転勤 車 どうする

転勤で車をどうするか悩みどころです。転勤とは言っても都心から地方への場合と地方から都心への場合があります。車の利便性や維持費などを考えた場合どの選択をするればいいでしょうか。
今回は転勤のパターンに合わせて車の利用方法を考えてみます。

 

転勤が地方から都心の場合は車はどうする?

地方と都心では車の維持費に大きな差が発生します。都心部の駐車場は3万円から5万円程度の金額です。都心部から車で30分程度離れても主要駅の駅チカであれば2万以上はします。その上、自宅のそばに駐車場が借りれるとは限りません。地方と違って都心部の賃貸物件に駐車場付きは地方に比べると非常に少ないです。そのため、住みたい物件を見つけても駐車場は別に探さなくてはいけません。
歩いて10分となる駐車場などになりかねません。そうなると駅に歩いたほうがよっぽどはやいなどと言うこともあります。都心部で車を維持するためには、今までの自動車税、任意保険、車検などに加えて駐車場代金が大きく上がります。これだけの車の維持費が跳ね上がっても車を活用するメリットがあるでしょうか。

スポンサーリンク

都心での車の使いにくさ

店舗に駐車場の用意がない
地方では買い物に出た時の店舗には駐車場があります。いつ車で出かけても駐車場の心配がいりません。都心部ではほぼ、お店の駐車場はなくコインパーキングも1時間で400円から2,000円程度することも多くなります。そのコインパーキングでさえ満車のことも多く、到着してからの駐車場探しに苦労します。

都心部では地下鉄が充実
都心部では地下鉄の駅がたくさんあります。電車も昼間であれば3分おきぐらいきます。都心の移動は電車の方が便利です。コストを考えても駐車場代、ガソリン代からみても電車の方が断然安く済みます。

渋滞が酷い
都心部の渋滞、特に幹線道路や首都高速などの通勤ラッシュの渋滞は酷い状態です。それ以外の時間帯は比較的スムーズなこともありますが、都心部で車で通勤を考えると電車の3倍の時間を見ておいたほうがいいかも知れません。

※都心部とは東京都で言えば山手線の主要駅を指しています。

 

スポンサーリンク

都心部では車はいらないか?

都心部で暮らすのであれば転勤をきっかけに車を手放して、車なしの生活も特に不便は感じないでしょう。都心では車の所有率もかなり低いことが想像できます。ただ、休日に少し郊外に出かけて大きな買い物をするとき、荷物を運ぶ時は車なしでは難しくなります。特に、地方で車中心の生活を送っていた方であれば車がない不便さは感じてしまいます。

 

これまで話してきたことをまとめると下記のようになると思います。

都心で車どうするかのまとめ
転勤で地方から都心に 車どうする?
都心部で車を維持するのは駐車場代が高額
駐車場が自宅のそばで見つけるのも大変
お店などにも駐車場がないので常に車を停める場所を意識しなくてはいけない
それを考えると電車やバスなどの公共交通機関が便利
でも、休日や大きな買い物に車があると便利
地方で車中心の生活から車なしの生活は不安もある

この悩みを解決するのがカーシェアです。地方ではカーシェアのステーション(設置場所)の数が少なかったり駅のそばだけだったりするので利便性がまだ高くないケースが多くあります。都心部では駅のそばだけでなく、あらゆるところにステーションがあり車を探しに行く必要がありません。カーシェアのあるマンションや、都心部であれば歩いて5分圏内にカーシェアがあるケースも多くあります。

カーシェアであれば、車の維持費もかかりませんし、駐車場代も必要ありません。またレンタカーと違い必要なときに必要な時間だけ(例えば15分間だけ)などの利用に適しています。もし地方から都心部に転勤の予定が立ったら物件探しと同時にカーシェアのステーションの確認はしておいたほうがいいかも知れません。

タイムズカーシェアはステーション数が一番多いので便利です。

また、都心への引越しを考える際は今の愛車を少しでも高く売却できるように査定をしておくことをおすすめします。

引越しの忙しい中でも営業電話がなくて安心です。

転勤が都心から地方の場合は車どうする?

