マイカーにかかる維持費@マイカーを購入すると税金やら保険やらどれだけかかるの??

マイカーの維持費で大きいのが税金の負担:自動車関係の税金の種類

税金、つまり法定費用のことになりますが、大きく分けて四種類の税金があります。

 

1つ目は自動車を買う時に掛かる税金で、「自動車取得税」

購入した車両に対する消費税

 

2つ目が毎年掛かる「自動車税」(軽自動車税もあり毎年の年度初め)

 

3つ目に車検時の「自動車重量税」

 

4つ目として此れは直接税ではありませんが、走行時、即ち、給油時の税金で「ガソリン税」(揮発油税ともいいますが、他にも軽油引取税、ガス代とガソリン税等に対する消費税、其れに環境税なども含まれています)

 

などがあります。

 

スポンサーリンク

マイカーの維持費で大きなウエイトを締める自動車税

 

毎年かかる「自動車税」ですが、此れは自動車の所有者、名義人に課税される税金で、毎年4月1日時点での所有者である名義人に、車の大きさである排気量によって課税されます。 

自動車税は何のための税金か?

一例として排気量が1500cc超から2000cc以下の場合は3万9500円となっております。

自動車税の目的は、一般には道路を利用することに対して、その道路の整備費や管理工事費用などに割り当てられる性格のものです。 納入先は各都道府県に納税申告して納付します。

尚、軽自動車には軽自動車税として市町村に課されます。

 

スポンサーリンク

自動車重量税は2年に一回、車検時にかかってくる

 

2年に一回の車検時掛かる「自動車重量税」というのがあります。

自動車重量税は車の重さにかかってくる

自動車重量税の税金は文字とおり、自動車の重さによって決まる税金であり、一般の自家用自動車は車両の重さの単位が「0.5トン」ごとに税額が変化してきます。 標準的な1・5トンの車では12300円掛かることになります。

 

又、軽自動車の場合は車両の重量にかかわらず税額は一定額になり、5000円となってえおります。

 

スポンサーリンク

自動車取得税はマイカー購入の最初に費用と一緒に

自動車を購入する時に掛かる税金である「自動車取得税」ですが、勿論、その名の通りの新たに自動車を取得(購入)したときにかかる税金のことで、税金の使用目的は都道府県および市町村の道路整備の費用として使われます。

但し、購入・取得時の金額が50万円を超えるクルマが対象になり、其の税率は普通車では取得金額の5%、軽自動車は3%と決まっていて、購入先の店舗に支払うようになります。

 

 

 

 

マイカーの維持費は車関係の税金だけでなく消費税も!

自動車も物品の一つであり、其の物品である車の購入時には「消費税」も掛かります。

 

税率は、一般の物を買った場合と同様に8%の税金が掛かります。

 

新車の時でも中古車でも、車の本体価格からの消費税は当然ですが、其の購入時に付属する物品もにも、例えばオプション品や付属品の購入時にも当然掛かりますから、車の購入時には消費税というのは意外と掛かるものです。

但し、消費税は一回こっきりです。

 

 

マイカーの維持費で金額の大きい3つの税金

以上のように、車を購入したり、維持したり、長距離の車を走行するときは税金が色々とかかってしまいます。

税金の種類も多彩にありますので、税金だけでも車を持つことに対しては相当の金額がかかってしまいます。俗に言われることに自動車の三大税と言われるものに、自動車税、自動車重量税、其れに、揮発油税というのがありますが、その他にも、新たに取得する時には「消費税」もバカには出来ないほど高い金額になります。

 

 

 

 

 

まだあるマイカーの維持費:自賠責保険料や整備代と駐車場代

 

その他にも税金と同程度に見られるのが「自賠責保険料」というのがございますが、通常は車検時に支払い様に義務つけられています。

又、自動車を維持してゆくには車検代や整備代や保守点検費用などもあり、場合によっては車検以外にも強制的に義務付けられてはいませんが、半年点検や1年転換などもあり、車を維持するということは思った以上に各種の費用がかかるものです。

 

そう言えば、車を持つということは車の置き場所も考慮に入れなければなりません。自宅内のスペースなら問題はありませんが、自宅以外ですと駐車場代というのもバカには出来ません。 特に、首都圏や東京都内ですと数万円もかかる場合も有るようです。

 

 

 

 

 

 

マイカー維持費で一番大きな車検

「車検」についてですが、日本国内には一般道路を走行する場合は2年に一回(新車の場合は3年)の車検制度というのがあります。 そして車検をウケるということは、必ず車検に関する費用がかかります。 それでも、車検の費用というのは一般には諸費用と言われる一般費用(手数料)、整備費用、それに税金関係の法定費用というのが掛かります。

 

特に、諸費用といわれる税金関係をのぞいて、一般には整備費用や一般費用というのは同じ車なのに受ける場所やところにおいて車検費用に関する費用というのは普通車から大型車まで可成りの差があって、数万円の差が出る場合もあります。

考えてみれば、今の車検制度ってどうなのでしょうか・・?

新車購入時から数えて、車検満了時期は3年・5年目・7年目などがありますが、それ程に車検の必要性はどうなのでしょうか。

もっと緩やかにするなどとする議論もあるようですが、実際は、車検ごとに支払われる自動車に掛かる税金を短期間に、より多く負担してもらう制度でもあるような気もするんですね。 又、我等、ユ-ザ-心理としてはメーカーが買い換えを促しているような制度とも思われるのですが。

 

日本の車は世界の車に比べて最も優秀だといわれます。 日本車はエンジン性能、走行伝達性能、電子性能ともトップクラスで、走行は10万km走っても故障はしないと言われます。 つまり、1年に1万kmとすると、10年間は致命的故障がなく走れるのです。

 

しかし、一方では車の燃料費や維持費、税金などを含めた、日本の自動車の維持費は世界1だとも言われています。 そろそろ国や国交省などにおいて、真剣に車検制度の見直しが必要とも思われますが如何なんでしょうか・・?。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ:マイカーに費用は車両代金だけでない@整備代、恐怖モチベーション煽られてませんか?

いかがでしたか?マイカー購入を考えてると楽しくて夢膨らみますね。
マイカーの費用を知って少しげんなりしたのではないでしょうか。

例えばカーセンサーのページで諸費用込みとして書いてあったとしても、その後にずっと税金や費用がかかってきます。また、車検は法定費用で言えば自動車重量税と自賠責保険が主で数万円で済みますが、車に詳しくない方が車検を自動車整備工場に持ち込むとこれでもかというぐらい交換部品を並べ立てた見積もりを受け取ることも多いでしょう。

車検の整備は新車にするわけではなく、安全に走る、曲がる、止まるができればいいわけですが、必要以上の部品交換を提案され法定費用以外に多額の整備代金がかかってきます。

 

 

だからこそ、日本では10万kmを一つの目安にして誰も乗らなくなります。ただ、その車はスクラップされるわけでなく東南アジアに渡り元気にたくさん走っています。

 

 

 

つまり、マイカーの費用とは多額の税金を払い車検で知識がなければ恐怖モチベーションを煽られて高額の整備代を払うことになります。今は、車の利用の仕方もドンドン変わってきておりカーリースやカーシェアリングなどもあります。

 

 

カーリースでおすすめなのが90日間で乗り換えや解約が自由な上、決まった月額料金で乗り放題になるNOREL(ノレル)です。多くの車種があるので参考程度にみておくのもいいと思います。

 

 

 

 

ご興味があれば公式サイトにてご確認下さい。

スポンサーリンク