任意保険の必要性は@入らなくても問題ない人とは?

自賠責保険は強制加入なので必ず入らなければいけません。車の諸費用を節約しようと任意保険に入らないことへのリスクについて調べてみました。その上に重ねる任意保険についても入っていないという方は居ないと思います、車を運転する以上いつ事故に遭遇するかわかりません、ある意味火災保険よりも大事な保険と言えます。

スポンサーリンク

任意保険が必要な理由 3点

車両保険について

任意保険にはいろいろなケースに対応しています。交通事故、自然災害、駐車場でのいたずらや飛び石によるフロントガラスのひびなど車の修理が必要になった時に自動車保険で支払いを行うことができます。これらは車両保険と呼ばれ、自損事故などの場合でも修理費を保険から出すことができるため新車購入時などはほとんどの人が契約しています。

対人補償

その他自動車保険には対人補償や対物補償といった他人の被害にそなえる補償にも対応しています。車両保険の場合は自分のものである車に対しての保険ですが、対人や対物に対する保険は相手に対する損害に対してかける保険というわけです。優先度としてはやはり対人対物補償が優先です。

自分の車が傷ついてしまった程度なら修理費が高額でもなんとかなりますが、他人にケガをさせてしまったりしては非常に高額な賠償が発生することが多くあります。自動車の任意保険は名前の通り、任意で必要と思う方が入る保険ですがドライバーである限り任意保険の必要性は揺るがない事実です。

 

対物補償

対物補償とは人のものを壊したときの補償です。アクセルを踏み間違えてお店に車ごと突っ込んでしまったり、踏切を壊してしまうとかなりの高額の費用がかかります。

そのための補償なのでやはり無制限で加入しておいたほうがいいでしょう。

 

スポンサーリンク