車 査定 年式
愛車を手間なく、高額査定をもらう方法とは?
「愛車が安く買い叩かれたらもったいない」
「でも、買取店をいくつも回るのも面倒」
「売却に時間も取られたくない。。」

なんてお悩みがある方もいるかもしれません。

「愛車をさっと高額査定してもらたら・・」

こんなことが可能になったんです。
大手買取店があなたの車を一括で査定
気が付けば高額査定
これがかんたん車査定ガイドです。

トヨタランドクルーザーの例で

下取りで提示された査定額から
なんと60万円以上の高額査定に成功!!

実はよくある話なんです。

 

愛車を安く買い取られてしまってからでは
もう遅い・・・です。

 

注目!!買い取り価格をどんどん上げてくれます。
今まで大切に乗っていた車を処分する時に考えてしますのが、この車にお金の価値はつくのかな??ってこともあると思います。
それほど古くない車であればまだまだ売却できる自信もあるかもしれませんが、年式が古く走行距離もそれなりに走っていれば考えてしましますよね。

このページでは

車の売却を検討しているけどこんな古い年式の車でもいいの?
年式によって査定額はどれくらい変わるの?
車の年式が古いと下取りの方が有利って本当?

こんな疑問をお持ちの方にお役に立てると幸いです。

 

スポンサーリンク

車の査定時の「年式」ってなに?

車の年式とは自動車検査証に記載のある初年度登録年月日の年のことです。
つまり、初年度登録年月日が「平成30年」と記載があれば年式は平成30年 2018年式ということになります。

車の発売年でも、中古車を購入した年でもなく実際にその車を登録した日を指します。

 

 

スポンサーリンク

車の査定額が決まるポイントは年式だけではない!

車の査定額を決めるポイントは年式だけでなく、いちばん大切なのは需要と供給の関係です。
その車種を欲しいと思っている人が多ければ高額査定と繋がります。

車種の次にポイントになってくるのが主に3つです。
・走行距離
・年式
・ボディーカラー

買取専門業者が買取を行う時は業者専門のオークション相場や在庫台数などによって変わってきます。
年式が古い車は、買取業者同士でもかなり金額のばらつきが出てきます。

具体的に年式が古くなるとどれくらいの査定額が落ちるのでしょうか。
査定額の減額は車種などによっても大きく変わってきますので一概には言えません。

 

 

スポンサーリンク

車の査定では年式だけでなく走行距離とのバランスを確認される

車の買取では一般的に5万kmが一つの壁になってきます。基本的なバランスは1年間で1万kmが基準ですが年式が古くても走行距離があまり伸びていない車には人気があります。
逆に、年式は新しいのに走行距離が多い車では査定が下がりやすい傾向になります。

ただ、車種によって年式と走行距離のバランスでの査定額の減額にもばらつきがあります。
まずは車一括査定サイトにて愛車の相場を確認してみるほうが先決です。

スポンサーリンク