dカーシェアでおすすめしたいのは@マイカーシェアで小遣い稼ぎ

こちらもおすすめします。anyca(エニカ)の招待コード
anyca(エニカ)の招待コードを探している方はコチラからどうぞ。
ドライバーさんもオーナーさんも同じコードでOKです。
ドライバーなら2,500円も割引になるクーポンが貰えます。
オーナーになれば
anycaのプラットフォーム利用料の10%が1ヶ月無料
になります。
2019年12月末まで
招待コード
「kurumakariru」

「車借りる」
と覚えると分かりやすいですよ。

スポンサーリンク

dカーシェアのおすすめポイント

レンタカー・カーシェア・マイカーシェアの3つのサービスを統合
そのため、対象者の台数や車種が多い
dポイントが利用できる
入会金や月額料金がかからない
マイカーシェアで副収入を得ることができる

dカーシェアのおすすめは3つのサービスを纏めているところになります。長時間利用を想定したレンタカー、短時間利用ちょい乗りのためのカーシェア、好きな車に乗れる、マイカー所有者が副収入を得ることができるマイカーシェアです。

今まで車庫で眠っていた自分の車をお金に変えることができるマイカーシェアがあることにより、車を持たない人も持つ人も全員が利用できるアプリになっています。また、利用範囲が拡大されつつあるdポイントを利用できることも大きなメリットです。

この3つのサービスが統合されていることにより、カーシェアの地図上では多くの車情報がでてきます。その中で自分に必要な情報をクリックするだけです。大手カーシェアの会社ではこの3つのサービスを提供しているところはありません。dカーシェアについては、メインで本体が運営してるのがマイカーシェアであり、レンタカーやカーシェアはそれぞれの事業体が運営しています。dカーシェアは仲介している形です。

ただ、月額料金や入会金を無料にしていることからひとまずお守りがわりに入会だけしておくという方もいます。普段はマイカーを持っているから問題ないかたも突然の車の故障であったり、家族の誰かがどうしても車が必要な時に役に立ちます。

スポンサーリンク

dカーシェアのおすすめは月額が無料であること

カーシェアの便利さに気がついたとしても月額料金があるとなかなか入会までしても使わないかもと考えてしまうかも知れません。他社のカーシェアのサービスの多くは、メインのプランが月額料金が発生するプランです。dカーシェアがおすすめできるのは入会金や月額料金がかからない点が入会のハードルを低くしています。

カーシャアを利用しようにもマイカーを購入、もしくは維持するのとどちらがおすすめになるか分からないこともあると思います。

 例えば2017年に行った、ソニー損保のアンケートでは、年間走行距離の平均は6,018kmとなっています。その中でも5,000km以下までの合計で48.5%と約半数を占める結果となっています。つまり、マイカーを所有していても、ちょい乗りドライバーが非常に増えているという結果が出ています。

そして、保険料やガソリン代、駐車場代、修理代といった車の維持費にかかる金額も1ヶ月あたりの平均は、11,800円と過去最低水準になっているのです。ガソリン代や修理代は走る距離が短くなれば、当然少なくなりますし、保険料も最近では「走った分だけ」と走行距離で割引が効く保険も増えたことによります。

このように最近は車の利用頻度も下がってきており、普段は近所のスーパーに買い物、子供の送り迎えだけに利用される方も増えてきています。それであっても、駐車場代、税金、車検費用については距離に関係なく出費になります。若い世代には車への魅力が減少しつつも、車の持つ利便性はやはり変わらないと思われます。

そんな時に、dカーシェアの月額料金がかからないことは登録だけしておけばいつでも車を利用できる環境にしておける安心感があります。

 

スポンサーリンク

dカーシェアのマイカーシェアで副収入を

これまで、3つのサービスを統合していること、月額料金がかからないこと、dポイントが使えることなどをおすすめとしてご紹介してきました。その中でも本来のカーシェアの姿であるマイカーシェアが一番のおすすめポイントです。

カーシェアとは本来、使わない車を周りの人と共有し環境やその他のコストの削減に貢献することになります。現在車を所有している人も24時間乗っているわけではなく駐車場に停めておくだけで先程申し上げた駐車場代や税金、車検費用は必ずかかってきます。それを利用者みんなで共有し維持し合う形が理想的です。

その上、共有する車を事前の相談して決めるのであればそれぞれの事情から難しいこともあります。ただ、マイカーシェアは必要に応じた車を選択できる利便性があります。選べる車は移動だけを目的にした軽自動車から大人数が乗れるミニバン、おしゃれなドライブを演出する高級外車までそれぞれの所有者がマイカーシェアに参加しています。

利用料金についても、一般的なカーシェアと比べマイカーシェアは安く設定されていることが多く、営利目的でない個人のオーナーが趣味と実益を兼ねて行っている理由からです。

 マイカーシェアについては現在は先行するanyca(エニカ)が台数も在籍するオーナー経験値も上回っています。その中でdカーシェアもマイカーシェアに力を入れていくことでカーシェアの本来の形に近づきます。dカーシェアのマイカーシェアもanyca(エニカ)についても1日任意保険に入っているので事故による大きなリスクは軽減されていますが、まだ保険でカバーしきれていないところがリスクにはなります。

 

dカーシェアのおすすめのまとめ

いかがでしたか?
dカーシェアは従来のカーシェアとは一味違ったサービスです。月額料金が無料なのもカーシェアの入り口としてはおすすめです。現在、車を所有している方も、カーシェアへの移行を検討、マイカーシェアで車を貸し出してみるなどの選択肢が出てきたのではないでしょうか。

もしいまカーシェアを考えるならば現在の愛車の価値を把握しておくことも大切です。最後に車の査定サイトをご紹介して終わりにします。
最後までお読み頂きありがとうございました。

こちらもおすすめします。anyca(エニカ)の招待コード
anyca(エニカ)の招待コードを探している方はコチラからどうぞ。
ドライバーさんもオーナーさんも同じコードでOKです。
ドライバーなら2,500円も割引になるクーポンが貰えます。
オーナーになれば
anycaのプラットフォーム利用料の10%が1ヶ月無料
になります。
2019年12月末まで
招待コード
「kurumakariru」

「車借りる」
と覚えると分かりやすいですよ。

スポンサーリンク