カーリースをするならおすすめな会社は?必ず確認しておきたい注意点

カーリースのおすすめできる会社を探してみました。
カーリースの本当のメリットはどんなことがあるでしょうか。

最近は車の利用の形も多様化してきています。
その中でもカーリースは手軽に車を利用できると人気です。

新車の購入を検討した時、「カーリース」のことが頭によぎったことはありませんか?
月々の支払額が一定で車を借りられると、車屋さんをはじめガソリンスタンドやカー用品店にも広告がありますよね。

しかし、なんとなくのイメージで分かっていても、実際にどんなシステムで車に乗れるのかはハッキリ分かりません。

今回は、

・カーリースにはどんなメリットがあるのか?
・確認しておきたい注意点は?
・もしカーリースをするならどこの会社がおすすめなのか?

こんな疑問を持っている人に、わかりやすく解説していきましょう。

目次

スポンサーリンク

カーリースっておすすめできるの?メリットは?

カーリースと聞くと、月々1万円台で新車が乗れる、車税やメンテナンス費用も込みなど、パッと見るとお得だと感じる人が多いでしょう。
一方で、本当にお得なの?どこまで負担するの?という疑問も浮かんできます。

そこで、カーリースの場合やカーシェア、ローンといった入手方法について、それぞれ比較をしてみましょう。

■【コスト】カーリースとそれ以外の車の入手・利用方法を比べたら?

まず、カーリースをするためのコストとして必要なのはどれにあたるのか、見ていきましょう。

・リースをする月額料金
・一般修理費用
・ロードサービス料
・月々の燃料代
・駐車場代 など

カーリースでは、車の所有者はあくまで「リース会社」、利用者が「あなた」になるということになります。
定期点検や車検、オイル交換等のメンテナンス費用、任意の自動車保険や自賠責保険、さらには各種税金といった支払額が大きくなるものについては、契約内に含まれていることがほとんど。

契約によっては、これらの料金が含まれない場合もありますが、税金や車検、メンテナンスが含まれていることからリースを選ぶという人も多いのではないでしょうか。
月々の支払額だけで終わるのが、カーリースの1番魅力的な部分なのです。

しかし、中には年に2回のボーナス払いがある場合もあります。
説明に入っていても目につきにくいところに表記されていることもありますので、しっかりと確認することをオススメします。

 

では、カーリース以外の自動車ローンや残価設定型クレジット、カーシェアで必要なコストを見ていきましょう。

自動車ローンの場合…

・購入時の頭金
・月々のローン返済料
・定期点検
・車検料
・オイル交換等のメンテナンス料
・一般修理料
・任意の自動車保険
・自賠責保険
・自動車税など各種税金関係
・月々の燃料代
・駐車場代 など

通常、車を購入するときにはこの方法がメジャーであると言えますね。
時には頭金を入れないこともありますが、10万だけでも頭金を入れることで、月々のローン返済額を抑えることができるのです。
また、車検をする際にオイル交換や定期点検のセットパックを入れる人もいますが、やはり自己負担は免れません。
自動車ローンで車を買うということは、すべての支払いが自分にかかってきてしまうのです。

 

残価設定型クレジットの場合…

・購入時の頭金
・月々のローン返済料
・定期点検
・オイル交換等のメンテナンス料
・一般修理料
・任意の自動車保険
・自賠責保険
・自動車税など各種税金関係
・月々の燃料代
・駐車場代 など

カーリースと似ているのが残価設定型クレジット。
こちらも残価を据え置き残りの料金を分割で支払う方法で、月々の支払額を抑えることができます。

例えば、60回払いであれば最後の60回目の支払いが残価の料金、1回~59回目までのお支払を残価を差し引いた料金での分割払いとなります。
最後の60回目の支払い時に車を返却、あるいはほかの車に乗り換えるとなれば、残価分を支払う必要はありません。

しかし、長く同じ車に乗りたいと考えている人には、いくら月々の支払額が安くてもオススメはできません。
最後の支払い時にキャッシュで払えるのであればまだしも、再度ローンを組まなければいけないのなら金利も新たにかかってきてしまうことから、さらに損をしてしまいます。
いつも新車に乗っていたい、仕事の関係で数年だけ車が必要になった、残クレはそんな人に向いているのです。

