車の一括査定時の査定業者との面倒な3つのトラブル@端的にまとめました。
SONY DSC

自家用車を手放す時に一括で査定してもらうサイトに登録して自家用車の見積もりを一括で出して貰う方法がありますが、多くのトラブルも抱えています。

ここでは、どのようなトラブルが起こりえるかを紹介します。

査定業者からの車買取の営業電話がしつこい

一括査定サイトを利用して売りたい車を登録すると査定業者からしつこく電話がかかってきます。

 

査定業者からすると自分の買いたい車の査定額を安く見積もるチャンスでもあるのでしつこく値引き交渉や売ってくれる交渉をしたいわけです。こういった場合は、電話を無視し続けるか、ある程度サイトで自分の売りたい車の査定額がわかったのなら、査定自体を一度キャンセルしてみるのも手です。

 

車を売りたい側としてはある程度値段がわかれば査定業者に依存することなく、他の業者にこれくらいの査定額になったといって売れば済むことなのですからいちいちしつこい査定業者を相手にする必要は有りません。

 

 

 

査定業者の概算が査定金額と違う

査定業者がおおよそのあなたの売りたい車の概算を提示した時に実際の査定サイト上での金額とずれが出るということがあります。

この金額のずれが少なければまだ、納得がいくかもしれませんが大きい場合であるとそうはいきません。業者が買取の際の概算とネット上の査定のずれを明確にかつ納得できる説明をしてくれる業者なら信頼できますが、車に傷も無いのに擦り傷がと言っていいわけじみたことで値引きを使用とする業者もいます。

 

ここで注意して欲しいのは車を売ることに関してはこちらに売買する権利があるので、この値段は不当であると感じたのならすぐに売買をやめることができます。大事なのはその場の空気に流されて車を売ってしまうのではなく、おかしいと思ったのなら毅然として売買を取りやめることも重要です。査定業者はまだまだたくさんいて、あなたの車を見に来ますので急いで決める必要性はありません。

 

 

 

査定額で車を売ってくれるまで居座る業者

 

査定サイトから車を見に来る業者の中にはあなたが車を売ってくれるまで家に居座る業者も中にはいます。

あなたの希望額で車を買い取ってくれるのであれば居座ってもらっても困らないのですが、たいていの場合は値段を低く見積もった値段で車を売ってくれと言う業者が多く見られます。

 

 

こういった業者の場合は多くの場合、車を売ってくれる人をほめたりして気分を良くして売ってもらおうとする業者が大半で、車を安く買い叩くまで帰ってくるなと言われている業者であることが大半です。こういった場合は、はっきりと車を売らないと宣言して帰ってもらうようにしましょう。

 

それでも帰らない場合は不審者として警察に通報するか、査定業者の名前と担当者の名前を控え国民生活センターにこういう業者がいますと訴えることもできるのでしつこい場合であると本当に国民生活センターに訴えてみるのも手です。国民生活センターに訴えることで解決策が見つかる可能性もあります。

スポンサーリンク