カーシェアリングではなれない車を市街地などで走ることも多いです。道路状況で言えば、信号機がたくさんあることが、誰の目にも明かです。そして、車線が多くあり、右折に限っても車線変更とせっとで、交差点を回転しなくてはなりません。

マイカー所有とは違うカーシェアリングでどの様な運転が安全なのかを確認していきましょう。

スポンサーリンク

カーシェアリングで安全運転をするには、市街地の運転を知っておく必要がある。

そのような市街地でのカーシェアリングでのドライブは慣れない車両であること、目視確認事項の多い、危険性の高い道路であると言えます。この状況での安全運転は、対向車順行車を含めた、接近性の高い運転状況をどうくぐりぬけるかという意味で、たしなむ法則があります。

まず、第一に、車間距離をおくこと。

第二にアクセラレーションに関して、燃費を意識した無駄な加速をしないこと。

そして第三に、右折の危険性に関し、車線変更をどの位置でしたらよいのか、事前に確認をとっておくことになります。

 

車間距離に関しては、市街地での突発的な進行の遮断に遭遇する可能性はあるので、その適度な速度状況を維持することが専らの快適ドライブのための鉄則です。進行を遮断する要素とは、前行車や、車線の違う順行車が、減速し車線変更をする場合や、道路工事による、車線変更を同じ道路上の車が余儀なくされるケースがあります。

 

この点では、市街地では速度を出しすぎることが、あえて、身の危険を招く要素となり得ます。
第二のアクセルの動向ですが、これは、アクセルを踏み込み加速するドライブでは燃費がかさむという、乗者にとっての不利益である点と、急発進をすることでの、他車にたいする迷惑という不利益があります。なので、市街地では低速発信をこころがけることが、運転のマナーであり、また、急発進を繰り返すことでの、車のエンジンや車軸への負担もあるかたちになります。

市街地でのドライブは、社用車を運転する人たちも多いので、この運転のマナー速度に関することは、都市部での経済性という点からも、推進され得る事がらになります。

第三の車線変更に関しては、おもいがけない動きを車前方に発見する事の多い、市街地ですので、まず、自身の車の速度メータを随時確認する運転が必要になり、前行車の動きに注意を払う、いわば神経質な運転が必要です。

 

ここで言う神経質というのは、ストレスを加算されたという意味ではなく、精神を鋭敏に保ったまま、運転を行う技術が必要であり、運転マナーを市街地では皆が暗黙知として認識していなくてはなりません。
また、車線変更と右折のセットでは、自らの安全運転のために、随時どの箇所での事前の車線変更が順当か確認を怠ってはなりません。

 

 

 

スポンサーリンク

カーシャリングで安全に田舎地区をドライブする場合

 

田舎地区での運転は、皆がしっている道路状況になるので、大して標識を見ないことも多くあると思います。そして、暗黙知の運転ルールがあったりと、新参車にとっては、窮屈な運転箇所にもなります。

カーシャリングで慣れない車を運転している運転者の意識ですが、農村地区などにとっては、運転の常識というものが通っているので、自家用車で農村地区にあたらしく入ってしまった場合は、低速運転に始終することが寛容になります。

あるいみ、道路幅の狭いところでは、市街地よりも低速運転であることが、慣例的であったりします。
ただ、田舎地区でも慣例的にスピードOKの箇所もあったりするので、その際は、集団化している速度に乗ることなく、安全運転のために、低速走行をこころがけることが、重要になります。

田舎地区での運転の法則は、二つに分けられ、目視による確認に終始と、道路幅の確認を感覚でつかむ、の二点挙げられます。

目視による確認は、標識の確認よりも、対向車の様子に気を配るという点になります。
対向車への意識というのは、その田舎地区での運転のマナーの反映ということがあり、顔色を伺うことは、あえて自分が間違った道へ侵入していないか、判断するものとして有効です。
これは、進入という意味でなら間違いはないのですが、田舎地区では私道とう道路状況があったりしますので、その私道を走っても、抜け道にはなっていない可能性が高いのです。
なので、田舎地区では幹線道路をメインに走ることを考え、あえて迂回路や近道をしない方がよいという形になります。

 

そして、道路幅の状況は、田舎地区では、路肩という言葉が妥当な道路整備になっているところが多いので、自らの車幅に関して感覚で分からない場合は、あえて田舎地区の道路を走らないことが寛容です。
路肩の面は舗装はされていても側溝へ脱輪する可能性が高く、対向車と離合する場合でも、この自身の車幅感覚がなければ、サイドミラー接触の可能性や、車のボディパネルの損傷ということも考えられます。
車幅に対する感覚は男性の方が女性よりも優れる点があり、女性がいきなり大きなミニバンで田舎地区の道路幅の狭い箇所を運転するのは、危険性が高まります。

ですので、普段乗り慣れている車を使用し、道路幅の狭い箇所にははいらない、農村地区での運転が必要です。地元の人たちはなれているので、普段どおり運転していても、逆に市街地の運転よりも難しいことが多くありますので、気をつけてください。

 

 

 

スポンサーリンク

高速道路で慣れないカーシェアリングの車両を安全に運転する為に

 

高速運転時は、ついついの速度の出しすぎの場面はありますが、基本的に速度の波に乗ることは重要です。ただ、普段から乗り慣れている車と違いカーシェアリングの車両ではどれくらいアクセルを踏むと加速度はどれくらいかは体感的に理解していないことも多くあります。今までお話した市街地や田舎道ではこの加速度までは気にしていいかもしれません。

 

速度の波というのは、順行車の列に並ぶ走り方をするかたちのことです。
つまり、インターチェンジでも、料金所付近でも、急な速度の減衰は控えるべきで、かえって危険性を招くことがあるという意味になります。

これは、高速道路の状況の中でも、比較的速度を乗ったまま運転したほうがいい道路付近があったり、その走行の波は、高速道路の状況でもまちまちであったりします。
ですので、雨天時や積雪時以外は、ある程度の速度運転を心がけることが逆に大事であったりします。

なので、運転初心者が高速運転を嫌う場合は、あえて一般道での乗用にこころがけるようにしてください。
高速運転での、心がける重要点は、車間距離をあけることと、車間距離をあけすぎないという、二点になります。

 

車間距離の道路標識は50・100mのパネルが設置されていますので、車間距離はその大きい車間距離の方で、感覚をとって運転する方がのぞましいです。
多くの車が車間距離をこのようにとったとしても、急に車線変更をするような、車も散見されますが、ものすごく危険であり、あえて、車間距離を100少し以上に保っていれば、無理な割り込みをされる恐れがありません。
無理な割り込みを許容する車間距離を取らない運転とういことで、車間距離を維持した運転も大事という訳です。

また、車線変更に関して、急なハンドル切りを見るような場合では、急にブレーキを踏み込んで対処するのではなく、自分の後方車もいることですから、ブレーキランプを一瞬点滅させるような、すこしだけのブレーキングにとどめてください。

後方車はみな、迷惑がっている状況がありますが、危険性の高い運転マナーの悪い車に対しては、激情することなく、落ち着いて対応し安心の運転を維持してください。

 

また、サービスエリアなどから、車線に進入するばあいは、車の加速を最大に活かし、アクセルペダルを全踏みするくらいで、速度に乗ることです。そして、車線変更しながら、車間距離を前後に確認して、素早く速度に乗ってください。

後方車の車間距離に関しては、後方車のブレーキングによるストレスとならないように、加速の調子を意識しつつ運転することが重要です。高速運転では、ブレーキング自体、気難しいランプとして目に映りますので、その辺の車間距離のイメージングが常に重要と言えます。

 

 

 

スポンサーリンク