 

カーシェアの場合…

・入会費
・月額料金
・利用料金
・距離料金

月々のローンや保険代、メンテナンス代や燃料代まで払うことのないカーシェアはかなり安上がり。
しかし、たまの遊びに使うのならまだしも、定期的に乗る、通勤に使いたいという人には不向きです。

また、旅行などで数日乗るという場合も、カーシェアではなくレンタカーを選ぶのがオススメ。
レンタカーではレンタルした店舗とは違う店舗に乗り捨てができますが、カーシェアは必ず同じ駐車場に返却しなければなりません。

とはいえ、契約内容によっては月額料金が無料という場合もあり、数時間車が必要だという人には、安くて営業時間に縛りがないカーシェアは、かなり手軽に車が乗れる方法なのですね。

 

■【コスト以外のこと】カーリースとそれ以外の車の入手・利用方法を比べたら?

車を持つということは、コストのことばかり考えてはいられません。
自分の車であればよくても、カーリースや、その他残価設定型クレジット、カーシェアについて、コスト以外に注意すべきことや基本の利用方法などを見ていきましょう。

カーリースの場合…

・会社の指定された範囲内であればカスタム可能
・特別仕様車にも乗れる
・走行距離が決められている
・傷や汚れは絶対NG
・中途解約ができない

カーリースはカスタムは全くできないというイメージがありますが、そんなことはありません。
今ではカーリース会社の指定範囲内であれば、自分好みにカスタムできるのです。
これは車好きにしたら、たまらなく嬉しいオプションですよね。

また、カーリースをする上で最も気を付けなければいけないことは距離。
契約内容によって決められた走行距離をオーバーしてしまうと違約金を取られてしまうのです。
それはキズや汚れに対しても同じ。

生活していてどうしても仕方のない傷はOKですが、ぶつけた、こすった、シートを汚したといった状態での返却では違約金を払わなければいけなくなるのですね。

 

残価設定型クレジットの場合…

・走行距離が決められている
・傷や汚れは絶対NG
・中途解約ができない
・カスタムは返却時、元に戻さなければならない

残価を設定するということから、やはりコスト以外の面でもカーリースと似ていますね。
走行距離や傷、汚れがある場合は追加で料金を払わなければいけないというところまで同じです。

また、カスタムについては原則禁止、もししてしまった場合は元の状態に戻さなければなりません。
その際、車体や内装を傷つけないように、細心の注意を払いましょうね。

 

カーシェアの場合…

・ネットで入会、予約ができる
・プランによっては距離料金はかからない
・事故にあったときはすぐに会員専用窓口に連絡をする
・出発前は自分で車に異常がないか点検する
・場合によっては入会を解除されることがある

カーシェアは、1台の車に対して何人もの人が乗るため、1人1人が大切に扱わなければいけません。
事故やトラブルを起こさないためにも、出発前の点検は欠かせません。

従業員が随時点検するわけではないため、それを怠ることで何かあった場合にはあなたの責任になってしまうかもしれないのです。

 

スポンサーリンク

カーリースをおすすめできる理由:仕組みはどうなってる!?

結局のところ、カーリースはオススメできるのか?
仕組みはどうなっているのか?

疑問がたくさんあると思います。
そこで、カーリースの仕組みについてご説明していきましょう。

■好きな車を選ぶ

まずは、リースしたい車種を選びます。
新車だけではなく、中古車からも選べるのが特徴です。
国産である、低燃費、ETCが付いているなど、あなたの好きな車を選びましょう。

■契約期間は予め決めて契約する

契約期間はカーリース会社によってさまざま。
さらに、車両のみ、自動車税込み、車検込みなど、あなたに合ったプランを選ぶことができます。

■残価を設定するので、払うのは使う分だけ!

