引越したら・・車の手続き@忘れると面倒な車の手続き

引越しは忙してくてついつい手続きを忘れがちです。電気や水道、インターネットの手続きや役所の手続きの中で車に関する引越し手続きについて纏めてみました。引っ越しした際の車の手続きをきちんとしておけば、リコールなどの情報も迅速に受け取れます。引越しの際に参考にしてもらえると幸いです。

スポンサーリンク

引越しをしたら車の免許証の住所変更をしないと身分証明書として使えない!?

まず、免許証の住所変更をしなくてはなりません。免許証自体は、いろんなところで証明書として使用できますが、住所が違っていた場合は、証明書として効力を発揮しません。なので、警察署や免許センターにて、現住所の登録の変更を頼みましょう。免許証の裏側に筆記がされ、はんこが押されて、住所が変更されたことが、証明として効くようになります。

免許証の裏面に記載があるだけで充分なので、免許を新しくする必要はありません。管轄署や免許センターに問い合わせるか、地元のサイトを確認して、必要書類をまとめ、免許の住所変更をしましょう。免許証住所変更の手続きが踏まれていない場合は、入社などでの手続きが滞ったり、社会的な証明の部分での滞りが出ます。

スポンサーリンク

引越しをしたら車の置き場所は変わりますよね。。車庫証明の手続き

車庫証明は地域にもよりますが、車庫証明の住所変更をしておかないと、車庫証明自体が失効した状態になります。これは、車のリアのグラスなどに貼ってあるものですが、車庫証明自体が義務付けられている自治体では、それも必須となります。車庫証明の住所変更は、これも管轄署にて行う事ができます。提出に必須書類は、管轄するサイトで確認して、手続きを済ませましょう。

車庫証明は、車の駐車場の住所指定と言われるもので、駐車スペースの位置情報を記入する欄があったりします。新車購入時だけでなく、引っ越して新住居の場所や、駐車場スペースが変わった場合は、登録を更新しましょう。

スポンサーリンク

引越しの車の手続きで大切な住所の変更をしておくこと。リコール情報などを受け取れる。

車検証の変更も必須になります。車検証の住所では、車の所有者もしくは、乗り手の情報を元に、ときおりリコール情報の提出がメーカーからかかることがありますので、車検証の情報が更新されていないと、告知情報が届かないことがあります。また、車検証の住所変更によって、法律の効力の場面もあります。ですので、車検証のケースでは早めに住所変更を願います。車検証の証明によって、自動車保険での手続きの意味合いも絡みます。

ですので、車検証の住所変更をしておくことは、車にまつわるさまざまな手続きの基礎ともなり、安全対策の一環としておこなってください。通常の乗用車では、陸運局になります。軽自動車では軽自動車検査協会になり、それぞれの提出書類は、管轄場所に問い合わせたり、サイトで確認しましょう。陸運局や、軽自動車検査協会では、窓口まで自力で行く必要があります。

そして、次回の車検時に回そうとすると、車検時の手続きが面倒になることがありますので、早めに提出しましょう。

引越し時の自動車保険の住所変更は手続きの順番に注意しよう!!

転居を基に新住所になった場合は、保険の住所変更もしなくてはなりません。これは、なにかあったときに、自動車保険の業者との連絡の更新や、その手続きなどで新住所に書類などが届かない可能性がうまれるはめになります。自動車保険には、自賠責保険と任意保険の二種類があります。自賠責保険では、車載のとおりに義務付けられたことですので、もしなにか起こった際に、手続きのスムーズさが面倒になる恐れがあります。

ですので、まず、自賠責保険の会社に連絡して、住所変更の手続きを依頼しましょう。そして、任意保険のほうも、住所の変更手続きを依頼しましょう。この際、車検証の住所の提出を義務付けられる場合もありますので、先に、車検証の方から、そして免許証の住所変更の手続きを済ませましょう。段階を追って、住所変更の書面手続きをする必要があります。
各種自動車の住所変更手続きには、住民票の変更の先じる必要もあったりしますので、自動車とは直接関係はありませんが、住民票の住所変更の手続きもセットでしておくと安心です。住民票は管轄の役場にて行います。

