軽自動車 下取り

愛車を手間なく、高額査定をもらう方法とは?
「愛車が安く買い叩かれたら嫌」
「面倒な電話対応はしたくない」
「売却に時間も取られたくない」

なんてお悩みがある方もいるかもしれません。

「愛車を手軽に高く売りたい!」

こんなことが可能になったんです。
面倒な買取業者との電話のやり取りなし
一度の査定で高額査定
これがユーカーパックです。
トヨタ ヴェルファイアの例で
下取りで提示された査定額から
なんと50万以上の提示に成功!!

実はよくある話なんです。

 

愛車を安く買い取られてしまってからでは
もう遅い・・・です。

 

注目!!オークション形式で価格をどんどん上げてくれます。
少しの手間を惜しむと
もったいない・・です。

軽自動車に乗っていて愛車を下取りしてもらおうと考えた時にどんな方法が良いかを考えてみました。

特にこのページでは長く乗った軽自動車で距離も過走行で年式も古い軽自動車をお乗りの方向けに記事を書きました。

 

年式も古く走行距離も多い軽自動車は、元々の価格も安いしそのまま廃車にしてしまったほうが手っ取り早いかもと考えている方もいるかも知れません。

軽自動車を売却してお金になるかもしれないけど、どうせ安いから面倒っだし次に車を買う販売店で下取りしてもらったほうが楽と思うかもしれません。

 

そんな方に、ボロボロの軽自動車を少しでも価値のつく方法でお金に変えられる可能性をお伝えできたら幸いです。

スポンサーリンク

軽自動車の下取りは普通自動車とは違う。

世界を見ても日本だけが軽自動車という自動車の中でもカテゴリ分けをしています。

 

軽自動車は、排気量、車格に制限があり自由な車の設計ができない半面、自動車税は特別に安くなっています。

元々は自動車と大きく区別されて、普通自動車と違って所有権の登録制度はなく、ほとんどの自治体では車庫証明も不要になっています。

 

軽自動車だけ優遇されているのは、その誕生からのルーツによるものです。

軽自動車だけに許されたメリットがあるので、その分人気が高く普通自動車とは違った価格になります。

新車で普通自動車を購入し3年乗った車検時に売却する際の相場は、車種によっても変わりますが概ね半額程度です。

 

軽自動車の場合は、半額まで値落ちすることは珍しくリセールバリューが高いといえます。

軽自動車の特別なメリットである、手続きが簡略、税金が安いなどの理由から中古市場でも人気があります。

 

スポンサーリンク

軽自動車の下取り前に考えておきたいこと

 

さきほどお話したように軽自動車は購入後の維持費も普通自動車に比べてかなり安く済むことから2台目、3台目の需要も満たしてきました。

見た目はボロボロの軽自動車でも、走行距離が10万キロを超えていても、年式が古くても安く雨風しのいで移動できる手段が欲しいと考える方はたくさんいます。

もちろん、すでにエンジンが故障しており修理に何十万もかかることが判明している低年式、過走行車の軽自動車であればその故障を直してまで乗る人はいないかもしれません。

 

ご理解いただければ嬉しいのが移動手段としての車を探す時にコストを一番に考えるとボロボロの軽自動車しか無いかもしれません。

愛車の軽自動車を処分する際に、お金にならなくても無料で引き取ってくれたらそれで充分、もしくは処分費用を負担しても安く処分できるならそれでいいと決めていらっしゃるのであれば下取りはいい方法です。

 

ボロボロの軽自動車の下取りであれば、査定額はつかずほぼ0円での引取になることが多いです。

逆に、今まで世話になった愛車の軽自動車に少しでも価値がつくのであれば、お金に変わる可能性があるのであればひと手間かけてもいいとお考えになる方は、下取りを最優先スべきではないかもしれません。

 

その方法については後ほどお伝えします。

スポンサーリンク

軽自動車の下取りに必要な書類は普通車とは違う。

 

普通自動車と違って軽自動車の書類の準備は少し違います。

 

