SONY DSC

カーシェアリングはマイカー所有と比べると利用方法によっては圧倒的なコストパフォーマンスに優れてます。コストパフォーマンスが優れてるからと言ってマイカーを処分してカーシェアリングを利用する人ばかりではありません。今回取り上げた記事は、若い頃から車好きで特に2ドアのFR車を乗り継いできたヤスさんとの対談の中で、「車」に対する考え方と「お金」を考えさせられました。

何と言っても管理人も車が好きで、カーシェアは旅行先の現地での利用に限られていたのです。コストパフォーマンスが優れているからといってマイカーを手放し、カーシェアでという気持ちには慣れませんでした。この記事は、今後もマイカーを所有するか?もうすぐ車検だけど車検を受けてマイカーを乗り続けるか?

車は道具なのか?趣味なのか。こんな方に読んでもらえると嬉しいです。

あまりカーシェアを使うかわからない方には、カレコは月額も初期費用もカード発行料も無料なのでいざと言う時のために入っておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

カーシェアリングサービスはマイカーのコスト比較から

ヤス 30歳 会社員 京都市

カーシェアリングサービスの会社名
タイムズカーシェアリング

車を所有するほど車を使うことはありませんでしたが、車で行かなくては不便、車が必要だと思うことが月に1、2回ほどあったからです。カーシェアリングだと、必要な時に必要なコストを払うだけでいいので便利だと感じました。私がカーシェアリングを利用する目的は買い物です。駅前に住んでいて、大抵のものは揃うのですが、どうしても専門店や大型店になると、家の近くにない場合があります。持ち運ぶのに重いものもついでに買っています。

管理人から
多くの方がカーシェアリングサービスを利用される一番の理由はマイカー所有よりコストパフォーマンスが優れているからと回答を頂きます。
ヤスさんの場合も同様で月に1,2回程度の利用であればマイカー所有の維持にである税金・駐車場代・車検代・保険料金・整備代を考えると間違いないですね。
おっしゃる通り、必要な時に必要なコストを払うという事は、家計的にも経営的な観点から見て固定費から変動費に変えることになります。
経営リスクを判断する際も重要な項目であるように家計をみる際も同様です。変動費であれば、今回は車を使わずに自転車で行こう、バスを利用しよう、出かけること自体をやめようなど家計に合わせた判断が出来ますが、固定費ならばその判断をするのは気軽ではありません。
スポンサーリンク

マイカーの様に使うにはカーシェアリングサービスのステーションと自宅の距離が近いこと

SONY DSC

以前は自分の車はマンションの建物敷地内にありました。マイカーへの愛着もあり遠い駐車場は避けて住むマンションも選んでいました。同様にカーシェアを選ぶ時に最も重要なのがその車がどこにあるのかということです。その車を取りに行くのに労力とお金がかかるようだとカーシェアリングの意味合いがなくなります。私の利用しているものは自宅から徒歩5分ほどです。

管理人から
カーシェア利用の方の殆どが自宅そばにステーションがあったからと答えられています。ヤスさんも同様に歩いて5分でカーシェア出来ることがカーシェアの会社を選ぶ大きな要因になったようです。逆算すれば引っ越しを考えてる方はカーシェアがそばにある、マンションの敷地にあるなどのポイントを選べばマイカーを手放して生活コストを下げられるかもしれません。
スポンサーリンク

マイカーと違いカーシェアリングとは車を道具と思えるかどうか?

カーシェアリングの最も良い点は、コストパフォーマンスです。車は新車だと何百万円もする高い買い物です。しかし、それだけ高い買い物をしても、仕事で使わない限り乗るのは年に数十回ということになります。さらに、車にはガソリン代、車検代、税金、メンテナンス費と、様々な費用がかかります。それがカーシェアリングを使うと、維持費程度のコストで利便性を満たすことができます。カーシェアリングのデメリットといえば、やはり車自体に対する興味を極端になくすということです。車はかっこよくて楽しいもの、以前はそう言った気持ちを持っていましたが、カーシェアリングをしてからは、車自体に対する興味がなくなり、ただの道具としてしか見れなくなりました。

それは悲しいことでもあります。

管理人から
ヤスさんが良い点として上げられてることは、多数の方のご意見同様コスト面です。ヤスさんのような使い方はカーシェアリングがとても向いています。ポイントはカーシェアのステーションが自宅そばであること、使う頻度が月に数回であること。ただデメリットは残念なことでもあります。車は道具・・・・。愛車という言葉があるように車には自分の歴史や家族との楽しい思い出、恋人とのドライブと愛着、愛情があります。人によって違うと思いますが、数年の人生の歴史を共に過ごす道具は車以外は家ぐらいしか思いつきません。

カーシェアリングサービスに切り替えるのはマイカーへの愛着度を下げること

いかがでしたでしょうか。自分の大事なパートナーと考えるマイカーからカーシェアリングに変えるという事は車を移動手段として割り切る必要があります。

「洗車していることが楽しい」
「自分の車と思い出の写真を見るのが楽しい」
「カー用品店で少し高めのオイルを入れてあげる」

こんな感情はカーシェアには持てないかもしれません。独り身であればよかった趣味も家族を持てば。生活コストを真剣に考えなければいけない時期もあります。本当にマイカー維持のコストが下がりそれを子供の教育費にかけたいなどの考えもあると思います。車が好きな方は、マイカーを手放してカーシェアリングに切り替えることは車に対する考え方を変えなくてはいけないかもしれませんね。

ただ、車に最大なる愛着を持ちながらカーシェアリングをしていく方法も最近見つけました。その話は改めてしますね!

あまりカーシェアを使うかわからない方には、カレコは月額も初期費用もカード発行料も無料なのでいざと言う時のために入っておくことをおすすめします。

スポンサーリンク