オイル交換を安くする!ガソリンスタンドやオートバックスなど

オイル交換は車にとって大事なメンテナンスの1つだと言えます。そのオイル交換も知恵の1つで節約することも可能です。しかし、オイル交換をすることで車のどんな部分に良い影響があるのか分からない人もいるかもしれません。オイル交換のオイルとはエンジンオイルのことですが、この部分を交換をすることでエンジンの性能が低下して車が故障してしまうリスクを軽減させることができます。
オイル交換はどのくらいで交換すれば良いのか走行距離が大体の目安となっています。車を長持ちさせるためにも必要なオイル交換。ただ少しでもオイル交換を安くしたいですよね。そのためにもまずは相場感を理解しておきましょう。

スポンサーリンク

オイル交換を安くするためには、必要性と相場を理解しておこう

 

一度オイルの交換をしてもらったならば、次に交換するまでの走行距離を車に貼ってもらうことができます。その距離を目安としてオイルの交換を行えば車をしっかりメンテナンスできます。オイル交換をする場所に関してもいろんな場所があり、ディーラーやカー用品店、ガソリンスタンドなどで行うことができます。もし、ディーラーでオイル交換を行うならば、車にもよりますが相場は1500円台が相場です。良いオイルを使用しようとすれば、その分値段も高くなり8000円から1万円以上の相場になります。

そのくらいの値段になる車はレガシィやBRZなどになりすが、ディーラーでオイル交換を行ったときは信頼もあるので、頼みやすいという点もあります。また、ガソリンスタンドでオイル交換を行うこともできますが、標準的な値段の相場になります。1Lあたり1000円ほどの値段となっているので、キリの良い数字となっており計算もしやすいです。オイルの代金は安いと言えるので、オイル交換を安くして抑えたいと思うならば、ガソリンスタンドを利用することもできます。また、オイル交換の際に予約をしなくても良いので自分の好きなタイミングでオイル交換をしてもらえます。

スポンサーリンク

オイル交換を安くしたいならば知っておくべきことは何か

オイル交換をを安くするにはディーラーやガソリンスタンドなどの場所の選択肢によって安くすることができます。ディーラーや整備工場ではオイル交換をする際に予防的なトラブルを見つけて直してもらうこともできるので、安心感を得ることはできます。しかし、使用するオイルは決まっており、選択肢があるのかというと無いと言えるので、格安でオイル交換をしたいときは難しいと言えます。そのため、少しでも安く済ませたいと思うならば、オイルを選ぶことができるカー用品店や車検のチェーン店などでオイルを選択することによって安く済ませることができます。

もし、安く済ませるならばオイルの選択肢も重要になりますが、お店もさらに細かく見ておくと良いです。例えばオートバックスならばオイル交換サービスを500円台という低価格で行ってくれます。これが工賃なのでオイルの代金は別途になりますが、もし1000円ほどのオイルを購入して工賃500円ならば1500円ほどでオイル交換をしてもらうことができ、非常に安くオイル交換を行うことができます。
メンテナンスカードの会員になればオイル交換工賃が無料ともなりますし、対象となっているオイルを特別価格で購入することができるので、安く良いオイルを購入することができます。

また、イエローハットでも500円台の工賃でオイル交換を行ってくれます。オイルは別途になりますが、こちらも1500円ほどでオイル交換を行うことができるようになります。オイル&ポイントカードに入会すればオイルフィルター工賃が1年間無料となるので、メンテナンスを考えるならばおすすめできる特典です。

スポンサーリンク

一番安く済ませる方法はオイル交換を自分で行うこと

オイル交換を自分で行うことができるようになるならば、工賃台は無くなりオイル代だけで済ませることができます。知っておくだけでも違いがあるので少し紹介します。オイル交換を行うには車のオイルを抜くことから始まります。まずは数分間エンジンを暖めておくと良いです。オイルレベルゲージを抜いてから手動式オイルチェンジャーというと工具を使用することによりオイルを抜くことができます。オイルを抜いたならばレベルゲージを元に戻して新しいオイルを車に入れていきます。
多く入れすぎず、少しづつゆっくり入れていくことが大事になります。レベルゲージでオイル量を確認して適量になればオイル交換は完了となります。

このような手順となっていますが、オイル交換に関して複雑なところはあまり無く、覚えてしまえば自分で行うこともできるようになります。オイル交換を安くするために自分で行うことも念頭に置くならば、ぜひ覚えておくことをおすすめします。オイル交換は場所やオイルの種類、工賃という点を考えていくならば値段を安くしていくことができます。自分の用途や車の種類に合わせて選んでいくことによってオイル交換の値段は上下しますが、調査せずに行うならばオイル交換は高い費用となってしまいます。

オイル交換を安く済ませたいと思うならば、カー用品店のポイントやサービスを利用することもできます。オートバックスやイエローハットはサービスが良いので利用しやすいです。しかし、自分でオイル交換を行うことが1番安く済ませる方法だと言えます。

おすすめエンジンオイルは

CASTROL(カストロール) エンジンオイル EDGE 5W-40 SN 全合成油 4輪ガソリン/ディーゼル車両用 4L [HTRC3]

ぜひ、オイル交換の手順を覚えてオイル交換をできるようにすることをおすすめします。

スポンサーリンク