引越しをして住所が変わったのに自動車保険の住所変更をしてなかったら、色々と面倒があるかもしれません。

車の保険の住所変更をきちんとしておかないと、緊急な場合の手続きの滞りがうまれたりするので、早めに変更しておいた方が安全です。車の保険での住所変更ができていないばっかりに、自動車保険の更新日を忘れたりすることがあります。これは、自動車保険料の更新手続きにおける、割安のサービスなどが不可となる可能性もあります。等級を引き継いだ上で、更新手続きのスムーズさを受け継ぐには、自動車保険の更新日の前に手続きを済ませる必要があります。
ですので、任意保険の場合は特に引っ越し住所変更手続きを済ませておきます。
自賠責保険などでは、なにか事が起こると、担当の人が自宅に訪問する事もありますので、住所変更手続きをその際にしようとすると、面倒なことになります。
ですので、住所変更の手続きが、住民票を更新できると同時に、すべての車の証明関連を更新しましょう。

引越しをして住所が変わったらディラーなどにも伝えておきましょう。

車の住所変更手続きが終わったら、車のディーラーに新住所を伝えると完璧です。これは、次回の車検情報の更新や、ディーラーとの連結に依り、緊急時の対処方法を事前に知っておくことが可能だからです。同じメーカーのディーラーが一般的で、これは新車に限らず、中古車においても適用され得ます。
車の不調時に、車の整備関連で話を聞けるのは、同じメーカーの担当整備士が一番になります。ですので、車の不調があったと思えば、年式や車種が古くても、メーカーの整備士に聞いてみるのが最善の対策になります。
ディーラーとしても、そのナンバーの確認などをしておくと、次回の車検時のデータを移動できることがありますので、乗り手と整備士にとって双方の利益になります。

引越した先でもいざというときの車のドクターである整備士を見つけば安心。

そして、車の装備関連でも困ったことがあれば、直接一番近い整備工のいるディーラーが便利な助け手となります。車検時に一括して、車の整備をしてしまうと、車検費用の高額になる恐れがあり、信頼のおける整備士に頼みましょう。これは、カーショップや、ガレージショップでも代用はできますが、車のメーカーによって、専用の部品があり、汎用的なショップでは、車の不調の原因が解らない可能性は高くなっています。

車の不調を放置したまま、乗り続けていると、重大な事故に遭遇するおそれもあります。ですので、一番近い整備工の付いているディーラーの住所や場所を確認しておき、何かあれば、質問しにいくぐらいの、新住所でのクルマ生活に慣れてください。緊急時に聞いておく先は、自動車の不調であれば、それは保険業者ではありませんし、専門の整備士にしかわからないことがあります。

また、カーショップ・ガレージショップでの、部品交換にはディーラーからの部品納品が必要な事が多くあり、直接自動車メーカーの整備担当に伺って、そちらの在庫品で修理する方が早いです。ですので、行きつけのガレージショップがあったとしても、ディーラーの住所や、立地場所は知っておくようにしましょう。

車の引越しの証明書関係の手続きも忘れずに

これらの、自動車の住所変更にまつわる必要手続きですが、これらは、証明書関係として必須の事柄や、保険の手続きにおいて、必須となるケースになりますので、すべてを滞りなく行い、新しい住所でのカーライフを満たしましょう。

困った時に住所が違ったということになると、手続きのスムーズさに欠け、特に金銭のからむ話になれば、乗用の乗り手に損失があるケースがあります。
自身での責任をカーライフに果たしておくことは、安全運転に繋がります。

まとめ:引越しして住所が変わったら自動車保険の住所変更を忘れずに

いかがでしたか?車の引越の手続きは、引越しの他の手続きと違って毎月引き落としがあるわけでもないので忘れがちです。ただ、法律上でも決まっている手続きなので忘れずに行いたいものです。引越し時の自動車保険の住所変更には段取りがあります。まず、免許証。そして、車庫証明・車検証となります。

それ以外に、免許証の更新では、あたらしい住民票が必要になりますので、役場での住所手続きが先となります。それから、自賠責保険・任意保険の順に手続きを済ませる手はずになります。全ての住所変更を自動車に乗る事の責務として行えば、なにかあったときに、滞りない手続きができるようになります。
自分の住所を各種証明に違っていないか、確認しましょう。

免許証や車検証、車庫証明から始まり、自動車保険、引越し先の車のホームドクターであるディラーと手続きもたくさんあり面倒に感じるかもしれません。ただ、どれも車を維持するために必要なことですし、何かあった時に余計な手間や混乱を防ぐことでもあります。転ばぬ先の杖ではありませんが、引越し手続きのタスクの一部に追加しておいてもらえると幸いです。

スポンサーリンク