大きな違いは軽自動車は登録という概念がありません。

そのため普通自動車で必要な実印は必要なく認印で大丈夫です。

また、譲渡証明書も必要ありません。

 

必要な書類
  • 自動車検査証(車検証)
  • 自賠責保険証明証
  • 軽自動車納税証明書
  • リサイクル券
  • 認印(100円均一で売っているはんこで大丈夫)

その他、持っていったほうがいいものとして身分証明書は有ったほうがいいでしょう。

もちろん免許証でいいので自分で軽自動車を運転して下取りに出すのであれば問題ありません。

 

 

軽自動車をローンで購入した場合は、車検証の赤枠の部分を確認して下さい。

軽自動車 下取り

ここが所有者が自分でなくローン会社だった場合はひと手間必要です。

このままでは下取りに出すことが出来ませんので、ローン会社から所有権を解除してもらう必要があります。

 

方法はローン会社に連絡を入れて必要書類を取り寄せておいて下さい。

後の所有権解除や車検証の名義変更は下取りにだすお店の方が代行してくれます。

その際に1万円前後の代行手数料がかかるかもしれません。

 

査定額から引いてもらえるかもしれないのでその辺りは事前に相談して下さい。

軽自動車を下取りではなく一手間かけてもいいと思わる方へ

ボロボロの軽自動車でもその車だからこそ欲しがっている方がいるのも事実です。

普通車のボロボロと比べ軽自動車はその後の特別な維持費の安さから価値が残る可能性が高い車です。

軽自動車の下取りでは、低年式の過走行車であればほぼ0円になるケースが多いことはお伝えしました。

ただ、次の車の購入店で下取りしてもらうことは手間もかからずとても便利です。

 

新しく車を購入するのであれば、新しい車の納車準備が出来た時点でお店に軽自動車を乗っていって軽自動車はお店において新しい車に乗って帰ってくればいいだけですので考えることもなくて楽ですね。

 

ただここからはひと手間かけても愛車の軽自動車に価値が付く可能性を考えてみたいと思われる方向けに書きますので必要ない方は時間の無駄になるかもしれません。

その上、ひと手間かけても結局同じく0円でなにも変わらないこともあると思います。

 

軽自動車 下取り

 

 

それでは続けます。

ボロボロであっても低年式であっても過走行車であっても価格によってはそれこそ欲しい車いう方も日本全国見渡せばいるはずです。

 

スクラップにするより少しでも乗ってもらえる方に引き続き大切にしてもらえたら嬉しくありませんか?

 

そういった方に出会える方法はこんな方法があると思います。

  1. 自身で知人や友人にあたってみる
  2. ヤフオクやメルカリ、車の個人売買サイトなどのマッチングアプリで探す
  3. 車買取店に何店舗か持っていって査定をいくつかもらった上で高いところに売却する

 

 

自身で知人や友人にあたってみる

軽自動車 下取り普段接している知人や友人ももしかしたら2台目、3台目に激安の軽自動車を欲しがっているかもしれません。

「奥さんがいま妊娠中で次の子供が生まれるから」とかで今すぐに車を探しているわけではなくても、あなたが軽自動車を処分しようとしていると知ったらいくらか出して欲しいと感じてくれるかもしれません。

その時に、注意しておいたほうが良い点は、親しい友人知人であっても車の売買にはトラブルがつきものです。

現状販売として、自分が知る限りの軽自動車の故障箇所など状況を説明し車を渡した後は責任は持てないことをしっかり伝えた方がいいです。

固くて嫌がられるかもしれませんが、親しい仲だからこそ売買契約書を作成してお互いに名前書いておけば後からのトラブルも避けられます。

 

ヤフオクやメルカリなどマッチングサイト欲しいと思う方を探す

知人友人よりもネットで個人売買の相手を探したほうがいいかもしれません。

普段からヤフオクなどを使い慣れている方であればそれほどハードルは高くありません。

購入はしたことがあるけど出品はしたことないとかヤフオクもメルカリも利用もしたこと無い方には少し面倒さが多いかもしれません。

それでもアプリの使い方は難しくありせんので挑戦してみるのもいい機会です。

もし相手が見つかり売却出来た際も売買契約書は必ず交わしましょう。

 

