車を下取りに出す時のガソリンの量はどれくらいが適当でしょうか。できれば満タンでもカラカラでも変わらないならできればガソリンを節約したいところです。下取りや査定金額にガソリン代は加算してくれるのでしょうか。

 

車を下取りに出す時のガソリンの量は?

車買取店やディラーの担当者の話ではガソリンの量は車の査定には全く影響しないようです。満タンでお店にいっても、ガソリンのエンプティーマークが付いていても査定額は全く変わりません。逆に満タンでいってガソリンの満タンだから査定に加算して欲しいと要望しても受け入れてもらえないでしょう。

 

つまり下取りや買取店に持っていって査定して貰う場合も、あらかじめ自宅に取りに来て貰う場合でもガソリンがギリギリで大丈夫です。ただ、深夜の引渡になったりした場合は近くのガソリンスタンドまでは最低でも運べる量を入れておかないと引取にきた担当者が困ってしまいますよね。この辺りは常識の範囲といったことになります。

 

ディラーや買取店ではなく、個人売買で譲る場合などは近くのガソリンスタンドが混んでいたり、買ってくれた方が時間がなかったりすることもあります。個人売買の商品紹介ページなどに、あらかじめガソリンの量を明記しておいてあげたほうが親切ですね。知人などに譲る場合は、取りに来てくれた時に手土産を持ってきてくれたことなどもあり、ガソリンが空に近い状態だったので少し気まずい思いをしたことがあります。個人同士での売買ならば最低でも自宅に帰れる程度か1/4程度入れておいてあげたほうが無難です。

毎日乗っている愛車であればガソリンの量を引渡し時に調整することは難しいと思いがちですが、引き渡す少し前からガソリンを金額指定でこまめに入れて下さい。1,000円単位で入れていけば引き渡す際に調整して渡せます。

 

 

ガソリンの量より気をつけておきたい点

査定でみるポイントは書類の確認から始まって車の外装を細かく見ていきます。車高や車の傾きなどを確認して事故や修復歴などをみることが目的です。ドアヒンジやボンネットのヒンジなどの歪みやボルトの脱着後など確認していきます。

ガソリンの量は先程お話した移動できる最低限で構いませんが、車をある程度確認しやすいように

傷や車の状態を自信持ってアピールできるように洗車をしておく
車内に残っている私物をすぐに持ち出せるように整理しておく
自動車関係の書類(車検証や自賠責保険、リサイクル券)書類をひとまとめに整えておく

などの気遣いの方が担当者もよっぽど助かります。

今までお世話になった愛車との別れですので気持ちよく査定してもらいたいですね。ガソリンの量はそれほど気にしないでください。

ただ、仮に間違って前日に満タン入れてしまってというときに古い車からガソリンを抜いて新しい車に入れ替えたい気持ちは分かりますが整備工場で専用の機械での入れ替えになりますので工賃を考えたら元が取れません。その時は、諦める新しい車のオイル交換の時に割引などできないか一言聞いてみるのもいいかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク