車一括査定 注意

車一括査定の注意点をみてみたいと思います。

新車を買うのであればディラーの下取りがなにより安心で楽ちんです。

ただ愛車を少しでも高い価格で売却するにはそれなりの手間やリスクを考えて挑戦してみるしかありません。

その中でも大手の買取店が提携している車一括査定は安心です。

ただ、車一括買取サイトを良く知らずに利用すると思った感じと違ったとなりトラブルに成るケースもあります。

そこで今回は車一括査定サイトの注意点を纏めてみました。

これから車一括買取サイトを利用しようと考えている方の参考になれたら幸いです。

車一括査定サイトの注意点とは

理解しておくポイントがあります。

電話の多さを理解しておこう

代表的なのが電話が多くかかってくるということです。

30分のうちに数十件かかってくることも珍しくありません。

買取業者としても査定依頼を受ければ査定に行くことが仕事になります。

そのアポイントを取るために電話をしてくるのです。

つまり、車一括買取サイトの利用方法をしっかりと理解していれば回避できます。

・車一括買取サイトを利用する時は、申込直後にかなりの電話がかかってくることを理解しよう

・そのために、時間にゆとりがある時に申し込みをしよう。

・査定の日程を決めるために自分のスケジュールを確認しておこう

・もしタイミング悪く電話がなったら、電話でなく次回からはメールでお願いしますと伝えよう

・査定見積もりする業者の数をあらかじめ絞ろう

この様にあらかじめ知っておくことで迷惑な電話の着信を減らせます。

多くのネット上の迷惑電話となる原因は申し込みする方と車一括買取サイトの主旨の理解度の差にあります。

もし、売却意志があまりなくてただ今売ったらいくらぐらいになるのかな・・程度であればそれ以外のサイトでも大まかに確認できます。

車一括買取サイトに申し込みをするということは査定を受ける前提で申し込みをすることによりスムーズに対応できます。

カーセンサーの車一括買取サイトは便利です。

電話の時間帯指定ができること、完全に電話を防ぐことはできませんがメール希望と買取業者に伝えることが出来ます。

車一括査定 注意

車一括査定 注意

この記入欄に電話ではなくメールにて連絡をお願いします。

と記載すれば電話の着信を減らすことができます。

ただ愛車を少しでも高く売る目的で車一括査定サイトを利用するのであれば多くの業者とあって交渉することが大切になってきます。

正直に回答してトラブルを避ける

車の売却が成立してから、車を持ち替えてもらいその後に減額されるケースもあります。

修復歴などなにか問題があってもしっかりと話しておかないとあとから減額になります。

査定の途中で買取店の査定担当も車の状況を色々と質問してきます。

その時に正直に回答してトラブルにならないようにしましょう。

その他、しつこく売却を迫られたりするケースもあります。

もしあまりノーと言えない優しい性格の方であればしつこく言われると断りにくくなってしまいます。

その時はあらかじめ「即決はしない、家族と相談する」と言っておきましょう。

あまりないケースですが、買取業者には小さな会社もあります。

車を持っていかれて入金完了していないのに買取業者が倒産なんてこともあるかもしれません。

名前の知れた大手であれば安心です。

その点カンタン車査定ガイドはJADRI(日本自動車流通研究所)に入会済みの買取取業者だけが参加しています。

JADRI(日本自動車流通研究所)は入会条件もしっかりしており、実績と信用がある買取業者でなければ入会できません。

JADRI(日本自動車流通研究所)の入会条件
  • 紹介による入会
  • 設立5年以上の法人
  • 原則展示場保有、展示場無い所は協議事項
  • 過去5年以内に、メーター戻し摘発、各媒体の出稿停止されてない
  • 店頭、雑誌、WEBで修復暦表示など、自公協の指示通りの表示を 遵守している
  • 開示を定められた開示項目について開示すること(売買契約書など)

つまり安心できる業者のみで査定してもらえるということです。

車一括査定の注意点とは?やめたほうがいい?このポイントだけおさえておけば安心 まとめ

いかがでしたか?

車一括買取サイトを利用するためには事前の知識も大切です。

最低でも下記の事は理解しておくべきです。

車一括査定は愛車を判断するのに利用するのは間違い

申し込んだら直後に電話が来ることを想像しておく

実物の車を見ないと査定が出せないとアポを取りたがる

なるべく安く買うことが買取店の使命

トラブルに巻き込まれずスムーズに高額査定が出ることを願っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。