NOREL(ノレル)にはたくさんの車種が用意されています。
手軽で多くの車種が用意されているのは中古車であるからが1つの理由でもあります。

かなり話題のNOREL(ノレル)ですが多く目にするのはが高級外車のアウディやベンツ、BMWやポルシェなど価格の高いクルマばかりで月額料金もそれなりに高くなってしまいます。できれば月額料金も安くて気軽に使える軽自動車で乗り換え自由なNOREL(ノレル)を利用したいと思われる方もいらっしゃるはずです。

 

このページでは安全な軽自動車の中古車がNOREL(ノレル)にあるかどうかを検証していきます。
安全な軽自動車とは?
NOREL(ノレル)をつかったら何が便利?

 

こんな方に読んでもらえると幸いです。

これは主に軽自動車タイプの4WD車に見られたりする傾向でもありますが、どうしても車両本体の軽さや設計仕様面での事情もあって、車体全体が安定を中々しない車両タイプの車種なども多く存在しています。

割と車高が高めな上に、タイヤと車輪の幅が大きめなものが多いので、そのような仕様である車両を入手したりするのは控えるようにする事が無難です。

 

NOREL(ノレル)で軽自動車を選ぶ際のポイント

アウトロー状態の荒れ地の走行、渡河走行、雪道・凍結路面での走行などには良いかもしれませんが、なにせ安定性の面に欠けがちなところがどうしてもありますので、これがきっかけに、とんでもない走行時あるいはそれ以外での事故その他の何らかのトラブルを招いたりしてしまう事も、大いに考えられます。

これは主に軽自動車タイプの4WD車に見られたりする傾向でもありますが、どうしても車両本体の軽さや設計仕様面での事情もあって、車体全体が安定を中々しない車両タイプの車種なども多く存在しています。

割と車高が高めな上に、タイヤと車輪の幅が大きめなものが多いので、そのような仕様である車両を入手したりするのは控えるようにする事が無難です。

スポンサーリンク

タイヤ交換がしやすい軽自動車って??

こうした事情もあって、軽自動車タイプでの4WD車両の入手をしたりする際には、なるだけ車高があまり高くは無くて、その上、車輪やタイヤの幅がなるだけ大きくはない、最小サイズのものを選ぶ事がやはり無難です。

今話した最小サイズの幅である車輪・タイヤを選ぶ事が無難であるという理由としては、やはり、非常時でのタイヤ交換時において、オプション用のタイヤと装着をされているものとを入れ替える際に、持ち運びがしやすいといったメリットがある点です。
タイヤが小さい分交換時に、車輪部分へジャッキで車体を上げている状態の時に新しいスペアのタイヤを装着をする際に、持ち上げたりし易いといった点で、とても安全であり、女性の方や体力に自信が無い方にも、交換作業がし易いので、安心出来るからです。

 

スポンサーリンク

NOREL(ノレル)にも軽自動車の4WDがある

https://norel.jp

 

確かに4WD車では車輪が大きい程、横向きの溝で縦向きに進んだ場合ならば填まりにくいといった利点がある上に、泥道や雪道でも4WDエンジンに切り替えて走行が可能な面もありますが、決して万全な仕様であるとは言えません。

このような特性をつい過信をしてしまい、時には無理な走行環境下で途中で予想だにもしないトラブルに遭って、立ち往生などをしたりしてしまう羽目にもなりかねません。

その上、そうした4WD車両での場合には、車輪やタイヤの幅が大きければ大きい程、普通の舗装をされた平地の道路を走りにくいといったデメリットもあります。

これは先にも話したように、そうした車両の場合には、元々普通のセダンタイプである軽自動車では走りにくい、あるいは走行自体が不可能な環境での走行が可能である事を前提に設計をされたりしていますので、そうした設計面での実態がある点に関しても、よく理解をした上で入手に関しての判断をしていく視野が大切です。

 

 

 

 

NOREL(ノレル)ならば気軽な負担で軽自動車にノレル\(^o^)/

スポンサーリンク

NOREL(ノレル)による、中古の軽自動車の利用がお薦め

大抵の一般庶民である、いわゆる低所得者層にあたる方の場合には、幾ら軽自動車タイプの4WD車両を欲しくても、まずはそれを新車で購入をしたりする事自体、現在のご時世を考えたりしてみても、それが不可能である事は明白です。

そうした事情から、新車で購入といった形での入手手段を選んでいく事自体は、どうもメリットがある方法とは言えない面があります。

 

