あまりカーシェアを使うかわからない方には、カレコは月額も初期費用もカード発行料も無料なのでいざと言う時のために入っておくことをおすすめします。

dカーシェアとオリックスカーシェアは月額無料プランがありました。カレコも月額無料プランが誕生してカーシェアも気軽に使えるようになりました。dカーシェアはそれ以外にもレンタカーや個人間カーシェアの3つのクルマのサービスを利用できます。

 

今回は入会金も月額も無料で使えるdカーシェアとカレコ月額無料プランの比較をしてみます。

スポンサーリンク

カレコの料金は?dカーシェアと比較してみた

dカーシェアとカレコでは料金プランもかなり似通っています。dカーシェアが15分単位に対してカレコは10分単位です。その他のパック料金については共に6時間、12時間、24時間、夜間と共通です。時間単位の場合はカレコが細かくて有利ですが今回は両方共15分単位に計算をし直しています。

また距離料金はdカーシェアが15円/kmですがカレコは18円と少し割高です。早速ですが各プランのdカーシェアとカレコの料金を比較してみます。
カレコの場合はコンパクトがdカーシェアのスタンダードと同等です。dカーシェアのデラックスはカレコではミドルクラスになります。それ以外にもカレコにはベンツクラスとプレミアムがあります。カレコの方が車種が多いですが今回は料金を主体に比較しますのでdカーシェアでいうスタンダードとデラックスで比較します。

 

 

15分単位で借りる場合

dカーシェアもカレコも6時間までは距離料金がかかりません。

スタンダード (カレコではコンパクトクラス)
dカーシェア 220円/15分
カレコ 240円/15分 (本来は160円/10分)

デラックス (カレコではミドルクラス)
dカーシェア 320円/15分
カレコ 285円/15分 (本来は190円/10分)

今回は15分単位に計算をし直しています。ただスタンダードではdカーシェアが有利ですがデラックスではカレコが有利です。

6時間、12時間、24時間、夜間パックの料金

パック料金は自動的に一番最適なプランが採用されます。dカーシェアもカレコも6時間までは距離料金がかかりません。

6時間パック
スタンダード
dカーシェア 4,200円 6時間までは距離料金がかからない
カレコ 4,600円

デラックス
dカーシェア 4,800円 6時間までは距離料金がかからない
カレコ 4,600円

6時間パックでもスタンダードではdカーシェアが、デラックスではカレコが有利な結果になります。

12時間パック
スタンダード
dカーシェア 6,500円 プラス距離料金 15円/km
カレコ 6,400円 プラス距離料金 18円/km

デラックス
dカーシェア 7,800円 プラス距離料金 15円/km
カレコ 7,700円 プラス距離料金 18円/km

dカーシェアとカレコの距離料金の差が気になります。スタンダードの場合は100円の差です。km辺り3円の違いが発生するので34km走るならdカーシェアが有利です。デラックスの場合も同様に100円の差ですので同じです。

24時間パック
スタンダード
dカーシェア 8,000円 プラス距離料金 15円/km
カレコ 8,300円 プラス距離料金 18円/km

デラックス
dカーシェア 9,400円 プラス距離料金 15円/km
カレコ 9,500円 プラス距離料金 18円/km

ここも僅差ですね。スタンダードは300円の差なので100kmが分岐点です。デラックスは12時間パックと同様に34kmが分岐点です。

夜間パック
夜間パックの利用時間に差があります。dカーシェアは20時から翌日9時までに利用できるプランです。カレコはもっと長く18時から翌日9時までと2時間長く使えます。
dカーシェア 2,500円 プラス距離料金 15円/km
カレコ 3,100円 プラス距離料金 18円/km

夜間パックの2時間を利用するかしないかで判断すべき部分です。同じ20時からの利用であればdカーシェアの方が有利です。

ここまで見てきましたが料金に関してはかなり似通っておりどちらかが一歩的に有利と言うことはありません。車両、走行距離、使用開始時間などから判断することが出来ます。

あまりカーシェアを使うかわからない方には、カレコは月額も初期費用もカード発行料も無料なのでいざと言う時のために入っておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

dカーシェアの補償「安心保証サポート for dカーシェア」がやはりすごい

dカーシェアでは「安心保証サポート for dカーシェア」で更に手厚い補償を受けることができます。

例えば事故でクルマを修理に出さなければ行けない時は営業補償をしなければいけません。NOC(ノンオペレーションチャージ)といいます。
dカーシェアもカレコも同様の金額になります。本来ならば下記の金額は車両保険が適用されていても必要になります。
自走して返却予定のステーションに返却した場合20,000円
自走不可能な場合50,000円

しかし「安心保証サポート for dカーシェア」では原因が事故の場合はNOCは免除されます。それ以外にも「安心保証サポート for dカーシェア」では下記のような補償が追加されます。

事故のNOC以外の補償
・タイヤパンク
損傷タイヤの修理代
またはタイヤ代無償
・鍵のインロック
無償
・利用中のバッテリー上がりに伴う現地ジャンピング費用
無償
・事故等のレッカー対応
無償
・ガス欠での現地給油
無償
・事故・故障時の代車費用
レンタカー費用負担
または近隣カーシェアへ無償振替
※事故時の対応は1年間(4月~翌3月)に1回限り
※自走できない事故・故障のみ
スポンサーリンク

カレコの比較のまとめ

いかがでしたか?

カレコの料金を比べた場合はどちらかが圧倒的に有利ということではなく車種や走行距離、夜間パックでは使用開始時間などで比較すべきです。

 

一番は今はICカードも不要でdカーシェアもカレコもスマホだけで解錠できて利用開始できます。

月額も入会金もカード発行手数料も無料ならば両方に登録しておいて必要な時に判断をしたり、車が近い場所にある場合に利用するなど臨機応変に使えたほうが便利ではないでしょうか。

 

dカーシェアでは入会金も月額料金もかかりません。今ならば登録と1回の利用で1,000円分のdポイントも貰えます。

あまりカーシェアを使うかわからない方には、カレコは月額も初期費用もカード発行料も無料なのでいざと言う時のために入っておくことをおすすめします。

スポンサーリンク