カープライス 手数料

愛車を少しでも高く売れる方法はいくつもあります。最初はディラー下取りより買取と言われていた時代から車一括買取サイトで多くの買取店に査定をしてもらえる仕組みになりました。

ただ、営業電話が一斉にかかってくることを嫌う方も増えています。カープライスは電話は1社からしかかかってきません。買取店に個人情報が流れることなく、カープライスが主催する中古車販売店が参加するオークションに出品するスタイルです。

買取店ではなく中古車販売店が直接買取ので中間マージンがかからず高額査定が狙えます。

カープライスには手数料や違約金の設定もあります。
最初に理解しておいたほうが良い点を纏めてみました。

カープライスの手数料について

カープライスでは出品料などはかかりません。しかし売買契約が決まって売ることになった場合は手数料が1万円かかります。通常の車一括査定の常識で考えると売れて売った側に手数料がかかることはありません。カープライスを利用する際は理解しておいたほうが良いでしょう。
もちろん高額査定を手に入れられるなら1万円は大したことはありませんが・・

 

カープライスで不手際には違約金がかかる!

カープライスでは違約金の設定があります。高額査定を出すためにもギリギリまで利益を削っている証かも知れません。ただ、知らずにもし違約金が発生したら驚きますので一度確認しておきましょう。

本取引成立後の販売者の責による本取引の中止
カープライス:2万円

カープライス・オークション会員と当社との対象自動車の売買契約解除の理由が第17条第1号による場合は、契約解除手数料として一律2万円は販売者負担(当該契約解除手数料以外に当社に損害が生じている場合には、当社は、販売者に対し、別途当該損害の賠償を請求できるものとします。

カープライス ユーザー会員利用規約 第18条(本取引成立後の契約解除)抜粋

カープライスの責に帰すべき事由によるキャンセル
販売者に一律1万円

第17条第2号による場合には、当社は販売者に対して一律1万円(1万円は、民法420条第1項に定める損害賠償額の予定とし、当該金額を超える賠償等の責任を負わないものとします。次項においても同様とします。)を支払うものとします。

カープライス ユーザー会員利用規約 第18条(本取引成立後の契約解除)抜粋

必要書類を引き渡さなかった場合
カープライス:5万円

陸送業者に対象車両を引き渡さなかった場合
カープライス:5万円

利用規約の違反の程度が著しいと認める場合
カープライス:5万円

第16条第2項で定める所定の期限までに、当社に当社所定の必要書類を引き渡さなかった場合:5万円
第16条第1項で定める所定の期限までに、当社または陸送業者に対象車両を引き渡さなかった場合:5万円
本規約の違反の程度が著しいと当社が認める場合(車両を落札したカープライス・オークション会員へ直接的な連絡した場合を含むものとします。):5万円

カープライス ユーザー会員利用規約 第26条(違約金)抜粋

カープライスは手数料や違約金のまとめ

いかがでしたか?
カープライスでは他の車一括査定と違い、売った側にも手数料がかかります。これは、なるべく多くの高額査定を出そうとしているからかも知れません。カープライスを利用するメリットは何より手間がかからないこと、時間を短縮できることになります。

違約金などが発生しないようにするために大切なことはウリキリ価格を気軽に安く決めないことです。他の査定を少しみてから売ろうと考えていても自分で設定したウリキリ価格を上回ったら必ず売らなければ違約金が発生します。
ウリキリ価格は現実的な金額を出したほうが、入札する中古販売店も真剣になるのは理解できますが、売買は高く売りたい安く買いたいの両者の思いがぶつかるところです。

すぐに売りたい方はウリキリ価格は限界まで下げて、他の買取店などの査定を確認したい方は「ちょっとこれは売れない。これで売れるなら万々歳」となるウリキリ価格の設定をしましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

スポンサーリンク