SONY DSC

自動車を維持する為にはオイル交換が必要だということは、車を所有している人なら知っている人の方が多いと思います。しかし、オイル交換の適切な時期を理解することで車のエンジンの寿命を伸ばしましょう。オイル交換の適切な時期について紹介します。

スポンサーリンク

エンジンオイルの適切な交換時期は1年に1回か15000km走行時です

自動車のオイル交換の適切な時期は、その車種や使用環境によって大きく変わります。その為、同じ車であっても使用状況によって交換するタイミングは変わってきますが、ある程度の目安は決まっており概ね1年に1回交換、または15000km走行ごとに交換とされています。この15000kmという距離は自動車メーカーがエンジンオイルが問題なく使用できる効果を保つ酸化防止剤の効き目がなくなるタイミングである15000kmを目安としているからです。その為、エンジンオイルが劣化するタイミングである1年か15000km走行時が適切な交換時期となるのです。

しかし、交換時期に達していないエンジンオイルであってもオイルが酷く汚れていたり、オイルの量自体が極度に減っている場合には早めに交換した方が良いでしょう。

スポンサーリンク

エンジンオイルは定期的に交換した方が実は経済的なのです

適切なエンジンオイルの交換時期について紹介しましたが、特にオイルの量が減っている訳でも無く、汚れているだけで新しいオイルに交換するのか知っているでしょうか?エンジンオイルの交換費用は決して安くは無いので1年に1回も交換するのは経済的ではないと、特に車に興味がない人は思ってしまうかもしれません。しかし、エンジンオイルにはエンジンの潤滑を保つという役割があり、常に高温の環境で金属同士の摩擦に晒されているのでオイルの性能は低下し続けています。その為、エンジンオイルの性能が低下した状態で放置していると、エンジン自体の性能が低下してしまうので、アクセルを踏んでも以前のように加速しなくなったり、車の燃費性能が低下してしまうような悪影響が出る場合があります。

また、そのまま放置していると最悪の場合にはエンジンが焼き付いてしまい故障の原因にも繋がります。そうなってしまうと、エンジンオイルの交換よりも遥かに高額となる修理費用が必要となってしまうので、実は定期的にオイル交換を行った方が経済的といえるのです。

スポンサーリンク

エンジンオイルの規格や製法の違いよる性能の差について

エンジンオイルには様々な種類の商品が販売されています。それらのオイルの中から自分の車に合った物を選ぶ必要があるのですが、正しく選べていない人が多いのが事実なので、今回はエンジンオイルの見方について紹介したいと思います。

APIサービス分類

APIサービス分類ではガソリン車とディーゼル車で異なっているオイルを見分けることが出来ます。

SMなどSが頭文字になっている物はガソリンエンジン用のオイルCが頭文字になっている物はディーゼルエンジン用のオイルとなっています。

SAE粘度規格

エンジンオイルの粘度は「0W-20」といった数値で表現されています。前半の0Wは0W〜25Wまであり、数値が低いほど粘度が低く柔らかいオイルであることを指しているので寒さに強いことを意味しています。そして、後半の20は20〜60まであり、数値が高いほど粘度が高く耐熱性に優れていることを意味しています。

製法による違い

エンジンオイルには大きく分けて3種類の製法があります。「鉱物油」は原油を精製する過程で作られる安価なオイルなのですが、熱に弱く酸化しやすいという弱点があります。それに対して「化学合成油」は石油から取り出された成分を人為的に調整することにより、オイルとしての性能を意図的に調整したものとなります。

化学合成油は非常に高性能なオイルですが製造コストが高いので高価となります。最後の「部分合成油」は鉱物油と化学合成油の間でバランスをとったようなオイルとなっており、性能と価格のバランスに優れたオイルとなります。

スポンサーリンク