ローン 車 売却

大事に乗ってきた愛車を売却して、カーシェアリング生活に移行したかったり、カーリースで車にかかる経費を毎月定額にしたかったり、若しくは新しい車に買い替えを検討する際は必ず今の車をどうにかしなくてはいけません。新しく車を購入するなら下取りしてもらうか、廃車手続きをするのか、または車を売ること、人に譲るなどのどれかになってきます。

ただ、車のローンがまだ残っている状態では勝手に処分して良いか分からず迷うところです。車検証を確認したら使用者の名前は自分になっていても所有者の名前がローン会社の名義であれば自由に名義変更も出来ません。

このページではローンの残っている車の売却について考えてみました。

車のローンがまだ残っているけど売却して平気なの?
車の所有者名義がローン会社のままでいいの?
車を売った後にもローンが残る場合はどうしたらいいの?

こんな疑問をお持ちの方に、お役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

ローンが残っていても車の売却は可能!

私の車なのに私のではない??

ローンで毎月車の代金を支払っている先は信販会社か銀行などになるはずです。車の購入時に一括で代金を払いきれなかったために、ローンの支払先の金融機関があなたに変わって自動車販売店に全額を支払い済みなのです。ですから、自動車販売店は当然、販売価格全額を受け取っておりリスクはローンの支払先の金融機関が持っている形です。

車の販売に関わるローンは、単にお金を貸すキャッシングよりも審査は甘くなります。理由は販売した車自体が担保になるからです。
仮にローンの支払が滞り支払いの見込みがないとローンの提携先が判断した場合は所有権を主張して車を引き上げることができます。

そのために、車検証の欄の所有者はローンの支払先の金融機関の名前になっています。ローンが完済すれば名義変更に必要な書類を受け取り晴れて自分の名義に変更したところで初めて自分の車と言えます。

さっそく車検証を確認しましょう。

車検証に「所有者の氏名又は名称」の項目がありますが、自分の氏名になっていますか?それともローン会社の名義でしょうか。
自分の名義になっていれば自由に売却できるかと言ったらそうではありません。

ローンを組む時に契約書に所有権留保の条項があるはずです。所有権の名義がたとえローン会社だったとしても車の所有者はローン完済まではローン会社になります。
車を売る前に担当しているローン会社に一報を入れて売却したい意志を相談しておいたほうが無難です。

ただローンの残債があるからといって車を売れないわけではありません。その車はローンの担保になっているということです。
ローンの残債を一括で完済すれば当然に所有権は自分になるので売却することや処分することは自由になります。

一般的な方法になりますが、その車を売ってその資金でローン残高を返済すれば問題ありません。
ですのでローンが残っていても車を売ることは可能です。

ただどちらの場合にせよ、車検証の所有者名義がローン会社の場合には名義変更の手続が必要になってきます。

 

 

スポンサーリンク

車検証の所有者を変更するための手続き

ローンが完済しているのに所有者の名義を変更していなければ早めに変更しましょう。
もし車を売る先が車買取専門店であればすべて代行してもらうことも出来ます。
車買取店でなくともその他のディラーなどでも代行してもらえます。

代行してもらう時の費用は概ね10,000円前後になりますが車買取店ならば無料にて行ってくれる会社もあります。
自分で行う場合は登録手数料と申請書をあわせて520円になります。

自分でやったほうがおとくですね。

所有権を変更するための流れと必要書類は事前に把握しておくと便利です。

所有権の変更手続きは、普段車を使用している住所を管轄する運輸支局で行います。

必要書類は下記になります。

事前にローン会社に問い合わせして書類を取り寄せる必要があります。

ローン会社から取り寄せる書類

・譲渡証明書
・委任状
・所有者の印鑑証明書 発行から3ヶ月間が有効期限なので気をつける必要があります。

自分で準備しておく書類

・自動車検査証
・自動車税納付証明書

陸運支局にて購入して作成する書類

・申請書

 

 

スポンサーリンク

ローンの残っている金額に届かない場合

車を売却してもローンの残債額に届かない場合はどうなるのでしょうか。
先程、車を売却してその資金でローン残高を返済すれば売却できるとお話しました。ただ、売却してもどうしてもまだローンの残高が残ってしまう場合が問題です。

対策として3つ挙げられます。

 

・ローン残高を返済しきれないのに今の時点で本当に車を処分スべきか考える

ローンの残債が残ってしまうというのは車を購入してから余り時間が経っていないか、事故などで車の価値が下がってしまったかなどの理由かと思います。
どちらにせよ、ローンが残ってまで今すぐ車を売る必要があるのかをしっかり再検討してからでも遅くないかもしれません。

 

・もっと高い車の査定額がつかないか、もっと高く売れないかを考える

ローンが残ってしまうということは今の車の買取価格がローンの残高より安いのが原因ですよね。もしローン残高と同じ価格での買取まで査定額を値上げ出来たら残高は残らないはずです。
今の買取価格より高く車を買ってもらえるところを探すのも方法です。

一番手間なく手っ取り早いですが、下取りは比較的やすい査定になる傾向がありますので車買取専門店への売却が高額査定が付く可能性が高くなります。
車買取専門店であっても、競合を相見積もりをとってなるべく高く売れる努力をしてみましょう。
そのためには一括車買取サイトから一度に何社からか見積もりをもらうことが便利です。

さらに高値で売るのであれば個人売買になります。
知り合いやご友人に車を売るか、今車を欲しいと言われる方がいなければヤフオクやメルカリ、その他車の個人売買サイトなどを利用する方法があります。

・ローンの残債が残った部分を一括で支払う

検討しても今すぐ車を売りたい、これ以上高く売るための努力は出来ないとなるとローンの残債を一括で返済する方法になります。
現金を用意して一括払いすれば問題ありません。

・新たなローンを組む時に、残債を組み込んでもらう(あまりいい方法ではありません)

車を売却後に新たにローンを組んで車を購入予定ならば、新たなローンに上乗せして借金すれば完済も可能になります。
ただ、車買い替えの必要性とローンの借金が増えることを天秤にかけて再検討することをおすすめします。

 

ローンが残っている車の売却は可能?のまとめ

いかがでしたでしょうか。
ローンが残っていても車の売却は可能です。

ただ、売却してもローンの残債が残るようであれば慎重にご判断下さい。
愛車から卒業して新しい車生活を迎えるためにもしっかりと計画的に実行していきたいですね。

愛車を手間なく、高額査定をもらう方法とは?
「愛車が安く買い叩かれたらもったいない」
「でも、買取店をいくつも回るのも面倒」
「売却に時間も取られたくない。。」

なんてお悩みがある方もいるかもしれません。

「愛車をさっと高額査定してもらたら・・」

こんなことが可能になったんです。
大手買取店があなたの車を一括で査定
気が付けば高額査定
これがかんたん車査定ガイドです。

トヨタランドクルーザーの例で

下取りで提示された査定額から
なんと60万円以上の高額査定に成功!!

実はよくある話なんです。

 

愛車を安く買い取られてしまってからでは
もう遅い・・・です。

 

注目!!買い取り価格をどんどん上げてくれます。
スポンサーリンク