そうした事からやはり、中古車での購入を検討していくといった道も無いではありませんが、この場合、格安で旧式仕様である4WD車両の購入が無事に叶ったとしても、決して喜んではいられません。

NOREL(ノレル)ならば90日すぎれば違う軽自動車へ変更可能

そのような車両を例え約10年近く所有し、ローンなども完済を無事に出来たとしても、その車を製造をしたメーカーで、その車両用の部材の生産が技術革新などを事情として生産中止となり、それでやむを得ずに手放したりするといったケースも、決して珍しくはありません。
よって、中古車での購入の形なども、あまり薦められない面があります。

更にはレンタルサービスの利用なども、長期での利用をしたりする際にはレンタル料そのものが日割り計算である以上、たちまち料金総額が高額になり、大変な事態になってしまいます。

以上の各事情から、低料金相場の月々の金額で利用が可能であり、途中解約が可能である中・長期のリース契約による、新古車の利用がお薦めです。
これは一般的な長期利用をメインにした途中解約が出来ない一般のリース契約のものとは異なり、約90日以上過ぎた事を条件の下、途中解約や車両変更などが可能な仕様になっているリース契約サービスです。




 

NOREL(ノレル)ならば軽自動車の自動車保険も含まれている

契約中には燃料代を除く、車検代・維持管理費・任意保険の全てをサービス運営者側が持ってくれる上に、毎月の低料金で利用が出来るようになっているサービスですので、本当にありがたい、車両提供サービスです。

ただし、中でも任意保険の加入の際の保険会社を自分で選んだりする事は、基本的には出来ないようにシステム上なっています。
この点を理解をした上で、同サービスの利用をしていく必要性があります。

これで中・長期のリース契約であり、将来的に車両本体分の購入価格相当分のリース料を完済した暁には、その車両の所有権を取得出来ますので、低所得層の方にはやはり最適な、軽自動車の購入方法の一手段と言える面もあります。

これからの将来を考えてみると、このような形態での自動車の入手方法が普及していく可能性は大いに考えられます。

 

 

 

 

 

NOREL(ノレル)を活用して、新しめの軽自動車を狙う!

 

これは先の第2段落で話した内容の続きになりますが、新車での購入価格相場の高さ、中古車でのメーカー側による技術革新の面での問題、何れのタイプの車両ではあってもやはり、軽自動車入手の面で解決をしていく課題があります。
このような事情から、やはり、低額で入手が可能であり、極端に古くは無い車両である、いわゆる「新古車」タイプの車両を、NOREL(ノレル)で入手をしていく形が、低所得層の方にはやはり、最適な方法と言えます。

 

NOREL(ノレル)で契約前の段階では軽自動車のメンテナンス情報をしっかり確認

 

確かに新車の諸機能よりかは劣る面があるものの、それでも時の新車には近い機能がありますので、バッテリーやエンジン部分の交換などの面ではあっても、大して技術レベルに変わりがありませんので、その点でその時の部材類で十分対応が可能です。
そしてその上、基本的にリース契約でありながら途中解約、車両変更申し込みなどもサービス上可能になっていますので、とてもサービス面においては何も言う事はありません。

そしてこれは車両本体の仕様などにもよりますが、月毎の利用料金の相場も、車種や型式、年式、グレードなどによる違いがありますので、これらの点も契約前の段階ではしっかりと、情報確認の方をやっておく必要があります。
例えば、同じスズキ社製のジムニーではあっても、2008年式と2014年式とでは、やはり、支払い料金の相場が異なる上に、幾らかメンテナンス面での負担割合などの違いもあったりします。

 

軽自動車の経費負担はNOREL(ノレル)がしてくれる

また、少し古めである車両の種類によっては、修理などの際で部品や部材の調達面の際に、サービス運営者によっては利用者本人負担にしたりするようなケースも報告をされたりしていますので、そうした面の有無に関しての情報確認なども、やはり大切です。

リース契約の軽自動車類の中にも、普通乗用車や大型自動車などには性能的にもひけを取らない車両の車種・型式・グレードなども多く存在しています。
そして車検や任意保険、メンテナンスなども全て、サービス運営者側持ちですので、そうした面でも利用価値は大いにあります。

 

 

結論として言いたい事は、中・長期のリース契約での新古車である軽自動車の入手が、誰にでも負担が少ない最良の形という事です。この事はやはり、これから軽自動車の入手をしていく上で、心得ておく大事な知識でもあります。

 


スポンサーリンク