車一括査定のトラブル5選!しつこい電話にどのように対応する?
愛車を手間なく、高額査定をもらう方法とは?
「愛車が安く買い叩かれたら嫌」
「面倒な電話対応はしたくない」
「売却に時間も取られたくない」

なんてお悩みがある方もいるかもしれません。

「愛車を手軽に高く売りたい!」

こんなことが可能になったんです。
面倒な買取業者との電話のやり取りなし
一度の査定で高額査定
これがユーカーパックです。
トヨタ ヴェルファイアの例で
下取りで提示された査定額から
なんと50万以上の提示に成功!!

実はよくある話なんです。

 

愛車を安く買い取られてしまってからでは
もう遅い・・・です。

 

注目!!オークション形式で価格をどんどん上げてくれます。
少しの手間を惜しむと
もったいない・・です。

車一括査定によくあるトラブルと対処や心構えについてお伝えします。

愛車を売る時に便利な車一括査定ですが、トラブルもよくあると口コミなどから見受けられます。

もちろん車一括査定は便利なサイトで悪質なことは基本的にありません。

ただ、利用した時にどのようなことがあるのかを知っておくことはとても大切です。

何も知らずに車一括査定に登録すると想像していたことと違う状況で驚いてしまうかも知れません。

でも安心して下さい。

きちんと知っていればネットの力を借りた愛車を高く売る手段としてかなり有効です。

何が起こるかを知っておけば全く恐れることはありません。便利に活用して下さい。

スポンサーリンク

車一括査定のトラブル①しつこい電話?

簡単な個人情報の入力だけで複数の業者から買取価格をもらえる車一括査定は、その利便性の高さから利用者が急増しています。

しかし、試しに利用してみたら想像もしていなかった勢いで電話がかかってきたというのが、よくあるトラブルの1つです。

具体的には入力が完了して送信した5分後にはもう1社目から電話がかかってきて、応対している間にも他の業者からの着信履歴が次々に増えていく状況になっています。

営業マンは相手が電話に出るまでかけ続けるので、車一括査定を利用してから数日は電話に振り回されたというパターンが珍しくありません。

業者としては車を買い取るのが目的だから、同業他社に先んじて話がしたいのが本音です。

査定をする営業マンにもノルマがあるので、車を売りたがっている人間を見つけたら何回でも電話をかけます。

一斉に電話がかかってくることをハッキリと告げない車一括査定の側にも責任があるものの、現状としては利用者側の工夫で乗り切るしかありません。

しかしよく考えれば買取業者も依頼された業務をこなしていることに過ぎません。

車一括買取サイトに登録すると言うことはメリットでもある複数の買取業者に査定をお願いしたことになります。

その依頼を受けた買取業者が査定日を決めるために電話をしてくれているということです。

営業電話をしつこくかけてきているわけではなく、査定日のアポイントを決めるための電話であることを理解しておく必要があります。

もし仮に、査定後にお断りしているのにしつこく電話のことを「営業電話」「迷惑電話」と呼ぶならば理解できますが、口コミなどで言われている大半は単に査定日のアポイントのための電話です。

しつこい電話の対処方法①:時間がある時に登録する

だからといっても、やはり着信履歴を埋め尽くすような連続の電話には恐怖を感じるかも知れません。

買取業者も車一括査定サイトを利用することに費用を払っています。

そのため査定の依頼を受けたからには我先にと電話を連続でかけてくるのです。

つまり、電話に出ないことで着信履歴が埋め尽くされるような電話の嵐になるということです。

対処方法としたら車一括査定サイトに登録する時はその後1時間ぐらいは時間にゆとりがある時にしましょう。

かかってきた電話にはすべて出る、電話中にかかってきた場合は保留にしてかけ直すと伝えることを徹底すると嵐にはなりません。

車一括査定サイトにもよりますがズバット車買取比較やかんたん車査定ガイドなどは査定を依頼する業者の上限が決まっています。

多くても10社です。

つまりそれ以上の買取業者から電話がなることはありません。

もし、車一括査定サイトに登録をしてすぐに気持ちが変わってしまい査定すら受けたくないとのお考えになった場合は、しっかりと「気持ちが変わり車の売却はやめることにした」と伝えましょう。