また、同じ個人売買とは言っても間に大手中古車販売のガリバーが間に入ってくれるサービスがあります。
ガリバーフリマです。

軽自動車の売買では個人情報の受け渡しや名義変更の手続きも必要になります。
ガリバーフリマではこのような手続きを代行してくれるので安心です。

ガリバーフリマについては別の記事で詳しく書いています。

 

 

車買取店に何店舗か持っていって査定をいくつかもらった上で高いところに売却する

知人友人にはその様な人がいないヤフオクやメルカリなども使い慣れていないので使いたくない
そもそも自分自身で車を個人に売るのは抵抗がある売買契約書とかよくわからないから面倒
軽自動車 下取り

この様に感じる方であれば、ご近所の車買取店を何店舗か実際に回って見積もりをいくつかもらった上で一番高いところに売却する方法をおすすめします。

 

車買取専門店は、買取のプロですので書類やその後の手続も安心です。

下取りとは違って0円前提ではありませんので、ボロボロの軽自動車でも価値がつくように来店いただいたお客様を無駄足にしないために努力してくれます。

ただ、1店舗目で即決するのはやめましょう。

 

何店舗か回ることで査定額の見積もりに差が出ます。査定額だけでなく条件が一番いいと思うところに売却しましょう。

 

 

 

車買取専門店を何社か探し出すのも、何社も回って査定の見積もりをもらってくるのも面倒であれば最後に2つの方法をお伝えします。

1)やはり下取りで手間なく安心して軽自動車を処分軽自動車 下取り

どうしても少しでも高く軽自動車を処分したい、売ることが出来るなら売りたいと考えると手間がかかってしまいます。

 

下取りのメリットは手間がかからないこと、その後の手続も名義変更等はプロが代行してもらえるので安心なところです。

査定額を高くすることはあまり望めませんが、下取りはその分のメリットがあります。

 

手間がかからないことと安心感です。

 

2)買取店が何社も登録されているサイトで多くの買い取り業者にみてもらう

この方法も少なからず手間がかかります。車一括査定サイトに登録したら一度に買取店から車を査定させてもらいたいとオファーの電話が来ます。

その後に日時を決めて自宅で待っていれば買取店の営業マンがきて査定額を出してくれます。

 

何社か見積もりが集まったところで自分が一番売りたい会社に売却する流れです。

ただ、電話が来て対応しなくてはいけません。

今まではこの電話対応が面倒と感じる方が多かったのですが、ユーカーパックは一括査定ではなくオークション形式なので電話はユーカーパックの運営元しか話さないで済みます。

 

まとめ:軽自動車の下取り@ボロボロなんですけどいいですか??

いかがでしたでしょうか。

軽自動車は車の中でも特別な車です。維持費がとても安さはどんなボロボロでも変わりはありません。

軽自動車を下取りする際の必要書類等はご理解いただけましたでしょうか。

 

最後に、低年式・過走行の軽自動車でも価値が付く可能性についてもお話できました。

愛車との出会いから色々な思い出もあると思います。

最後の別れの時も、納得行く方法を実行したいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。感謝

愛車を手間なく、高額査定をもらう方法とは?
「愛車が安く買い叩かれたら嫌」
「面倒な電話対応はしたくない」
「売却に時間も取られたくない」

なんてお悩みがある方もいるかもしれません。

「愛車を手軽に高く売りたい!」

こんなことが可能になったんです。
面倒な買取業者との電話のやり取りなし
一度の査定で高額査定
これがユーカーパックです。
トヨタ ヴェルファイアの例で
下取りで提示された査定額から
なんと50万以上の提示に成功!!

実はよくある話なんです。

 

愛車を安く買い取られてしまってからでは
もう遅い・・・です。

 

注目!!オークション形式で価格をどんどん上げてくれます。
少しの手間を惜しむと
もったいない・・です。

スポンサーリンク