カーシェアリングの注意点 利用する場合に知っておくべきポイント

今、急速に台数と利用者を増やしているカーシェアリング。利用するための注意点について調べてみました。
カーシェアリングは、ある特定の車を多くの登録者が会費を支払いながら、複数人以上で利用していくといったサービス内容のものです。

 

 

 

 

低料金で順番にその対象車両である車の運転が可能であり、車検や修理などはそのサービス運営事業者側が全てを持つといった点で、かなり低コストで利用が出来るメリットが、中々評価があります。
こうした、複数人規模かつ低料金の相場で利用が可能な、カーシェアリングのサービスと言えますが、決して良い事ばかりでは無い実態が、必ずあります。注意しなければいけないポイントを理解して活用しましょう。

 

 

スポンサーリンク

カーシェアリングの注意点 車は粗末に扱われる?

まず1つ目の課題としては、やはり、車両本体そのものが軽自動車や軽乗用車などの、いわゆる軽車両の場合、それ自体が管理業者側・利用者側の両方から、低コストであるゆえに粗末に扱われるために、ある程度の年月を経ても新しい仕様や修理、法的根拠に基付いた改良などがなされない可能性です。

これは実際にも、あるヨーロッパの一地域でも問題になっているケースでもあり、こちらの日本国内でも同じような事が起きる可能性は、大いに考えられます。

 

スポンサーリンク

カーシェアリングの注意点 利用者のニーズが反映されない

2つ目の課題としては、どうしても順番待ちあるいは、特定の期間内だけ利用が出来ず、利用者各自のニーズが中々反映がなされない点です。
こうした事態なども1つ目の課題と同じく、深刻な克服すべき問題の1つになっています。

 

スポンサーリンク

カーシェアリングの注意点 停車中はカーシェアリングでは保障されない?

3つ目の課題は、緊急時の際で事故などの補償範囲が、運転時のみに限られて、停車中でのケースが対象外とする運営者がある事です。これも実は問題になっており、利用者本人が安心してサービスの利用が出来ないといった現状の1つでもあります。

 

これらの3つの注意点がある実態がカーシェアリングでの現状と言えますが、克服していける可能性は十分にあるものばかりです。

 

 

スポンサーリンク