それ以上はかかってきません。

しつこい電話の対処方法②:自分のスケジュールを確認しておく

電話にしっかり出たとしても査定をしてもらう日時が手元のスケジュール帳で確認できなければ改めての電話になります。

次の電話に出ない時はまた電話がかかってくる可能性があります。

そのため、1回目の電話で自分の予定を確認して1発で日時を決めてしまいましょう。

もし、この先の予定がわからない時は今急いで車一括査定サイトに登録することはやめておきましょう。

査定にかかる時間は30分から1時間ぐらいです。

しつこい電話の対処方法③:査定のアポイントの電話がいらない場合

最初の2件から3件ぐらいでかなりいい感じの営業マンと出会い、この買取業者の査定にしようと考えることもあると思います。

その他の買取業者からの着信に出なければまた電話の嵐になります。

もし買取業者を決めた場合はそのことを伝えましょう。

もし今回の買取業者との話がうまくまとまらず再度査定をお願いする時はコチラから電話すると伝えれば問題ありません。

「申し訳ありませんが、買取業者を決めてしまったのでまたお願いすることがある時はコチラから電話します。それまでは電話を控えて下さい。」と伝えれば大丈夫です。

スポンサーリンク

しつこい電話を根本から避けるために

これまで「電話の嵐」は営業電話や迷惑電話ではなくて、依頼された査定のアポイントを決めるための電話であることをお伝えしました。

また、その電話に対応する方法を間違わなければ電話の嵐にはなりません。

ただ、先程お伝えしたことを実行するのが面倒だったり、電話で話すこと自体が嫌だったり、あまりしっかりと断ることが苦手な方もいるかも知れません。

その場合はシステムとしてメールのみの連絡を選べる車一括査定を選ぶか、あるいは、純粋に車両のみで査定を出してもらうオークション形式が便利です。

ただし、現時点でメールのみを選べる車一括査定サイトは少なく、カーセンサーが非公式ながら対応です。

オークション形式についてもまだ数が限られています。

正式な買取価格は実物を見る必要があるので、本命の業者が決まったら自宅の駐車場への出張査定か、もしくは、店舗へ出向いて店頭で査定してもらいましょう。

有名なのがユーカーパックやカープライスです。

それぞれ詳しくお話します。

カーセンサーでメールを希望するための方法

カーセンサーの査定申込画面です。赤線が引いてあるとおり「連絡方法をご指定いただくこと」は出来ませんとしっかりと明記されています。

しかし、この欄に「メールのみで連絡をお願いします。」と記載することにより電話を激減させることが出来ます。

車一括査定 注意

また電話の連絡希望時間帯の欄もありますので下記のように記入してそれ以外はかけて来ないように明記しておくのも方法です。

車一括査定 注意

ユーカーパックやカープライスの場合

上記のカーセンサーの例で電話を減らすことが出来たとしても完全ではありません。

買取業者からの電話を完全にシャットアウトするのはユーカーパックかカープライスがいいでしょう。詳しく下記からどうぞ!

 

 一般的な車一括査定で電話を減らすには、とにかく早期にお断りする方法が有効です。

オンラインでお断りできる車一括査定なら、穏便に解決します。

電話で断る場合は、新車を買った等の角が立ちにくくて相手が納得しやすい理由を考えておくのがマナーです。

相手につながらないから延々と電話をかけるのであって、キッパリと断ることで解決します。

業者と直接話すのが苦手という方は、査定をもらう業者を自分で選べる車一括査定で少なめの数にするのがお勧めです。

スポンサーリンク

車一括査定のトラブル②査定金額がずれる

査定業者がおおよそのあなたの売りたい車の概算を提示した時に実際の査定サイト上での金額とずれが出るということがあります。

この金額のずれが少なければまだ、納得がいくかもしれませんが大きい場合であるとそうはいきません。

業者が買取の際の概算とネット上の査定のずれを明確にかつ納得できる説明をしてくれる業者なら信頼できますが、車に傷も無いのに擦り傷がと言っていいわけじみたことで値引きを使用とする業者もいます。

ここで注意して欲しいのは車を売ることに関してはこちらに売買する権利があるので、この値段は不当であると感じたのならすぐに売買をやめることができます。

大事なのはその場の空気に流されて車を売ってしまうのではなく、おかしいと思ったのなら毅然として売買を取りやめることも重要です。

査定業者はまだまだたくさんいて、あなたの車を見に来ますので急いで決める必要性はありません。

車一括査定のトラブル③しつこく居座る

査定サイトから車を見に来る業者の中にはあなたが車を売ってくれるまで家に居座る業者も中にはいます。

あなたの希望額で車を買い取ってくれるのであれば居座ってもらっても困らないのですが、たいていの場合は値段を低く見積もった値段で車を売ってくれと言う業者が多く見られます。

こういった業者の場合は多くの場合、車を売ってくれる人をほめたりして気分を良くして売ってもらおうとする業者が大半で、車を安く買い叩くまで帰ってくるなと言われている業者であることが大半です。

こういった場合は、はっきりと車を売らないと宣言して帰ってもらうようにしましょう。

それでも帰らない場合は不審者として警察に通報するか、査定業者の名前と担当者の名前を控え国民生活センターにこういう業者がいますと訴えることもできるのでしつこい場合であると本当に国民生活センターに訴えてみるのも手です。

国民生活センターに訴えることで解決策が見つかる可能性もあります。

車一括査定のトラブル④売却後に自動車税の納付書が届く・・

車一括査定で車を買取してもらったのにその後に自動車税の納付書が届くケースがあります。

自動車を買取してもらった後に名義変更がしっかりできていないことがあります。

自動車納付の請求先はである4月1日の時点での所有者(所有権留保の場合は使用者)に対して請求があります。

つまり3月末頃に売却した場合は4月1日に間に合わないケースもありますので、その事をしっかりと業者の担当者と確認しておく必要があります。

ただ、請求は1年分ありますが月割で返金できますのでそこまで心配される必要がありませんが、気分が悪いですよね。

車一括査定のトラブル⑤押し売りでなく押し買い

車の一括査定の営業マンはどれだけ安く車を買い取れるかが営業成績になり、仕事の使命で有ることを忘れてはいけません。

だからといって、強引な押し買いの様な営業スタイルは間違っています。

ただ、半ば強引に安値で買取の契約を結び、後ほど家族の猛反対にあったなどと話を聞くことがあります。

多くのケースは、営業マンの愛想の良さや断りきれない雰囲気に飲まれて「YES」といってしまうところに問題があるケースがほとんどです。

対応策としては、絶対に即決しない、私一人では決断できないことを営業マンの名刺をもらう時点で宣言しておくことです。

ただ、このデメリットとして営業マンとしたら即決できないと分かっているお客様に限界値の買取価格を提示できるかどうかということです。

営業マンの常套文句として、「本日決めてくださるのでしたら。。。」と希望の価格を出してくるかもしれません。

出来ることであれば、あらかじめこの様なトラブルがあることを理解しておいて、この価格以上なら売却すると決めておくのも方法です。

車一括査定のトラブル5選!しつこい電話にどのように対応する?

国民生活センターへ報告されている車一括査定のよくあるトラブルは、試しに愛車の価値を確かめてみたい利用者と本気で買い取りたい業者の温度差も大きな原因です。

車一括査定で情報を入力したら、その瞬間に電話がかかってくることを理解しておきましょう。

本気で愛車を高く売りたい方にとって車一括査定は心強い味方だから、業者の営業に振り回されずに自分の判断で最も高く買い取ってくれるところを見つけましょう。

自分で一から業者を探すよりも効率が良くて、高く売れるのは事実だから、電話攻勢を上手く回避しながら高値をつけてくれた優良業者に愛車を見てもらうのが理想的です。

また安く買いたたかれないためには下記のポイントに注意しましょう。

1)相手は商売人:安く買って高く売るのが商売
この原則を必ず理解しておこう

2)相手は雇われサラリーマン。社に戻れば本日の結果を上司に報告しなければならない。
つまりは、買取が成功しても高かったら怒られ、無理に安く買取すればアポイント代にいくらかかってるか分かってるのかと怒られる。

3)そのため、車の一括査定に申し込む事は自ら顧客リストを渡すことになる。
だからこそ、最大限防御する。

電話攻勢は逆に考えれば、顧客からの問い合わせです。アポイントを決めて冷静に対応すること。

現場での商談には、情や愛嬌に流されないこと。すべて相見積もりをしなければ決めないこと。

もし、心配な方がいたらこの1点だけを抑えておいて下さい。
車を高額で売るのは自分も商売人になっているということ。消費者ではないということを理解して下さい。

しっかりと高額査定を手に入れましょう。

多分、使った時間を高額査定の差額で割ればかなり高い時給になっていると思いますよ。

業者からの電話を減らせる車一括査定を選ぶだけでも、かなり負担を軽減できます。

愛車を手間なく、高額査定をもらう方法とは?
「愛車が安く買い叩かれたら嫌」
「面倒な電話対応はしたくない」
「売却に時間も取られたくない」

なんてお悩みがある方もいるかもしれません。

「愛車を手軽に高く売りたい!」

こんなことが可能になったんです。
面倒な買取業者との電話のやり取りなし
一度の査定で高額査定
これがユーカーパックです。
トヨタ ヴェルファイアの例で
下取りで提示された査定額から
なんと50万以上の提示に成功!!

実はよくある話なんです。

 

愛車を安く買い取られてしまってからでは
もう遅い・・・です。

 

注目!!オークション形式で価格をどんどん上げてくれます。
少しの手間を惜しむと
もったいない・・です。

スポンサーリンク