これまで車の購入方法といえば、現金やマイカーローンを通じて購入する、といった方法が一般的でした。しかし最近では残価設定型自動車ローンをはじめ、カーリースやレンタカー、カーシェアリングといった新しい特徴の仕組みが次々と登場、一定期間のみ保有・利用するといった車の利用方法はどんどんと多様化しています。

この様なカーリースやカーシェアリングの特徴を調べてオトクに使える方などを考えてみました。

カーシェア最大手のタイムズカーシェア

 

カーリース、カーシェアの特徴からみる車の利用方法の多様化

 

 

この背景には、若い世代の車離れや都市部を中心とした駐車場代の高騰や、さらには税金や保険など車の維持費を敬遠する方が増加している事などが、カーリースやレンタカー、カーシェアリングなどといった、車を賢く使う意識が広がっているという事も大きな理由といえます。カーリースと言えば、以前は社用車など法人向けサービスとして浸透していましたが、このような背景をもとに個人向けとして事業を拡大する企業が増加している事も車の利用方法の変化に拍車をかけているのも事実です。

そこで今回は、知って得する個人向けカーリースの特徴やサービスについてご紹介したいと思います。

 

カーリース、カーシェアの特徴は頭金やボーナス支払いも不要

車を購入しようとすれば、それなりの費用が必要になってきます。特に新車を購入する際には数百万円は必要になるなど、決して安い買い物とはいえません。また、手持ちの資金が不足している場合には自動車ローンで購入する事もできます。

しかしこの場合でも登録諸費用分は現金で支払わなければならない事や、自動車税や自賠責保険料、自動車重量税、さらにはオイル交換などのメンテナンス費用等は別途必要となりますので出費がかさんでしまいます。一方で、個人向けマイカーリースの場合は、頭金がなくても契約する事が可能ですので毎月の支払額は一定となります。しかもリース料金には、車両価格に加えて自動車取得税や自動車税、自動車重量税、自賠責保険料といった諸費用や税金に加えて、車検の基本料金であったり定期点検費用、さらには契約プランによっては任意保険料やオイル交換などのメンテナンス費用等も含まれる場合もあります。

そして毎月支払う金額は、これらの費用が全て含まれた定額料金となっていますので、突発的な出費に備える必要がなく、月々の支払いが安定するといった特徴があります。

 

 

カーリース、カーシェアリングの特徴である色々な車を楽む事ができる

リース料金には、車両本体価格から契約終了時の車両残存価格を差し引いた金額と、税金や車検代などの費用を加えて算出される事になります。例えば、新車価格が300万円の車で5年の個人向けカーリースを契約した場合、5年後の契約終了時の残価が150万円だと仮定した場合に、300万円から150万円を差し引いた残りの150万円に対してリース料金を支払う事になりますので、料金は比較的お手頃な価格となります。

また、似た様なサービスでレンタカーサービスがありますが、こちらでは選べる車種に限りがあります。しかし個人向けカーリースの場合では、リース会社が車をディーラーから取り寄せる事になりますので、車種やグレードが限定される事はありません。国産であれば全メーカーの全車種に対応しているリース会社も多いですので、自分の乗りたい車を自由に選んで乗る事が可能となります。

また、カーリースの契約期間が終了した場合には、同じ車に乗り続ける事も可能です。別の車に乗り換える場合には、一度車を返却して再度リース契約を結ぶ事ができますので、使い方によってはいろいろな車を楽しむ事が可能となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク