自動車保険の節約したい!プランは?確認すべき3つのポイント
自動車保険どうする??

自動車保険って最初に入ってからそのまま・・

今は色々と安くなってるみたいだけど面倒だし。。

 

普段の買い物では少しでも節約しているのに

年間で3万円も無駄に捨ててる

としたらもったいなくないですか?

 

せっかくなら切り替え時期に

見積もりを取ってみることをオススメします。

 

もし今のままが良ければそのままに

安くなるなら切り替えるべき・・

 

面倒だからほっとく!

それ無駄すぎます!


このページでは自動車保険の節約について説明しています。

自動車保険は、自動車に乗る人が任意で加入する損害保険の1つです。

自動車保険は自動車に乗っている限り加入する保険でありながらかなりの高額ですべて掛け捨てです。

ただ、毎年の更新時期で見直しをすることで自動車保険を節約できる機会があります。

どのようなポイントでみれば節約につながるでしょうか。

毎年自動車保険の節約の見直しをしようと思っているけど面倒だからそのまま・・

自動車保険を少しでも節約したいけど、ややこしくて分かりにくい・・

こんな方に参考になれば幸いです。

自賠責保険は強制加入なので必ず入らなければいけません。車の諸費用を節約しようと任意保険に入らないことへのリスクについて調べてみました。その上に重ねる任意保険についても入っていないという方は居ないと思います、車を運転する以上いつ事故に遭遇するかわかりません、ある意味火災保険よりも大事な保険と言えます。

スポンサーリンク

自動車保険の節約のポイントと内容

車両保険について

任意保険にはいろいろなケースに対応しています。

交通事故、自然災害、駐車場でのいたずらや飛び石によるフロントガラスのひびなど車の修理が必要になった時に自動車保険で支払いを行うことができます。

これらは車両保険と呼ばれ、自損事故などの場合でも修理費を保険から出すことができるため新車購入時などはほとんどの人が契約しています。

車両保険の節約は、免責金額です。

いざ事故が起こったときに自己負担額を上げておけば、保険料は格段に節約できます。

そもそも保険はいざというときに払いきれない、若しくは払ったら家計が大きく崩れるときにかけておくべきもの。

免責を10万円に設定していても、自動車を所有しているというリスクの範囲内で考えれば十分対応できるはずです。

下記の、対人と対物は上限が限りなく高いので必ず入らなくてリスクを抑えきれませんが、車両保険はその車の時価額によって考えを変えていっても問題ありません。

対人補償

その他自動車保険には対人補償や対物補償といった他人の被害にそなえる補償にも対応しています。

車両保険の場合は自分のものである車に対しての保険ですが、対人や対物に対する保険は相手に対する損害に対してかける保険というわけです。

優先度としてはやはり対人対物補償が優先です。

自分の車が傷ついてしまった程度なら修理費が高額でもなんとかなりますが、他人にケガをさせてしまったりしては非常に高額な賠償が発生することが多くあります。

自動車の任意保険は名前の通り、任意で必要と思う方が入る保険ですがドライバーである限り任意保険の必要性は揺るがない事実です。

対物補償

対物補償とは人のものを壊したときの補償です。

アクセルを踏み間違えてお店に車ごと突っ込んでしまったり、踏切を壊してしまうとかなりの高額の費用がかかります。

そのための補償なのでやはり無制限で加入しておいたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

自動車保険の節約は1年間ごとの見直し大切

自賠責保険という強制加入のものとは区別して扱われており、万が一の交通事故に備えている優良ドライバーは常に2つの保険に加入しています。

任意である自動車保険は1年間で満期になる契約内容が多く、車両の購入と同時に加入している関係から、ちょうど車検などの節目の時期に更新する形です。

短期間で満期になる上に、支払った保険料は原則的に掛け捨てとあって、最も見直しがしやすい保険になっています。

自動車保険 節約

自動車保険で最低限必要な補償は対人での無制限で、対物については同じく無制限が望ましいものの、節約する余地がある項目です。

将来的に戻ってくる部分がないため、保険のことをよく知らない方でもすぐに理解できます。

各保険会社が積極的な営業をしていて、生命保険と並んで自動車保険のCMをよく目にします。

見直しによって保険会社を変更する事例が珍しくないので、どの保険会社も他社からの受け入れができる体制です。

契約書は重要な項目を選択していく形式になっており、直感的に保険のカスタマイズができます。

具体的な条項は小さな文字でびっしりと書かれているので読みにくいのが難点ですが、いざという時に保険金が支払われる根拠だから隅々まで読んでから契約するべきです。

控えとして契約書の一部を手元に残せるので、大切に保管しておきましょう。

見直しは現在の自動車保険の契約が切れる直前までに行うのが鉄則で、無保険の空白期間を作らないように切り替える必要があります。

保険会社にとって最も慣れている手続きだから、早めに連絡すれば契約者が困らないように配慮してくれます。

スポンサーリンク

自動車保険の節約のポイントは車種と等級を確認すること

いくら見直しによって自動車保険の保険料を節約すると言っても、肝心の交通事故において補償される金額が不足しては意味がありません。

被害者への補償である対人と相手の車両を弁償する対物はどちらも無制限が基本ですが、別の車に乗り換えた時に同じ補償内容でも毎月の保険料がかなり変わったという口コミも見られます。

自動車保険の保険料は独自の調査によって決定しているため、例えばよく交通事故を起こしている車種については高めにする等の調整が行われているのです。

高速走行が自慢のスポーツタイプなどの車種では仕事でもプライベートでも走っている所有者の割合が大きいので、必然的に毎月の保険料が割高になります。

次の自動車に乗り換える場合には、お目当ての車種ではどれぐらいの保険料になるのかを調べておくとスマートです。

毎月の保険料の支払いは家計の負担になりやすいので、きちんと理解した上で次の自動車を決めましょう。

契約者の過去の運転履歴による等級も、自動車保険の見直しで重要なファクターです。

無事故の期間が長くなるほど等級は上がっていき、逆に交通事故があって自動車保険の使用をすると下がります。

等級は契約している保険会社の内部でのみ通用する制度ですが、保険証書を提示すれば他社でもほぼ同じランクに設定するのが一般的です。

せっかく育てた等級をムダにして再出発することにはならないので、安心して自動車保険の見直しにチャレンジしてみましょう。

しばらく自動車に乗らないケースでも、等級を保存できる中断証明書を発行してもらえます。

中断証明書があれば、これまでの等級で改めて契約できるので便利です。

自動車保険の節約をするには、代理店の営業マンより・・

自動車保険 節約

インターネットを通して契約するネット専用の自動車保険は、従来型の代理店の営業マンによる保険よりも割安です。

営業マンに契約成立に伴うマージンを支払う必要がないので、その分の費用を還元した保険料になっています。

まだ日本国内に販売網がない外資系の保険会社や異業種からの参入も相次いでいて、活気がある領域です。

選択肢が豊富であることから、じっくりと見直せば従来型よりも大幅なコスト削減を実現できます。

問い合わせ用の連絡先があるので、オンラインの説明だけではよく分からない方でも安心です。

インターネット上で契約すると割引が適用されるのが大きな特徴で、それ以外にも色々な割引制度が用意されています。

あまりドライブしない方や、無事故無違反のゴールド免許の持ち主だと、特別扱いによって格安の自動車保険に加入できる場合もあります。

大手の保険会社は軒並みオンラインでの契約に取り組んでいますが、ネット専用では店舗を持たないメリットを活かしたピンポイントのサービスを提供することで差をつけているのです。

営業マンのセールストークがないだけでも有利に選べる環境で、自動車保険の見直しに初挑戦する方にも向いています。

大手とネット専用を比較してみると、結果的に大手を選んだとしても広い視野で自動車保険を見られます。

保険の見直しは勉強することでどんどん上手くなるので、手始めに自動車保険で練習してみましょう。

イメージしていたのと多少違った場合でも、来年になったら経験を活かしてフォローできる話です。

ただし、いかなる状況でも、自分の車両を無保険で運転させないことが絶対条件になります。

自動車保険の節約したい!プランは?確認すべき3つのポイント【まとめ】

いかがでしたか?

自動車保険は見直さずにほっておくとドンドン無駄が増えてきます。

定期的にポイントを絞って見直すことで、保険内容の確認も出来ますし、家族の環境が変わったときも抜けを防ぐことが出来ます。

ポイントは

1)  今と同条件で保険会社を変更
2)自動車に乗り換えるときはリスクの少ない車種にする
3)無事故無違反のゴールド免許の持ち主は特別扱い

追加で・・

もし車両保険に入っている方がいれば、免責額を上げると大きく変わってきいます。

新車で車を買ったときは、ローンもあるかもしれないので全損事故はかなりの経済的痛手です。

そこに数百万の保障があれば充分のケースもあります。

10万程度の事故を保障してもらうために毎年3万円はリスク・リワード的にメリットがありません。

つまり車両保険の免責額をあげる。あげられない場合は大きな免責額の設定のある保険会社に変える。

また年齢やその他の条件でも大きく見積もりは変わってきます。

自動車保険どうする??

自動車保険って最初に入ってからそのまま・・

今は色々と安くなってるみたいだけど面倒だし。。

 

普段の買い物では少しでも節約しているのに

年間で3万円も無駄に捨ててる

としたらもったいなくないですか?

 

せっかくなら切り替え時期に

見積もりを取ってみることをオススメします。

 

もし今のままが良ければそのままに

安くなるなら切り替えるべき・・

 

面倒だからほっとく!

それ無駄すぎます!


スポンサーリンク