車 寿命 何年

長い間愛車を乗っているとどのタイミングが車の寿命なのか気になってきます。車の寿命は何年乗っているかで判断すべきでしょうか。それとも走行距離でしょうか。現在は普通に乗れていて問題ないときであっても考えてしまします。ましてや故障が立て続けに起きたりした時は車の寿命を意識します。買い替えとなると楽しい反面、予算の考えなくてはいけません。
今回は車の寿命は何年が目安かについて考えてみたいと思います。

愛車を大切にされているかた、故障が増えてきた方のお役に立てると幸いです。

 

車の寿命は年数で判断すべき?

車の寿命はどんな時にくるのでしょうか。車の買い替えを意識する多くの人は、車の使用目的が変わったり家族が増えて乗車人数が変わったときなどもあります。この様なポジティブな車の買い替えだけでなく本当は買い換える希望はないけども車の寿命が来たかもしれないから買い換えると判断する人もいるかも知れません。
この場合の車の寿命とは何でしょうか。故障が増えてきたときでしょうか。走行距離が一定を超えて売却の査定を気にしたときでしょうか。車の寿命は愛車に対する考え方しだいです。長く車を乗っていると飽きてきて、新しい刺激が欲しいと思うことももしかしたらその車の寿命かもしれません。ここでは具体的にどの様な場合が車の終焉かを考えてみます。

まずは年式からみることにします。車の年式が古くなったから寿命ということは考えにくいですね。それに伴って修理が増えてきた、故障回数や故障場所が複雑な部分が増えてきたからということになるでしょう。経済的なことだけを考えれば、車は修理して長く乗るほうがお得なケースが多いです。車の売却や下取り、廃車、また逆に新車の販売や中古車の販売、それに伴って自動車保険の切り替えなどすべてお金が生まれる商売です。広告費も多額を投じておりそれだけ利益が生まれる事業なのです。もし仮に故障が増えてきたから新しい中古車に買い替えても同様に故障が起きることも考えられます。年式が新しいから故障が少ないとは言い切れません。新車を購入すれば新車保証がありますのでその部分では安心です。

ですので、故障が増えてきたから寿命と考える前にどうやってこの故障を安く直せるかをまず考えることが懸命です。いつもお世話になっている整備工場にもっていって見積もりをみて判断されるだけではなく、他の整備工場でも見積もりをとって比べましょう。新車や中古車を購入する際に、何社からか見積もりを取るのと同様です。

また、修理に使ってもらう部品も新品ではなく中古部品を使ってもらえないか相談してみて下さい。場合によっては、交換部品の型番を教えてもらってヤフオクなどでまだ使える中古部品を探す方法もあります。

最後に本当に今すぐ直さなければならないところに限定しましょう。見積もりをもらったら内容をよく吟味します。今回の修理で新車にするわけではないので、安全に乗るための修理部品に限定させましょう。修理の段階でもこのようにしっかり安くする努力をすれば修理代金は下がる可能性は高いです。また、そのたびに車への知識も高まります。その際に私がおすすめしたいのがGooPit(グーピット)です。中古車探しで有名なグーが提供している自動車整備工場検索サイトです。車の車検・点検、オイル交換、修理・板金・塗装、パーツの持込み取付などがができる修理・整備工場をお近くから探すことができるサービスとなっております。さきほどお話したネットで中古部品を買ってその整備工場に直送も対応しています。問い合わせは完全無料で複数の整備工場に問い合わせすることも簡単です。おすすめしますのでご興味のある方は覗いてみて下さい。

 

車の寿命は何年は別角度から考えてみる

車の買い替えニーズや、買い替える動機、また修理に対してどの様に向き合うべきかを話してきました。今度は別の角度から車の寿命について考えてみたいと思います。いままでは、車の寿命は修理代が高いことや、故障が増えてきたことに対する考え方でした。安全性能について考えたいと思います。今の車は日進月歩で技術革新が行われ、日々安全性能を高める装置がついてきています。一昔前は、ブレーキのABSや前席エアバックの標準装備でしたが、今は自動ブレーキや車線維持システムなど最先端技術が使われています。年式の古い車にはこの様な装備がありません。また、車の骨格であるフレームの進化も著しいです。衝突実験を繰り返し行い、少しでも自動車の居住空間へのダメージを減らすフレームが開発されています。もし仮に正面衝突した際に、最新の車では体は無傷で済んだのに古い車では大怪我なども考えられます。

これは車自体の寿命とは意味が違いうかも知れません。ただ、車の役割は安全に目的地に移動できることです。その安全の部分は何より大切な項目です。その性能が新しい車のほうが高ければ買い替えを検討しなくては行けない時もあります。正面衝突はコチラの過失がなくても起きる事故です。大切な家族を乗せている時にその様な事故にあって、相手の車は最新式のモノコックボディで体へのダメージが少なく、こちらだけ大きいとなると辛いですよね。車の安全性能を考えれば15年程度乗れば買い替えすべき時期と考えてもおかしくないでしょう。

 

車の寿命は何年についてのまとめ

いかがでしたか?
今回は車の寿命は何年ぐらいなのかについて考えてみました。前半では、ポジティブな買い替えのタイミングについて後半ではネガティブな買い替えについて話をしてきました。車の修理代を上手に節約しながら安全に乗ることが経済的にはいちばんよいことにも触れました。最後に、車の安全性能の向上の技術は享受すべきと考え15年ぐらいのタイミングでは新しい車に買い替えをしたほうがいいこともお伝えしました。車の寿命は特に何年と言う基準はありません。ただ、現代の車の最新のテクノロジーは利用すべきものもあります。特に安全性能については検討すべきでしょう。15年前の車から5年前の中古車に買い換えれば安全性能は高まる可能性があります。
この様な考えに少しでも共感をお持ちになって下さって、念の為中古車の相場も調べて程度の良い中古車があれば買い替えも検討しようかとお考えになるのであれば中古車探しはズバット車販売をおすすめします。
ズバット車販売で購入することで最長10年の保証がついてきます。つまり、もし色々確認して購入した中古車が運悪く故障して多額の修理代がかかっても保証で対応することが可能です。中古車は基本的に返品を受け付ける販売店はありません。ところがズバット車販売では返品も可能です。これはかなり安心感になるのではないでしょうか。かりに相場より安く中古車を手に入れることが不安な方でも保証や返品があれば自信持って購入できると思います。

また中古車探しも普通ならばネットの情報で検索すると思いますがネットに出ている情報はごく一部です。中古車は毎日生まれてきます。既に公開されている情報は仕入れて整備が終わって販売できる状態で販売店が広告費を払って掲載しています。公開されていない情報のなかに、本当に安くていい車もたくさん眠っています。これら公開前の中古車や非公開の中古車は、公開されることなく直接お得意様などに流れることも多くあります。ズバット車販売ではこの非公開情報からもプロが中古車を探してきてくれます。もちろん無料です。気に入った中古車に出会わなければ購入する必要もありません。また自分でネットで探せばいいだけです。ズバット車販売はかなりオススメ出来るのでもしご興味がありましたら下のボタンからどうぞ

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク