新車 中古車 メリット

車を購入し考えた時は新車で購入するか中古車で購入するか迷う方もいらっしゃると思います。新車には新車のメリットが、中古車には中古車のメリットがあります。今回は新車と中古車のメリットをそれぞれ考えて、最終的にどちらが得かを考えてみました。

今度車を購入しようと検討されている方、初めて新車を購入しようと考えている方のお役に立てると幸いです。

新車のメリットを考えてみました。

新車のメリットとはつまり、中古車のデメリットともいえる項目になります。新車のみにあるメリットです。

エコカー減税
最近人気のハイブリットカーなどに適用されるエコカー減税は基本的に新車に対しての減税です。ココ最近は高年式の中古車にも適応されてきています。基本的には新車に適応した減税になります。減税幅も車種によって変わってきます。おおまか10万から15万ぐらいの減税効果が見込めます。

新車保証
新車には自動車メーカーからあらかじめ保証がついています。この保証は新車を購入した方に付与される保証です。中古で保証期間内に譲渡されたとしても保証引き継ぎの手続きと費用を払わないと引き継ぎすらできません。新車保証の内容も充実しており、新車を購入して3年は間違いなく修理や故障に悩まされることはないと思います。

最新性能
運転アシストなど最新の技術が詰め込まれています。同じ運転するにしても疲労度が変わってくるかもしれません。ただ、これは高年式中古車で同じモデルであれば変わりません。新車だけのメリットとは言い難い項目です。

安全性
最新の安全性能についても最新型の車両には搭載されています。車間距離を自動で検知したり、車線を認識したり、駐車をサポートしたりと自動運転化の土台となるような安全性能が搭載せれています。ただ、これも先程の最新性能と同じで高年式の中古車ならば同じなので新車だけのメリットとは言いにくい項目ですね。

オプションが選べる
新車であれば、メーカーオプションも選択できます。もちろん中古車でもディラーオプションといって販売店で取り扱うオプションは後付できます。メーカーオプションは製造過程でメーカーが設置するオプションですのでこのメーカーオプションは新車のみの選択です。

価格の下落が激しい
次の中古車のメリットの部分でお話しますが、日本人は新品好きです。そのために新車から中古車に変わっただけで乗っていなくても価値は大きく下落します。

修復歴ありの車は絶対ない
中古車では修復歴ありとなる中古車があります。事故を経験していれば修復歴となります。ただ、その表記が100%必ず見逃さずにされているかは査定士の腕の見せどころです。ただ、人が行うことですのでミスもおきても仕方ありません。新車にはありえないので新車のメリットと言えます。

車のコンディションが一律
新車でも故障が比較的多い、ハズレなんて呼ぶこともあります。ただ、中古車に比べれば比較にならないほど車のコンディションは一律です。

相場の乱高下がない
新車は販売価格が決まっているので相場で価格が乱高下することはありません。ただ、値引き交渉がスムーズにいく時期とそうでない時期があります。中古車の場合は需要と供給の関係で中古車の価格は変わります。

任意保険の新車特約が付けられる
任意保険に加入する際に新車特約で割引が付けられます。中古車であればできないので新車購入のメリットといえるでしょう。

 

 

中古車のメリットとは

中古車のメリットは裏を返せば新車のデメリットになります。

リセールバリュー
新車を購入して数年乗ってから売却した差額が実際に新車を購入した費用になります。中古車であっても同様です。このどちらがリセールバリューが高いかと言えば新車の人気車種かどうか、中古車の人気車種や走行距離などによって変わってきます。先程のお話しました日本人は新品好きです。マンションも新築に一番人気が集まります。一度、新築に入居すればその後は直ぐに中古になります。新車も同様で車の場合は特に、車を登録しただけで中古車扱いです。
新品というブランドに価値があります。中古になれば2回目も3回目も回数での価値の減少は軽微です。もちろん中古車も2回目まではワンオーナーということで1人のオーナーだけが所有していたということで価値があります。
新車と中古車のリセールバリューを比べるには先程お話したように色々な要素が絡んできます。ただ、同一の値落ち率と考えるだけでも中古車の方がリセールバリューは高いです。例えば300万の新車と100万の中古車がともに半額になることを考えるとそれぞれ150万、50万になります。リセールバリューは150万と50万なので100万円の差額で中古車の方が有利です。

交渉が基本的に不要
中古車は1台毎に商品がバラバラです。もし予算に届かなければ値引きではなくて違う条件の中古車を探せます。ですから、値引き交渉は基本的に不要です。もちろん中古車は値引き交渉ができないわけではなくしても新車ほどの値引き額がでるわけではないということです。一方、新車の場合は購入する車は車種やグレード、ボディカラーを決めたら一緒です。後は、どの様に値引き交渉をするかを考えなくてはいけません。あまり大きな値引きを狙わないのであれば交渉は不要です。ただ、同じ新車を購入して10万も違えば後から悔しさが出てきます。

選択肢が多い
中古車ならではの価格に対する選択肢が多いことがメリットです。同じ車種であっても走行距離や年式により色々と選択することができます。新車の場合は現行型しか選べません。

価格が安い
新車に比べて一度でも乗られた車は安くなります。新車と中古車の決定的な違いです。

新車で乗れない車にのれる
新車時は高くて乗れない車も中古となれば安くなります。昔の憧れていた車が中古となり年式が古くなれば予算に届いているかもしれません。

納車が早い
新車の場合は在庫車であれば比較的早めに納車されます。ただ、通常は注文してからのメーカーオプションなどを設定するために工場から輸送する時間などがかかります。

既にカスタム済み
新車を購入してから自分好みのホイールやマフラーを買えてカスタムすることはできます。ただ、費用もかかりますし純正部品も無駄になってしまいます。中古車ならば他とは違ったセンスのいいカスタム済みの車を購入することも出来ます。

気楽に車を購入できる
これは価格帯によるところもあります。激安車と呼ばれるような中古車であれば新車の電動自転車並の価格で購入できるので車の購入の精神的ハードルは低くなります。またその様な車であれば初心者であってもあまり傷を気にしないで運転できる安心感もあります。

自動車取得税がやすい
自動車取得税は車の価値に対して算定される税金です。中古車は価格が安くなる分自動車取得税も安くなります。

 

まとめ:結局新車と中古車どちらが得?

いかがでしたか?
ここまで一気に新車と中古車のメリットについて話をしてきました。結局それぞれにメリットがあります。メリットの裏返しがデメリットです。購入するご自身がどちらに魅力があるかを判断されるのがベストです。そのためには、新車で買おう、若しくは中古で買おうと決めつけるのではなくそれぞれの情報を持ち合わせて決めることをおすすめします。新車で購入するより中古車で買えば50万円安いからこのお金で購入した車で旅行をたくさんするなど他の使い方も出来ます。
もし、いま車を購入しようとされていて、新車にするか中古にするか迷われていならば一度両方の見積もりを取ってみませんか?新車見積もりであれば先程中古車のデメリットでお話したように交渉をしっかりしないと値引き額が出せません。その時間も手間もかかりますので私は新車一括見積もりならばオートックワンがおすすめです。webから簡単にできて、入力は最短で60秒で新車見積もりが出来ます。加盟ディラーも4,000店舗あり、月間の新車見積もり件数が65,000件と実績もあります。未使用車を買う前に念のために新車の見積もりも取っておこうとお考えになる方がいらっしゃいましたら下記からどうぞ

また中古車ならばズバット車販売をおすすめします。中古車探しも普通ならばネットの情報で検索すると思いますがネットに出ている情報はごく一部です。中古車は毎日生まれてきます。既に公開されている情報は仕入れて整備が終わって販売できる状態で販売店が広告費を払って掲載しています。公開されていない情報のなかに、本当に安くていい車もたくさん眠っています。これら公開前の中古車や非公開の中古車は、公開されることなく直接お得意様などに流れることも多くあります。ズバット車販売ではこの非公開情報からもプロが中古車を探してきてくれます。もちろん無料です。気に入った中古車に出会わなければ購入する必要もありません。また自分でネットで探せばいいだけです。ズバット車販売はかなりオススメ出来るのでもしご興味がありましたら下のボタンからどうぞ

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク