車の買い替えのタイミングはいつか?差額は◯◯万円!?☆相手を知ってベストは時期を探ろう

通勤や毎日の買い物で欠かせない車は、経年劣化によってだんだんと傷んできます。消耗部品を交換するメンテナンスによって長持ちさせられますが、一般的な耐用年数を過ぎたら買い替えをするしかありません。車の買い替えは一大イベントであり、できるだけお得になる方法で臨むことが大切です。

最も重要なのが買い替えのタイミングで、1年間の中でも業者が譲歩してくれる可能性が高い時期があります。むやみに車の買い替えタイミングを考えずに実行するのと、状況を見据えて車の買い替えのタイミングを計るのは売却においても購入においても大きな差額になってきます。

スポンサーリンク

車の買い替えはタイミングによって費用が大きく変わる

買い手が強い立場になるタイミングを利用

担当となった営業マンが契約を急ぎたいシーズンを選べば、通常よりも大幅な値引きやオプションサービスを期待できるのです。次の車を安価に入手することで、その後のライフプランを有利に進められます。買い手が強い立場になるタイミングを利用して値引きさせるテクニックは、人気が高い新車から中古車まで様々なタイプの車の購入で使用できて便利です。

愛車の売却のタイミングは次の移動手段も考えておくこと

普段はなかなか値引きに応じてくれない営業マンが弱気になる時期を知っているのかどうかで、車の買い替えで10万円以上の差がつく事例も見られます。日常生活で個人が購入する範囲ではローンを組んでまで購入する高価な商品だけに、数万円の値引きでも家計には大きな影響です。現在の愛車の売却については営業マンのノルマには反映されないので、無理に下取りを選ぶ必要はありません。車を高く買い取ってくれる専門業者に売却しても、業者の営業マンはあまり気にしないので心配は無用です。

ただし、別の業者に買い取ってもらう場合は、次の車が届くまでの間の移動手段を確保しておくことも考えておきましょう。ディーラーで新車を購入して、そのまま下取りに出す場合は、シームレスに乗り換えられます。

スポンサーリンク

中間と決算の直前が車の買い替えの大きなタイミング

車の買い替えで狙いたい時期は、半期の決算が出される9月と、決算の3月です。

ベストなタイミングは営業マンも忙しい

この2つのタイミングではどの業者の営業マンも浮足立ち、店舗の成績が決まるとあって現場責任者の店長も通常よりサービスしても構わない方針を打ち出します。秋の9月は年度末ではないので業者を比較する時間を取りやすく、車の買い替えのタイミングとしてなかなか魅力的です。行動を開始するのも8月からで十分であり、9月の中旬までには納車されるように進めていきましょう。

契約成立から納車までには平均2週間かかるので、9月中に納車されるスケジュールにすることが重要です。決算の3月についても同じことが言えるのですが、9月中に納車されることでその期間内の成績にカウントされます。したがって、9月中に契約しても、納車が10月に入ってしまうのであれば、営業マンにとって焦る必要がなくなることを意味するので要注意です。年度末の決算である3月については引越しシーズンと重なるので、業者も目が回る忙しさになります。

タイミングを計るのは名刺交換から

半期の決算である9月よりも思い切った値引きを期待できる反面、車の買い替えで通常よりも手続きや納車に時間がかかる傾向です。正月明けからすぐに情報収集を開始して、2月中には契約成立をするぐらいでちょうど3月の日付での納車となります。3月は税金の話も絡んでくるので、現在の車を手放す場合は遅くとも3月中に自分の名義から変えておくのが基本です。

具体的な値段交渉に入る前にじっくりと気になる車種の情報を集めておき、目をつけている業者でとりあえず話だけ聞いて担当者の名刺をもらっておくことが第一段階になります。

スポンサーリンク

早めに買い替えの計画を立ててタイミングを賢く判断をするのがポイント

日本で車を所有していると、様々な行政の手続きと経費がかかります。自分で指定された行政機関の窓口へ出向いて手続きをするケースは稀で、業者に代行してもらうのが一般的です。代行では時間がかかる状況もあるので、時間に余裕を持たせましょう。早めに車の買い替えの計画を立てて、業者の営業マンから思い切った値引きをしてもらえるタイミングで契約を成立させるのが賢明です。

タイミングがよければ赤字でも販売台数優先

次の車への買い替えの時期は事前にわかるので、今のうちから予定を立てておきましょう。秋の9月と春の3月が業者にとって査定に関わる時期だと理解しておくだけでも、車の買い替えで自分が主導権を持ったまま交渉できます。どの業者も営業に力を入れる期間では、他の店舗に客を取られることを最も恐れます。

そのため、その場で契約をしてくれるのなら、多少足が出ても応じてくれる可能性があるのです。

車の買い替えのタイミングだけでなく、交渉術もあればよりベター

引き交渉にも駆け引きがあるので、いきなり出向いてとにかく値下げをしろと要求するのではなく、複数の業者と接触することをお勧めします。営業マンにも都合があるので、まず見込み客がいることを知らせて、準備をする時間を与えるのがポイントです。彼らは同業他社との競争になるのは承知しているので、段階を踏んでいくことで最終的な金額を出していきます。

どうしても欲しい車種やモデルが決まっている場合でも、あえて他の車種を引き合いに出して値引きさせるのがテクニックです。何もせずとも必ず買ってくれる客と分かったら、無理に値引きなどのサービスをしなくなるので、さり気なく誘導して相手から譲歩させるスタイルで冷静に交渉するのがベストになります。

中間と決算の時期を選ぶのは、営業マンが売上を気にして譲歩しやすくなるからです。

少しでも安く新車を購入するには、相場を知っておくことも大切です。
加盟ディーラー数   4,000店舗
新車見積もり依頼数  月間65,000件

入力は60秒で簡単です。ご興味があったら是非参考にしてみて下さい。



スポンサーリンク