カープライスはかなり評判のいい車一括査定になります。デメリットはないのでしょうか。

カープライスのメリット
中古車販売店が直接オークションに参加するので中間マージンがない
多くの買取店に個人情報が流れない
ライブオークションで5分で査定額が分かる
営業電話もない

メリットは公式サイトにしっかり記載があるのでご確認いただければと思います。

 

カープライスのデメリットを敢えて取り上げてみます。

スポンサーリンク

カープライスでデメリットは査定の場所が遠い可能性あり

カープライスはまだ店舗数が多くありません。一度自分の車を査定に出さなくてはいけませんが、場所によっては少し遠いかも知れません。

現在、対応している県は

 17都道府県 ガソリンスタンドや中古車販売店など
北海道、宮城県、福島県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、
石川県、山梨県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、大阪府、兵庫県、福岡県

これ以外の都道府県にお住まいの方は一度公式サイトから問い合わせしてみることをおすすめします。

スポンサーリンク

カープライスのデメリットは売却時に手数料が1万円かかる。

車の売却に車買取一括サイトの多くは手数料はかかりません。カープライスの場合は1万円の手数料がかかります。
しかしながら他社の買取業者の場合だと、業者側の落札手数料が高額の可能性もあります。カープライスは車を高額で売却したい出品側に手数料を1万円がかかることにより高額査定が出せる可能性を高めています。

どちらにせよ1万円以下の売切価格に設定をしなければ、もし落札金額に納得が出来なければ売るのをやめてしまえばいいわけです。売切価格を適正に合わせることはカープライスで売却する際の重要事項の1つですが手数料については気にしなくていいと思います。

またこの売切価格の設定の方法については後ほどご説明します。

 

 

スポンサーリンク

カープライスのデメリットは違約金が発生すること

カープライスで売却を決めてもルールから違反すると違約金の定めがあります。しっかり事前に認識しておいたほうが安心です。

本取引成立後の販売者の責による本取引の中止
カープライス:2万円

カープライス・オークション会員と当社との対象自動車の売買契約解除の理由が第17条第1号による場合は、契約解除手数料として一律2万円は販売者負担(当該契約解除手数料以外に当社に損害が生じている場合には、当社は、販売者に対し、別途当該損害の賠償を請求できるものとします。

カープライス ユーザー会員利用規約 第18条(本取引成立後の契約解除)抜粋

 

カープライスの責に帰すべき事由によるキャンセル
販売者に一律1万円

第17条第2号による場合には、当社は販売者に対して一律1万円(1万円は、民法420条第1項に定める損害賠償額の予定とし、当該金額を超える賠償等の責任を負わないものとします。次項においても同様とします。)を支払うものとします。

カープライス ユーザー会員利用規約 第18条(本取引成立後の契約解除)抜粋

必要書類を引き渡さなかった場合
カープライス:5万円

陸送業者に対象車両を引き渡さなかった場合
カープライス:5万円

利用規約の違反の程度が著しいと認める場合
カープライス:5万円

第16条第2項で定める所定の期限までに、当社に当社所定の必要書類を引き渡さなかった場合:5万円
第16条第1項で定める所定の期限までに、当社または陸送業者に対象車両を引き渡さなかった場合:5万円
本規約の違反の程度が著しいと当社が認める場合(車両を落札したカープライス・オークション会員へ直接的な連絡した場合を含むものとします。):5万円

カープライス ユーザー会員利用規約 第26条(違約金)抜粋

愛車の査定は必ず一括査定サイトで競わせることが大切
愛車の価値を常に把握しておくことは大切です。
下取りで50万だった車
一括査定サイトでなんと80万円!!

実はよくある話なんです。

一括査定サイトでは多くの中古車販売店が
オークション形式であなたの車の
注目!!買い取り価格をどんどん上げてくれます。

カープライスのデメリットである売切価格の設定方法

カープライスのデメリットでもある売切価格の設定を自分でしなくてはいけません。もし迷ったらサポートセンターのスタッフが助言をくれるとは思いますがそれでも正しい設定かどうか迷ってしまします。
先程お話したようにカープライスのデメリットでもある違約金は売切価格に達した場合には売却しなくてはいけません。かといって見当違いの売切価格を設定すれば、出品画面を見てももらえない可能性があります。

私は、事前に車一括買取サイトを利用することをおすすめします。愛車の相場は画面上ではすぐに分かりますが、リスクを抑えて低めの設定で表示されることも少なくありません。やはり、本当に欲しがっている業者と交渉することで愛車の査定価格が分かります。

車一括査定サイトを事前に使うことで「交渉不要」「営業電話がない」などのメリットがなくなってしまいますが少しでも高額査定を受けたい方にはおすすめです。

そのそも車一括査定サイトは車買取店を主として登録されていますが、カープライスは中古車販売店が主になります。高額査定はどれだけ多くの業者と接触をするかにかかっています。

もし手間をかけずに早く売却したい方はカープライスのサポートの方の意見を取り入れて売切価格を決めると確実に売却できる金額に設定することも可能です。

手間をかけても少しでも高く売却したい方は車一括査定サイトを事前に利用しましょう。車一括査定サイトのランキングが下にありますが、ユーカープラスは同様のオークション形式です。
ズバット車買取比較は大手で安心です。まずは事前に査定してもらいカープライスの売切価格を決めてみましょう。ズバット車買取比較で出た査定額に少しプラスアルファで売切価格を設定できて落札されればベストです。

カープライスのデメリット・注意点のまとめ

いかがでしたか?
カープライスは海外からの入札もあり愛車が高額査定になる可能性を秘めています。ただ、利用するときにはデメリットや注意点もしっかり理解しておきましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク