ディーラーよりも売却額が高い傾向がある専門店とその理由

車を売却する手段は、複数あります。お店に売却するとなると、主に2つの手段があるのです。ディーラーもしくは買取専門店です。
多くの方々は、高額売却を望んでいます。
売却額が高くなるか否かは、お店次第なのです。

スポンサーリンク

買い替えの為に、ディーラー店が利用される事も多い

上記のディーラーと専門店は、よく比較されています。後者の専門店の方が、総じて売却額は高めです。
ディーラーというお店で売却をする時は、原則として新車を購入する事になります。いわゆる下取りの手続きを行うからです。ディーラーで新しい車を購入するのと引き換えに、車を売却する事になります。

そもそも車売却は、買い替えが関わっている事が多いのです。ある程度は車を長く使い続けたものの、そろそろ新しい車が欲しくなったので、売却が検討される事もあるでしょう。その買い替えの為に、ディーラー店が利用される事も多いのです。
ところがディーラー店の場合は、売却額はやや低くなってしまう傾向があります。

 

スポンサーリンク

ディーラーは、基本的には車の販売に関する強みがあります。

しかし車の「売却」となると、あまり詳しくないのです。ですからディーラーとしては、無難な金額しか提示せざるを得なくなってしまいます。それに対して専門店の場合は、ディーラー店よりも高くなる傾向はあります。買い取り専門店ですから、毎日のように買取手続きを行っているからです。少なくともディーラーよりは、買取の手続きを多く経験している傾向があります。

車の売却額は、お店の専門知識に左右される一面があります。やはり知識が多いお店の方が、売却額も高くなりやすいのです。ですから知識が多い専門店は、ディーラーよりは高くなる傾向があります。

またディーラーの場合は、状態が微妙な車は売却困難な事も多いです。例えば10年落ちの車や、走行距離が10万キロを超えている車です。その他にも、事故車などもあります。
そのような車は、それなりに損傷も蓄積している傾向があります。ですからディーラーでは、査定額はかなり厳しくなってしまうのです。
それに対して買取専門店ですと、多彩な車に対応している傾向があります。たとえ10年落ちの車でも、そこそこの査定額で買い取ってくれるお店も、しばしば見られます。海外に対する売却ルートを確保しているお店なら、たとえ10年落ちでも売却できる事も多いのです。

走行距離が長い車も、やはり買取店の方が高くなる傾向があります。

 

買取専門店より高く売れる傾向がある2つのオークション

 

スポンサーリンク

理由の1つは中間マージン

ところで車を売る手段は、何もお店だけではありません。

オークションに出してみる手段もあるのです。高額売却を望んでいる方々は、オークションを活用している事も実際あります。
オークションと言っても、大きく分ければ2つあるのです。

ネットオークションもしくは業者オークションです。後者は、基本的には業者のみが利用できるオークションになります。買取店によっては、業者オークションを利用している事さえあります。
それでネットオークションの場合は、総じて落札額は高くなる事が多いのです。上述の買取店と比較しても、高くなる傾向はあります。その理由の1つは中間マージンなどです。

個人間でのやり取りになる事もあり、専門店よりは高くなる傾向

買取専門店が提示してくる金額は、手数料が差し引かれている事もあります。いわゆる中間マージンなどが関わっていて、やや低めになる事もあるのです。

本来ならば60万円で売却できる車でも、マージンが10万円差し引かれると、査定額は50万円といった具合です。マージンに限らず、様々な手数料が差し引かれて、やや低めになる事はあります。
それに対してネットオークションは、そのような手数料はありません。一応出品手数料は徴収されますが、そこまで大きな金額ではないのです。個人間でのやり取りになる事もあり、専門店よりは高くなる傾向はあります。

手間を考慮すれば、業者オークションの方が良い

そして業者オークションの場合は、実はネットオークションほど高くはありません。というのも個人が業者オークションに出品するのは、原則困難だからです。あくまでも業者間のオークションになるからです。
このため個人が業者オークションで車を売却したい時は、オークション代行の業者に依頼する事になります。

ただし代行業者を利用する以上は、代行手数料も徴収される訳です。手数料を支払う都合上、どうしてもネットオークションよりは売却額が低くなります。

その代わりネットオークションよりは、手間は小さいです。そもそもネットオークションは、自分で車の画像を撮影する必要があります。オークションに掲載する画像データを作成する為に、写真写りも考慮しなければなりません。
それと契約書も作成する必要があります。個人間での売買になりますし、後々のトラブルを防止する為にも、きちんと書類を作成する事になるのです。誰かが代行してくれる訳でなく、自力で作成する事になります。
逆に業者オークションの代行業者は、それらを代行してくれる訳です。ですから手間を考慮すれば、業者オークションの方が良い事もあります。

 

 

売却価格は低めでもスピーディーに売却可能な一括査定

 

以上を踏まえますと、車を売却する手段は4つあります。

売却額が高く見込める順に並べれば、ネットオークション、業者オークション、買取専門店、ディーラーという事にはなります。ですから車を高く売りたいなら、ネットオークションが候補になるでしょう。

一番高い所に売却するのが一般的

しかし多くの方々は、一括査定も活用している傾向があります。一括査定は、確実性のメリットがあるからです。
一括査定という方法は、オークションよりは低くなる傾向があります。その手段の場合は、複数の買取店による査定を受けるからです。

基本的には一括査定のサイトにアクセスをし、複数店に査定依頼をする事になります。それで各お店から提示される金額を比較して、一番高い所に売却するのが一般的です。

画像データの見栄えがあまり良くなければ

ところで上記でも少し触れた通り、買取専門店は様々な手数料を徴収しています。個人間での売買にはなりません。ですからネットオークションなどと比べると、売却額自体は低めになる事も多いです。たまに例外もありますが、全体的な傾向を見れば、やはりオークションの方が高めになります。
しかしオークションには、デメリットもあるのです。肝心の売却が成立するまでに、やや期間を要する傾向があります。流れてしまう可能性があるからです。
そもそも車に限らず、ネットオークションに出品してみたからと言って、必ずしも落札が成立するとは限りません。試しに出品してみたものの、結局は誰も入札してくれないので、流れてしまう事もよくあるのです。オークションに掲載した車の画像データの見栄えがあまり良くなければ、なかなか入札が入らない事もあります。

スピーディーかつ高めな金額で売りたい時は、一括査定で売却する

またオークションの代行業者でも、流れてしまう事もあるのです。1回だけでなく、2回や3回ほど出品してみないと、車が売れない事は実際あります。
それに対して一括査定という手段なら、基本的にはほぼ確実に売却可能です。

車の状態が相当厳しいなら、買取を断られてしまう事もありますが、それは非常に珍しいです。一般的な車でしたら、たいていの一括査定では、確実に売却できます。

確かに価格自体は低めになるのですが、そもそも車を売る時には、「スピード」が重視される事もあるでしょう。多少は車の売却額が下がっても良いので、早く売りたいと望んでいる方々も多いです。一括査定ならば確実に売却できるので、オークションよりは手続きはスムーズになります。

ですから、時間は長くかかっても車を高く売りたい時は、基本的にはオークションがおすすめです。しかしスピーディーかつ高めな金額で売りたい時は、一括査定で売却すると良いでしょう。

 

 

スポンサーリンク