今度は逆に都心から地方への転勤を考えてみます。先程申し上げた都心での車の不便さの全く逆になります。

店舗には大体駐車場が備わっている
地方にも寄るが都心ほど公共交通機関が充実していない

つまり車がないととても不便な生活を強いられてしまう可能性があります。車は購入しておいた方がいいでしょう。

10年保証や返品制度もあります。

車の購入も長期間地方に滞在するのであれば選択肢の1つです。ただ、半年間とか1年間と期間限定の転勤ならば車購入の手続きの面倒や、また都心に戻る際の売却の面倒を考えると悩みます。また、期間限定の転勤ならばカーシェアも方法ですが、地方ではそれほど車両台数も多くなく都心ほど便利には使えません。レンタカーは1ヶ月などの単位で借りるには高額過ぎます。

 

スポンサーリンク

転勤が期間限定の地方ならば・・

短期間のカーリースをおすすめします。カーリースというと5年間だとかの長期に渡っての契約になってくるのが普通ですが90日で簡単に解約するなり乗り換えるなりが出来るサービスが登場しました。2017年まではあくまで一部地域でしたが、現在は沖縄以外であればどこでも利用できます。

それはガリバーが運営しているNOREL(ノレル)です。軽自動車から高級外車までラインナップされているので本当に乗りたい車を選べます。その上短期間(90日)で解約もできるので少しの転勤でも問題なく使えるサービスです。

NORELには色々な車があります。19,800円から選ぶことが出来るので好きな転勤の期間だけ、地方を楽しむなんていかがでしょうか。
例えばこんな車はいかがでしょうか。

転勤 車 どうする

出典:NOREL

NOREL公式ページはこちらから


地方の転勤の間だけ本当に好きな車で一緒に地方を楽しむことも出来てしまいます。ぜひ、どの様な車があるか検討するのも面白いかもしれません。

 

転勤で車どうする?のまとめ

いかがでしたか?
転勤とはいっても地方か都心かによって車をどうするかは変わってきます。また転勤の長さによっても変わります。それぞれ適切な車の利用方法を選択することでより便利な車生活が送ることができるでしょう。

最後に転勤前に自分の車の処分を考えているならば少しでも高く売れたほうがいいですね。車買取一括サイトのランキングをおいておきますので良かったら参考にしてください。

最後までお読み頂きありがとうございます。

愛車を売却するならランキング

UcarPAC(ユーカーパック)

ユーカーパックは車一括査定ではない!業者間同士で競り落とすオークション。
  • 車買取業者同士でオークション形式
  • 最大2000社以上の車買取業者からオークションにて査定額を提示
  • すべての窓口が運営元なので電話は1本のみ
  • 下取りと車一括査定サイトの中間の手間
少しでも高く車を売りたいけど手間も極力減らしたい方
交渉が面倒で時間も取りたくない方

カーセンサー.net簡単ネット査定

提携企業数が多いのが特徴。カーセンサーは500社と頭一つ抜きに出ているというか圧倒的
  • 提携業者数が500社と他を圧倒
  • 最大見積もりも30社
  • 運営会社もリクルート

数多くの買取業者と交渉して少しでも高く愛車を売りたい方にはおすすめです。またカーセンサーは昔から中古車販売雑誌があり知名度があるので安心して利用できます。運営会社もリクルートです。

備考欄があるのでメール連絡希望と記入することができます。電話をかけてもらう時間指定も可能ですのでご自身の都合のいい時間帯を指定することができます。

売却価格に努力を惜しまない方や交渉が好きな方などにおすすめできます。 しっかり手間をかければ買取業者の数も多いので最高額を引き出せる可能性が一番高いです。

 

カービュー
なにより「トヨタT-up」と提携していることは心強い
  • 車一括買取サイトを始めたのがカービュー
  • みんカラ(みんなのカーライフ)など車情報サイトとしても質が高い
  • 「トヨタT-up」は大手ながら他の車一括査定サイトには参加していません。
ヤフーが運営する老舗サイトです。車一括買取サイトを始めたのがカービューです。運営歴で言えば一番長いので安心です。 なにより「トヨタT-up」と提携していることは心強いでしょう。「トヨタT-up」は大手ながら他の車一括査定サイトには参加していません。
「くうまたかし」という姉妹サイトがあります。こちらも広告効果の測定のためでありサービスなように変わりはありません。

 

スポンサーリンク