中古車 買い方 初心者

初心者の女性が中古車を買う時に注意するポイントをまとめました。

あまり車について興味がなかった女性が初めて中古車を購入する時は色々なことが分からず戸惑いますよね。

男性ならば幼い頃から車に興味を持っていることもあります。

もちろん女性の中にも男性と変わらずかそれ以上に車に興味がある方もたくさんいるかも知れません。

どちらかといえば女性の場合は車への興味というよりも必要に迫られて中古車を初めて購入する方もいるのではないでしょうか。

今回は初心者の女性の中古車の買い方について特に注意すべき点を調べてみました。

中古車の購入についてあまり詳しくない女性の方にお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

初心者女性が中古車の買うために目的をはっきりしよう

中古車の利用目的を考えましょう。

この記事を読んでいる方には、はじめての就職で通勤で車が必要になった女性、子育てで車の必要性を感じている女性、または今までの電車やバスなど公共交通機関ではなく自分の好きな旅行を計画してる女性もいると思います。

それぞれに車の使用目的がありそれによって選ぶ中古車も変わってきます。

通勤がメインであれば乗車人数は1人が多いと思いますがそれ以外であれば家族や友達の人数を考える必要も出てくるかもしれません。

近くをドライブするだけなら軽自動車で問題ありません。

長距離ドライブならば長時間乗っていても疲れない中古車を選ばなくていけないかもしれません。

長距離の場合や旅行ならば荷物も増えることでしょう。

そうなるとステーションワゴンなどの荷物がたくさん積載できる車両の方が快適です。

子育てで車が必要と考えるならば家族の人数などで乗車人数が多ければミニバンなどの選択肢がいいでしょう。

スポンサーリンク

初心者だからこそ中古車の予算をはじめから決めておく

先程は中古車の使用用途によって車種を決めていくことをお話しました。

車種によって予算も変わってきます。

予算が足りなくて用途に合わない中古車を無理して購入しても目的が果たせません。

まずは大枠の予算を決めましょう。そこで注意すべき点は車を購入後の維持費です。

維持費といえばガソリン代やオイル交換をイメージしてしまいますがそれだけでは足りません。

詳しくは下記の記事でも触れておりますので参考にして下さい。

予算を決めたら現金で購入するのかローンにするのか、ローンならば頭金はどれくらいにするのかを考える必要があります。

ローンの頭金も購入後にかかってくる費用を頭に思い浮かべながら計算するとよいでしょう。

スポンサーリンク

中古車の買い方のなかでも大切なのが駐車場探し

中古車を購入するには必ず駐車場が必要です。

自宅にすでに駐車場があれば問題ありません。

ただ子育て中で2台目の車だったり、自宅の駐車場は他で使っている場合は駐車場探しを同時に進めましょう。

購入する車の大きさなどによっては駐車場までの経路で入りにくいところもあります。

どのような車が止まっているかを確認して自分が購入予定の車両も問題ないかを確認しておきましょう。

いざ中古車購入へ

ある程度、中古車を絞ったら実際に中古車を見に行きましょう。

担当してくる係の人に車両の状態を説明してもらって納得でいるようであれば購入になります。

購入する際の必要書類についても説明があると思います。

念の為、今のうちに知識として予習しておくと楽です。

実印と印鑑証明

車庫証明書→販売店の方が代行して取得してくれます。

費用は20,000円程度です。

車庫証明書を自分で取るには・・

賃貸で駐車場を借りている場合は、不動産会社か管理会社から駐車場として使っていい許可をもらってますよという書類が必要です。

「自動車保管場所証明申請書」と「保管場所標章交付申請書」になります。

地域の警察署のWEBサイトからダウンロードもできます。

直接警察署に取りに行くことも可能です。

保管場所として認められるのは下記の4項目を満たしている必要があります。

駐車場、車庫、空き地等道路以外の場所であること。

使用の本拠の位置から2キロメートルを超えないこと。

自動車が通行できる道路から、支障なく出入させ、かつ、自動車の全体を収容できること。

保管場所として使用できる権原を有していること。

最後に保管場所に位置を説明する書類です。

現在はgooglemapのプリントアウトを貼り付けて駐車場の位置に印をつければ大丈夫です。

この書類をもって最寄りの警察署に出むき提出すると翌々日には車庫証明書が発行されます。

警察署のの受付時間と印紙代は以下のとおりです。

受付時間
午前8時30分から午後5時15分まで
(土曜日、日曜日、祝日、年末年始12月29日から1月3日までを除く。)

申請手数料
2,100円

交付
申請から3から7日間を要します。
窓口に「納入通知書兼領収書」を提示してください。

標章交付手数料
500円

次の書類と標章が交付されます。

自動車保管場所証明書(車庫証明書)

(自動車の登録のため運輸支局へ提出する書類です。)

保管場所標章番号通知書(大切に保管してください。)

保管場所標章(車の後部ガラス等に貼ってください。)

納車までの流れ


中古車の購入をしてからは納車前の整備や名義変更などを中古車販売店の方がやってくれますので後は待っているだけです。

その間に任意保険の加入を済ませておきましょう。

納車されてから任意保険に加入しようと思っても任意保険無しでハンドルを握るのは危険です。

必ずこの時点では任意保険の検討をして下さい。

任意保険も保険会社によって保険料が大きく変わります。

中古車販売店でも紹介があるかも知れませんが、今は便利な一括見積もりサイトがあります。

一括で見積もりが取れれば一番自分に適した保険で、安い任意保険が見つかる可能性が高まります。

下記のバナーから入れます。

初心者の女性の中古車の買い方:まとめ


いかがでしたか?

今回の初心者の女性が中古車を購入する流れなどをお話しました。

初めて中古車を購入する時は色々とわからないことも多いと思います。

中古車を探してる段階であれば少しでも安く安心できる中古車がいいですよね。

中古車探しの大きなポイントは故障が少ないこと。

そのためには店選びも大切です。

中古車販売店には保証付きの販売をしているお店もあります。

ただ多いのが保証期間が3ヶ月の3,000km限定だったりします。

もし中古車選びにご不安がある方は一つ提案です。

その中古車探しをプロに任せてみませんか?もちろん費用はかかりません。

ズバット車販売の中古車無料お探しサービスではプロがあなたの条件に合う車を探してくれます。

それも小さな販売店でなく毎日500台は新しい情報の車が入荷されてきます。

ネットに情報が乗る前の入荷したての車も含めて探してくれるのでお目当ての車も見つかるかもしれません。

その上、最長10年保証や車の返品まで可能になっていますので初めて中古車を買う女性にはとても安心できる保証です。

ご興味があれば一度公式ページでご確認下さい。

既に中古車の購入を決めていらっしゃる方は次回の購入の際に参考にして下さい。

ズバット車販売の公式ページはコチラから

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク