走行距離 10万キロ 下取り
愛車を手間なく、高額査定をもらう方法とは?
「愛車が安く買い叩かれたらもったいない」
「でも、買取店をいくつも回るのも面倒」
「売却に時間も取られたくない。。」

なんてお悩みがある方もいるかもしれません。

「愛車をさっと高額査定してもらたら・・」

こんなことが可能になったんです。
大手買取店があなたの車を一括で査定
気が付けば高額査定
これがかんたん車査定ガイドです。

トヨタランドクルーザーの例で

下取りで提示された査定額から
なんと60万円以上の高額査定に成功!!

実はよくある話なんです。

 

愛車を安く買い取られてしまってからでは
もう遅い・・・です。

 

注目!!買い取り価格をどんどん上げてくれます。

 

車の買い替えを検討する時に走行距離が10万キロが一つの目安になることが多いのではないでしょうか。

走行距離が10万キロを超えれば色々な部品などの交換も増えてきます。

自分ではもう査定にだしても値段がつかないだろうと考える方もいます。

ただ、日本車の寿命はドンドン伸びていて現在はきちんと整備されていれば20万キロでも問題なく走ります。

今回は走行距離が10万キロの車の下取りや買取について調べてみました。

 

これから走行距離10万キロの車を手放そうとお考えの方のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

走行距離10万キロはまだまだ!?

タクシー車両などは厳密な整備、頻繁な部品交換で50万キロでも安全に走っています。

また、日本車は東南アジア諸国では大人気で20万キロを超えた車が当たり前に街なかを走っています。

 

こうやってみると走行距離を気にするのではなく整備状況を気にすることが大切です。

東南アジア諸国で多くの過走行車の日本車がはしっている理由は、安い中古部品(リビルト)が流通していることや整備士の人件費も安いためにあります。

車は修理しながら長く乗ることが当たり前になっています。

ただ、日本では修理をするときは、なにも言わなければ新品部品で整備士の人件費である技術料も高いです。

そのため、使い込んだ中古車は整備して修理するよりも買い替えたほうが安いのではないかと考える様になります。

安全性についても走行距離が多いから危険などということは全くありません。

スポンサーリンク

走行距離10万キロは下取りや査定でも一定の減点に

このようにきちんと整備されている車両であれば走行距離は関係なく安心して乗れるのです。

ところが中古車市場からみた時は走行距離10万キロは一定の低評価につながります。

 

どうしても潜在的に10万キロというともうそろそろ車の寿命と考えている方もたくさんいます。

そのために買取査定の金額も10万キロを目安に一段階ガクっと落ちる傾向にあります。

もちろん下取りをしてもらえるかどうか、値段がつくかどうかは、その他の要因である車種やボディカラー、傷や故障などによっても変わってきます。

基本的には査定に出してみて正しい答えが分かります。

 

 

ディラーで値段がつかなければ買取店での査定も受けてみましょう。

車買取店に自分で持っていっただけでは、無料で引き取りますと言われる可能性があります。

もちろん無料で引き取ってくれても廃車にするとは限らず、また売ることもあります。つまり0円で買取しますということです。

1店舗だけではなく競合させることで正確な査定も見えてきます。

一括買取査定サイトなどを利用すれば多数の買取業者に査定をしてもらえます。もちろん0円と言われる業者もあるかも知れません。逆に20万円、30万円といった査定を出してくれるかも知れません。

スポンサーリンク

走行距離10万キロの車を出来る限り高い査定を狙うなら・・

査定の高い車であればこの様に一括買取サイトなどでたくさんの査定や交渉をすることで査定額をあげていくことが出来る幅も大きいです。

10万キロだからと最初から諦めたりすることなくどうすれば高く評価してもらえるかを考えながら売却手段を考えていくことが高額査定の要です。

それならばユーカーパックの様な窓口が一本化されていて電話対応や査定も1回だけで済むほうが手間がかからず便利です。

 

もし走行距離が10万キロを超えていて査定に出そうとお考えならばユーカーパックを試してみることをおすすめします。

ユーカーパックの公式ページはこちらから
https://ucarpac.com/

スポンサーリンク