車の買い替えに無駄省く@2つの大きな段取りをしっかり検討することが大切

車の買い替えには、現在の愛車の処分と新しい車の入手の2つの段取りが存在します。嬉しくて新しい車の購入のことを考えるほうが楽しいですよね。でも、今の車を安く処分してしまえば車を高く購入したのと変わりません。車の買い替えを成功させるためには、愛車の処分にも新しい車の入手にも気を使って検討する必要があります。

何をもって車の買い替えの成功というかは別として、一つは経済的な失敗をなくすことが大切です。車の処分も高い査定で買取をしてもらうことや、値段のつかない車ならば無駄な手数料を少なくすることなど考えることや必要な知識や情報もたくさんあります。人生にたくさんあるわけでない大きなお金が動くときです。よく考えて対策していきたいですね。このページでは車の買い替えに少しでもお役に立てるような情報を纏めてみました。

スポンサーリンク

新車の買い替えを無駄を省く

新車の買い替えは、通常新車を持っている人がしやすいと言われています。これは、年式の浅い車で、中古市場に売り渡し、新車の頭金などに充てる方法がまず一つ。もう一つは、ディーラーでの新車への買い替えで、半分のローンをどう残し、次へつなげるかと言う方になります。もしくは、他社のメーカーの車であれば、ディーラーを介する方法と、介さない方法があります。

まず、新車を売り渡してから、新車を購入する方法ですが、これは、中古市場で高く買ってくれるかどうかと言う問題があります。つまり、次の新車の頭金の為に、いくらかでも高く売りたいわけです。そのために、中古車市場での査定価格を調べる、ネットサイトはいろいろあります。これらは、ディーラーに直接売るのではなく、第三機関として、買い取り相場やその競合により、ユーザーの利益を増やそうとする仕組みです。なので賢く利用して、次の新車の頭金に利用します。
もしくは、おなじディーラーで頭金の分までの含みを持たせた、半分ローン以下の決済に依り新車を購入する方法があります。これらのサービスは、新車をディーラーで購入した時に、いろいろ付いているはなしですので、直接ディーラーに聞いてみましょう。おそらく、半分ローンがかなり減った段階での購入手続きになるので、次の新車の足しになるような払い方と、期日を守ったやり方が必要になります。

新車の買い替えをお得にする方法としては、その他、年式としての優位性と、その車検整備の順当さも挙げられます。これらは、中古車市場では調べたうえで現物を通して、査定が入ります。

スポンサーリンク

中古車の買い替えの無駄を省く

中古車の買い替えをお得にする方法は、まず、中古車市場での現在の中古車の査定金額を見積もる事と、それに合わせて、車の維持費としての整備費用が車検等でどのくらいかかっているかを、自身で計算する事です。これは、中古車をまず売り渡し、次の中古車の頭金にする方法としては、事前の計算として、狂う事も考えられます。
中古車市場での買取価格は、一般年式での査定がほとんどで、車検整備に余計にお金がかかりすぎるばあいでは、ほとんど、捨て値価格での中古車市場での販売となる可能性は高いです。
その上で、中古車で売った金額を新車の頭金にするという方法も利きます。
なぜ、新車の頭金にするかと言うと、新車のローンは、中古車市場のローンより率が低い為で、頭金だけでもまとめて通せば、新車ローンの枠は広くなります。
ですので、中古車市場で売った金額がまあまあの物であれば、新車を購入した方がお得という事は、よくあり得ます。
中古車市場での買い替えをする場合は、それに伴い、必要経費がセットのものであっても、販売値札より高額になる場合と、中古車ローンを組むと、その後の支払いがきつくなるケースがありますので、注意が必要です。
あたらしくクルマを購入する際でも、毎月のローン返済をどのように生計に汲んでいくかが、重要なことになります。
そして、新車でも中古車でも、そのローンの為に頭金をまとめておく必要は、ローン審査の為の有利さとなり、残りのローンの返済を楽にする為でもあります。
なので、いくらかでも有利な現状の車の維持力と、その査定を高めに見積もるための施策が必要になります。

スポンサーリンク

車の買い替えを無駄にしないための知識

新車や、中古車への買い替えで問題になるのが、今現在乗っている車の査定額です。これは、中古車市場では常識のことなのですが、基本のベーシックのスタイルをキープした自動車は見積通りに近い形で売れるようになります。
まず、車体のきれいさ。その外観と内装がへたれていないことなど。
また、エアコンの状況が、へたれていないことなど、車内室内空間としても査定が入ります。なので、煙草の煙にやられた中古車としての売却は、たしかに、金額がおちることは、噂されることになります。
また、車体の外枠に関しても、板金の修理前の場合は、あえて、不良品として、廃車扱いになる可能性もあります。廃車の場合は、金額を払ってまで、捨てなくてはならないことがありますので、これも注意が必要です。
この、中古車として現状の車をどうするかについて、ディーラーを周ったり、また中古車の展示場で詳しく聞いてみる必要があります。
どちらでも、廃車扱いにせず、なんとか無駄なく使用しようという良心的な担当がいれば、まずそこに決めて正解です。
この辺りは、販売員の裁量の問題もあるので、ちゃんとしたビジネス対応を基に、今の現状の車が、次の車の足しになるか相談してみましょう。
いわゆる、ディーラーや、中古車ディーラーとしても、役職のある人に話をつけることが、車を維持したり、買い替えたりするうえではお得です。
なので、いくらかでも、高く売りたいという気概よりも、新車や、中古車のいいものを購入したいんですという、高い目標とアピールをすることで、自身の買い替えの利益となるやり方を心得ましょう。

まとめ:車の買い替えは無駄なくしっかりと

いかがでしたか?

車の買い替えは手続きも多く面倒も多いのでついつい適当に進めてしみがちです。ただ、しっかりと情報を調べて、適切に行動すればあなた自身の経済的メリットも知識も増えるはずです。車の買い替えは人生で何度も起こるわけではないので、この機会にいろいろと知識を増やしてみましょう。

愛車を売却するならランキング

UcarPAC(ユーカーパック)

ユーカーパックは車一括査定ではない!業者間同士で競り落とすオークション。
  • 車買取業者同士でオークション形式
  • 最大2000社以上の車買取業者からオークションにて査定額を提示
  • すべての窓口が運営元なので電話は1本のみ
  • 下取りと車一括査定サイトの中間の手間
少しでも高く車を売りたいけど手間も極力減らしたい方
交渉が面倒で時間も取りたくない方

カーセンサー.net簡単ネット査定

提携企業数が多いのが特徴。カーセンサーは500社と頭一つ抜きに出ているというか圧倒的
  • 提携業者数が500社と他を圧倒
  • 最大見積もりも30社
  • 運営会社もリクルート

数多くの買取業者と交渉して少しでも高く愛車を売りたい方にはおすすめです。またカーセンサーは昔から中古車販売雑誌があり知名度があるので安心して利用できます。運営会社もリクルートです。

備考欄があるのでメール連絡希望と記入することができます。電話をかけてもらう時間指定も可能ですのでご自身の都合のいい時間帯を指定することができます。

売却価格に努力を惜しまない方や交渉が好きな方などにおすすめできます。 しっかり手間をかければ買取業者の数も多いので最高額を引き出せる可能性が一番高いです。

 

カービュー
なにより「トヨタT-up」と提携していることは心強い
  • 車一括買取サイトを始めたのがカービュー
  • みんカラ(みんなのカーライフ)など車情報サイトとしても質が高い
  • 「トヨタT-up」は大手ながら他の車一括査定サイトには参加していません。
ヤフーが運営する老舗サイトです。車一括買取サイトを始めたのがカービューです。運営歴で言えば一番長いので安心です。 なにより「トヨタT-up」と提携していることは心強いでしょう。「トヨタT-up」は大手ながら他の車一括査定サイトには参加していません。
「くうまたかし」という姉妹サイトがあります。こちらも広告効果の測定のためでありサービスなように変わりはありません。

 

スポンサーリンク