契約プランを決めたら、残価を設定。
支払いは、契約期間の分だけでOK!
5年なら5年、7年なら7年経ったあと、車の価値がどれだけ残るかによって残価が変わってきます。

■走行距離の制限がある

カーリースには走行距離に制限があります。
年に5000km走るのと、10000km走るのとでは、満了時の価値が変わりますよね。
契約時に設定した走行距離が、あなたがリース中に車で走れる距離。
さきほど少し触れたように、設定した距離以上に走行した場合には、リース会社に規定に基づいて追加の料金が発生してしまうため気を付けましょう。

■契約期間終了後は、「残価分の支払い」か「車を返却」すればよい

契約期間が終了したら、残りの残価分を支払うか、車を返却します。
車を返却すればそれ以降の支払いは発生せず、その後新たに違う車をリースすることもできます。
もしリースしていた車が気に入っていて今後も乗りたいという場合には、残価分を一括で支払うか、再度ローンを組むことも可能。
ローンを組むとまた金利もかかってきてしまうので、もし乗り続けたいというときには一括で支払うのがお得です。

 

スポンサーリンク

カーリースのおすすめの契約ってあるの?種類は?

カーリースの契約には大きく分けて2つあります。
それぞれの特徴と、どんな契約内容があるのか見ていきましょう。

 

■ファイナンスリース

「ファイナンスリース」は、オイル交換や車検以外の車両代や税金関係、名義変更などの登録代理費用を含めた契約プランで、月々の支払をより安く抑えることができます。
しかし、リース代にメンテナンス料が含まれていない分、車検のため、定期点検のため、オイル交換のためというように、自分で貯蓄する必要があります。
メンテナンスに関する車の維持費や、車検の手配を自分でできるという人は、ファイナンスリースでも十分かもしれませんね。

■メンテナンスリース

「メンテナンスリース」は、ファイナンスリースに含まれていないメンテナンス費用も含まれた契約プラン。
他にも、タイヤやバッテリーなどの消耗品もリース代に含まれているため、自分で負担するものといったらガソリン代や駐車場代、任意保険といった日常的なもののみ。
カーリース会社に、税金だけではなく車検や消耗品に関してもすべて任せて乗るだけにしたいという人には、メンテナンスリースがオススメですよ。

カーリースの残存価格の清算方法は?

先ほどから残価を設定するという話がちらほら出来てきていますが、どのような基準で残価の清算を行うのでしょうか?
基本的には契約期間満了時の状況を予想し、中古で出回っている同じ車種同じ価値を持つ車の価格から算出します。

 

■オープンエンド型

「オープンエンド型」とは、契約期間終了時の残価を高く設定し、月々の支払額を小さくする方法。

リースをしている間は毎月の支払いが少なくて楽ですが、契約満了の際に車を買い取るのであれば、残価が高い分最後の1回が大変になってしまいます。
そのため、オープンエンド型で契約するなら、契約満了時に車を返却するのがオススメです。

オープンエンド型で気を付けなければいけないことは、清算時に車の価値が設定額より下がり過ぎていると車を返却する際に料金が発生してしまうということ。
残価を高く設定するということは、それだけ車を良い状態に保っていなければいけません。

逆に、車の返却時に車の価値が設定額よりも高かった場合は、その差額がリース会社から返ってくることになります。
返金が発生した場合は、同じ車を乗り続けるよりも一度車を返却し、新しい車をリースまたは購入するのがお得ですね。

■クローズドエンド型

「クローズドエンド型」とは、オープンエンド型とは違い、契約満了時の残価分の支払いはリース会社が支払います。
オープンエンド型とは違い、設定額より車の価値が低くなってしまった場合でも、自己負担で料金を支払う必要はありません。

価値が高くても低くても、最後はリース会社い支払い義務が生じるのです。

こうなると、リース会社も負担を出来るだけ最小限にしたいですよね。
そのため、オープンエンド型よりも残価設定は低くなることがほとんど。

ということは、月々の支払額が必然的に高くなってしまうということなのです。

さらに、クローズドエンド型では、基本的に契約満了時に残価を支払って車を買い取るということができません。
最終的には、必ず車を返却しなければならないのです。

月々の負担を優先するか、契約満了時はどうしたいのか。
何を優先するのかによって、残価の設定方法を選択しましょう。

カーリースのおすすめポイントとデメリット 注意点は?

