイズが一歩リードしていますね!
最後に大型ミニバンですが、こちらのタイプはもはや高級車レベルになってきます。

車はステータスという時代は今でも変わらないと思います。
収入も落ち着いてきた中高年のお父さんには大型ミニバンが魅力的です。
内装の豪華さや走りの静粛性、安定感など全てにおいて一歩リードしています。

さらにミニバンでもハイブリッドタイプはやはり燃費の面でもおすすめです。

 

スポンサーリンク