自動車保険

車を購入するときや、借りる時にいつも付きまとう保険という制度。
自動車保険とはどの様な保険なのでしょうか。

保険をつけることは安心に繋がりますが、費用負担も増えてしまいます。保険の内容をしっかり理解しておくことがその保障だけでなく、事故の際にも冷静にかつ適切に対応できる知識になります。自賠責保険、任意保険などについてこのページでは解説しています。

車の免許をとりたての方や、カーリース、カーシェアリングなどを利用してみたいとお考えの方のお役に立てれば幸いです。

 

 

保険とは・・?、自動車保険の必要性

 

スポンサーリンク

自動車保険が絶対に必要な理由:事故などによって発生した経済的な不安や損失に備えて

先ず、車の掛かる「自動車保険」とは、と言う前に、そもそも「保険」って一体何でしょうか。

モノの本によると保険とは不測の事態、万が一の事態に備えた場合の金銭的に保障するという制度であります。 例えば、人や物の保証をすることで、人が負傷したり死亡した場合や大事なものが傷ついた場合に、あらかじめ掛け金をしておいて事故が発生した場合に保証するというシステムです。

人の場合は生命保険や近年ではがん保険などが有り、物の場合は火災保険や地震保険、其れに代表的なのが自動車保険というのがあります。

 

何れにしても事故などによって発生した経済的な不安や損失に備えて、多くのみなさんが掛け金(保険料)を出し合い、それらの集まった資金をベースにして事故に有った皆さんに一定金額を給付するという制度になっているのです。

 

スポンサーリンク

自動車はよく「走る凶鬼」だからこそ自動車保険に入ることで安心感を高める

此の様に保険には色んな種類がありますが、其の中の大事な種類の一つに「自動車保険」というのが有ります。

自動車はよく「走る凶鬼」などともいわれていますが、機械的な故障や人為的な運転ミスによって長い間には必然的にとも言われるほど事故やミス、違反などを発生させ、其の時には人や車に対しても思わぬ損失を被るときがあります。

特に、「自動車保険」の場合は、主に機械的にしろ人為的にしろ交通事故などによって発生した場合は、其の損害賠償として保険に加入していれば其れ相当の保障をしてくれる保険ということになります。

 

 

自動車保険の強制保険と任意保険

若しも自動車保険に加入していなかったら、交通事故を起こして相手が死亡したり負傷を負わせてしまった場合は死亡保障や怪我の治療代、それに相手に車から自分の車の修理代等など、全部事故を起こした本人が支払わなければならない羽目になります。

スポンサーリンク

「億」というとんでもない単位の賠償金も対応してくれる自動車保険

極端な場合は大きな交通事故の場合は、其の事故によって相手に重くて永い「後遺症」が残ったり、最悪の場合は死亡させてしまったりするときもありますが、そんな時には「億」というとんでもない単位の賠償金を支払う必要が生じる場合もあります。

しかし、そんな時でも保険の内容によっても異なりますが、自動車保険にちゃんと入っていれば、事故が発生した場合も相手の保証や治療費、更には発生させた自分のケガの治療費や破損した車の修理代も、契約した保険会社のプランの限度額に応じて保険会社が保証し払ってくれるのです。

 

自動車保険と言っても「強制保険」と「任意保険」2種類ある

そんな自動車の保険というのは大別して二種類に分けられるのですが、其れが「強制保険」と「任意保険」というものであります。

其の一つの強制保険というのは正確には自動車損害賠償責任保険、通称で「自賠責」ともいって、自動車を購入したり使用する際に法的に契約が義務付けられているものになります。

一方、「任意保険」というのは本来の自動車保険といわれるもので、自賠責保険では補償されない人や車の部分的なものを補って補償するものです。

 

 

 

自賠責必ず入るがと任意保険は任意だが必要

強制されている保険の自賠責保険

 

先ず、法的に強制されている保険の自賠責保険というのは、其の補償は基本的には人身事故のみに適用されるもので、相手の身体に関して損害が適用されます。

従って、事故が発生しても相手の人の車や物を壊しても保証はされません。 つまり、自賠責の保証の範囲というのは極めて限られた範囲しか保証の対象にならないのです。

 

自動車保険(任意保険)は強制ではありません

一方、自動車保険(任意保険)は強制ではありませんが、自賠責を補填するために有るもので、近年の任意保険の加入率は凡そ7から8割にも達成しているとされています。

一般的な自動車保険の主な補償項目というのは、交通事故で相手方の車に乗っていた人や歩行者などの相手方を保証する「対人賠償保険」、相手の人の車や物品などの財物に損害を与えた際に保険金が支払う「対物賠償保険」、又、過失かどうかに関わらず保険会社の基準によって実損害が支払われる「人身傷害補償保険」、自分が事故を発生させて怪我した場合の保証に支払われる「搭乗者傷害保険」など、

 

自動車保険の必要性が比較的低い「車両保険」(車への補償)とは?

 

更には、運転手自らの責任で事故を起こした時に、自分自身が死亡したりケガをした場合に支払われる「自損事故保険」や「無保険車傷害保険」、其れに、相手への交通事故以外にも自分の単独事故や当て逃げによって破損した車の修理代、其れに車両の盗難や自動車の部品の盗難等にも支払われる「車両保険」(車への補償)などもあるのです。

 

 

 

まとめ:自動車保険の任意保険は絶対に必要です。

いかがでしたか?

ここまで自動車保険の種類などについて解説してきました。
かならず入らなければいけない強制保険(自賠責保険)とは保障の対象とする範囲が狭く、それを補うのが任意保険になります。任意保険には対人・対物・搭乗者・人身・車両保険などがあります。

基本的である、自動車保険の内容を理解しておけば車を購入する時、自動車保険を選ぶ時、カーシェアリングやカーリースをするときも適切に自分に必要な保険を選べるはずです。

 

ただ、てんこ盛りに保険をかけるのではなくその主旨にあった保険を選びましょう。

 

スポンサーリンク