ここまで説明したところで、改めてカーリースのメリットとデメリットをまとめていきたいと思います。

カーリースおすすめポイント

・頭金が必要ない
・月々の支払いが均等になり家計の管理がしやすい
・契約によっては車検やメンテナンスもリース会社が負担
・自分の好きな車種を選べる
・新車に乗れる

デメリット

・カスタマイズに制限がある
・走行できる距離が決められている
・契約期間の途中で解約はできない
・総支払額が高くなる可能性がある

頭金や車検、税金といった大きな出費がないのはカーリースの嬉しいポイント。
逆に、契約満了時に再度ローンを組んで車を購入するという場合は、総支払額が高くなってしまうのでオススメできません。

しかし、うまくやれば車検代の負担もなく新車を乗り続けることができますよ。
例えば、ファイナンスリースで新車を3年で契約し、満了時ごとに違う車に乗り換え続ける方法。

新車の車検は購入してから3年後なので、契約を3年にすることで車検に出す必要もなく契約満了になるわけですね。
それをずっと続けていければ、永遠と車検に出さなくても良いカーライフを送れるのです。

ファイナンスリースでは、定期点検やオイル交換などのメンテナンスは自分負担なのでその分の支払いがありますが、その分毎月の支払額が少ないため家計に優しい金額で新車に乗れるということになりますよ。

カーリースをするならおすすめの会社は?3社をご紹介

では最後に、カーリースをする際にオススメできる会社を3社ご紹介していきましょう。
リース会社によって契約内容に違いがあるため、どの会社が自分に合っているか見極めてくださいね。

マイカー賃貸カルモ

「カルモ」は、個人向けカーリースサービス。
ネット契約が基本で割引も受けられるので、月々の支払いが他社より安いのが売りです。
車選びに迷ったときは、専門のサポートチームが電話やメールにて相談に乗ってくれます。

車に詳しくない人や、カーリースについてなど、わかりやすく説明してくれるので安心です。
もちろん、全国どこでも納車が可能!

契約プランも選べて、月額料金が月々1万円台~利用できるので家計にも優しいですね。

■基本の月額料金(ホワイトプラン)に含まれるもの

・車両本体価格
・自賠責保険料
・自動車税
・重量税
・新車登録手数料
・ディーラー無料点検代
・仲介手数料
・お客様サポート料

■メンテナンスプランも充実

ホワイトプランでも契約内容は充実していますが、メンテナンスプランを追加することで、さらに便利なカーリースライフを送ることができます。

〈シルバーメンテプラン〉3,280円~

・ホワイトプラン
・返却時の原状回復費用補償
・車検点検料
・法定12ヶ月点検
・エンジンオイル交換
・オイルフィルター交換

〈ゴールドメンテプラン〉4,380円~

・ホワイトプラン+シルバーメンテプラン
・タイヤメンテナンス
・エアコンフィルター交換
・ワイパーゴム交換工賃
・ブレーキオイル交換
・ブレーキパッド交換
・バッテリー交換工賃
・ウォッシャー液補充
・クーラント液補充

■「ミライ―ス」をリースした場合…

月額料金…20,220円(ネット割引適用後 19,920円)
・グレード:L(ホワイト)
・カーナビ:あり
・ETC:あり
・プラン:ゴールドメンテプラン
・賃貸期間:9年

■「シエンタ」をリースした場合…

月額料金…34,668円(ネット割引適用後 34,368円)
・グレード:X(シルバーメタリック)
・カーナビ:あり
・ETC:あり
・プラン:ゴールドメンテプラン
・賃貸期間:9年

コスモスマートビークル

新車を気軽に乗れる、手軽に持てる、身軽に維持できるのが、「コスモスマートビークル」のカーリース。
希望の車、カラーはもちろん、ナンバーも指定できるのがポイントです。
さらに、契約ごとに燃料代が割引になるのはコスモだけ!
車を持つ上で必ず付いて回る「燃料費」の節約にもなりますよ。

■ホワイトパック

・車両代金
・登録諸費用
・自動車取得税
・自動車税
・ガソリン代 1円/L引

希望したら付けられる場合があるパック内容
・重量税(車検時)
・自賠責保険(車検時)

■シルバーパック

・ホワイトパック
・重量税(車検時)
・自賠責保険(車検時)
・車検整備
・法定点検
・定期点検
・オイル
・メンテナンス
・がそりん代 3円/L引

■ゴールドパック

・ホワイトパック+シルバーパック
・タイヤ
・ブレーキパッド
・バッテリー
・ワイパーゴム
・エアコンフィルタ
・その他消耗品
・管理車両の延長保証
・ロードサービス
・ガソリン代 5円/L引

■「ミライ―ス」をリースした場合…

月額料金…23,652円
・グレード:L(ホワイト)
・カーナビ:あり
・ETC:あり
・プラン:ゴールドパック
・月間走行距離:1,000km
・賃貸期間:7年

■「シエンタ」をリースした場合…

月額料金…26,568円
・グレード:X SA ⅠⅠⅠ(ブライトシルバーメタリック)
・カーナビ:あり
・ETC:あり
・プラン:ゴールドパック
・月間走行距離:1,000km
・賃貸期間:7年

もろコミ

通常、残価を設定するのがカーリースですが、「もろコミ」は残価の設定がなし!
そのため、7年や9年といった契約期間が終わると、そのまま車がもらえます。

残価設定がないといことは、月間走行距離を超えてしまった、車に汚れができてしまったなどの場合にも、清算する必要がありません。
また、契約期間中は中途解約ができないのもカーリースの基本ですが、もろコミでは契約終了の2年前から乗り換えや返却が可能。
その際、中途解約金から解約時点での査定額を差し引いた金額を一括で支払わなければなりません。
とはいえ、自分の生活や都合に合わせたリースができるのは魅力的ですね。

■もろコミ7(7年リース)・もろコミ9(9年リース)

・車両本体価格
・オプション代
・自動車取得税
・新車登録時手数料
・車両基本料
・自動車税(期間分)
・重量税(期間分)
・自賠責保険料(期間分)

■オプション

もろコミ7、もろコミ9の契約内容はカーアクセサリーやメンテナンスパックが付いていません。
そのため、以下から必要なオプションを選ぶことができるのです。
また、プランによって付けられないオプションもあるため、その都度確認を取ることをオススメいたします。

〈カーアクセサリーセット〉2,160円~
・カーナビ
・バックアイカメラ
・ETC[音声タイプ] ・フロアマット
・バイザー

〈メンテナンスパック〉2,700円~
・タイヤ4本セット
・バッテリー交換
・エンジンオイル交換
・オイルエレメント交換
・オートマチックオイル(CVT)交換
・ブレーキオイル交換
・ブレーキパッド交換
・Vベルト交換
・LLC交換
・点火プラグ交換
・ワイパーゴム交換
※もろコミ7ともろコミ9でメンテナンス回数が変わります。
※軽自動車のみ対応です。

■「ミライース」をリースした場合…

月額料金…14,688円
・グレード:L
・賃貸期間:9年
※オプション別

■「シエンタ」をリースした場合…

月額料金…33,912円
・グレード:ハイブリット X
・賃貸期間:9年
※オプション別

カーリースをオススメしたいのはこんな人

カーリースはリース会社によってプランの内容がさまざま。
そのため、どの会社からリースをしようか迷ってしまいますよね。
さらに、「結局、購入するよりリースの方が安いの?」という疑問も消えません。

そこで最後に、カーリースをオススメしたい人についてまとめていきましょう。

・いろいろな車に乗りたい人
・走行距離が少ない人
・大事に車を乗る人
・単身赴任中だけなど、期間限定で車が欲しい人
・子どもの学費がかかるが車は必要だという人
・まとまった金額を用意しなくても新車に乗りたい人

頭金のことや車検のことなど、購入の際に足踏みをしてしまう理由を払拭するには、カーリースは最適だと言えますね。
もちろん、必ずお得に車が乗れると保証されているわけではありません。
何度も言っているように、事故や汚れ、傷などで車の価値が残価より下がってしまうと、追い金が発生してしまいます。

さらに、カーリースでは、新車だけではなく中古車も選べるため、「昔のこの型が好きだった!」という要望も叶いますよ。
自分の乗りたい車が手頃な値段で維持もしやすい。
そんなカーライフを過ごせれば、あなたや家族の生活をより豊かにしてくれることでしょう。

スポンサーリンク