下取り 傷 へこみ
愛車を手間なく、高額査定をもらう方法とは?
「愛車が安く買い叩かれたらもったいない」
「でも、買取店をいくつも回るのも面倒」
「売却に時間も取られたくない。。」

なんてお悩みがある方もいるかもしれません。

「愛車をさっと高額査定してもらたら・・」

こんなことが可能になったんです。
大手買取店があなたの車を一括で査定
気が付けば高額査定
これがかんたん車査定ガイドです。

トヨタランドクルーザーの例で

下取りで提示された査定額から
なんと60万円以上の高額査定に成功!!

実はよくある話なんです。

 

愛車を安く買い取られてしまってからでは
もう遅い・・・です。

 

注目!!買い取り価格をどんどん上げてくれます。
下取りに出すと決めたからには少しでも高い査定に評価してもらいたいものですね。

ただ下取り前に車を見てみると傷やへこみがたくさん発見されます。
この様な傷やへこみは修理してきれいにしてから査定に出すべきでしょうか。
こんな傷を見られたら査定がぐんと下がりそうです。

今回は車を下取りに出す前の車の傷やへこみの対処の仕方について調べてみました。
これから査定を受けようとお考えの方や、いま車に傷があってお悩みを抱えている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

車下取りの傷やへこみは査定の減点対象?

車の傷やへこみは査定には減点の対象となります。
洗車の際についたような細かい傷鍵を刺し間違えた様な傷は対象外です。触って凹凸があるような傷が対象となります。

ただ、査定にはもっと重要な項目があります。

車種や年式、走行距離、修復歴などが主な査定評価の項目です。

傷があったらその分査定は下がると言っても大きな傷でなければ何万円も下がることはありません。

その上、修理をする前提で査定します。

車の下取りの際に傷はどれほど影響されるかは大きさによって変わる。

中古車の査定で一番重要視されるのは年式や車種になります。

各々の買取業者が定めている買取額から日本自動車査定協会が定めているルールブックに沿った減点方式で査定を進めていきます。

この日本自動車査定協会の定めているルールブックには傷やへこみなど外観の査定なども含まれています。ただ、同じ傷と言っても査定への影響は大きさ何度によって変わってきます。

通常使用で出来る傷か、ぶつけた傷か。大きさによって変わる

いつもどおりにクルマを利用していても目立たないような傷に関してはクルマの年式による相当の経年劣化として年式の古さに加味されてきますので特に減点対象となるわけではなりません。

例えばクルマのキーの差し間違いよる細かな傷などは日常的につくものでありマイナスにはならないので心配はいりません。

中古車として修理が必要な傷だけが対象

日常使用上でつかないような傷やヘコミは減点対象になります。

 

中古車を買い取った後に、中古車の流通を通して販売店が販売をします。
そのときには、傷は直して販売しなくてはいけません。

 

その修理代として経費がかかるのでその分の査定減額が行われます。

査定の減額を防ぐ意味合いでの修理は無駄

さきほどお話した傷による減点を気にして事前に修理をしておくという方法もあります。

もちろん修理をすれば減点を防ぐことは出来るかも知れません。

 

しかし、査定額の減点の金額と修理代金を比較した時は修理金額が高くなったしますケースがほとんどです。

あくまで査定後のクルマの販売では中古車は中古車なりに購入者も少しの傷があっても当たり前の認識でいます。
新車ではないので当たり前ですが・・。中古車販売店はその微妙なニュアンスを掴んで必要な修理と必要ない修理に分けて限定して修理を行います。

 

自社で行えない板金塗装などは外注することになりますが、一般のお客と違い業販価格での修理もできるので圧倒的に有利です。
以上の理由から、査定の減点を防ぐ意味合いで事前に自分で修理をしておくことは無駄になります。

自分自身で修理出来るような傷は?

カー用品店などに行けば、タッチアップペンを始めとしてDIYで直すアイテムがたくさんおいてあります。

手先が器用で自分で直すことが出来るようであれば費用はかからないので直しておいても無駄になることはありません。

ただ、そのような小さなキズはそもそも減点の対象でなかったり、減点も小さい可能性があります。
カー用品店で修理用アイテムを購入して、マスキングなどの手間をかけて修理した時間は戻ってきません。

 

つまり、査定額に対してはあまり効率的とは言えません。

やはり素人修理は素人修理

また、素人の目で見たときにはそれなりにきれいに直せたとしても中古車としての商品としてラインナップしていくのに合格に達しているかはプロでないと判断がつきません。

太陽光などに晒した時に修理箇所の塗装の部分だけがくっきりと目立つように分かってしまう場合もあります。

 

査定前の傷は直しても無駄が多い

これまでお話してきたように査定前に修理してもほとんど査定額での影響力は小さい、もしくは無駄になります。傷やヘコミに関してはそのまま下取り査定に出しましょう。

 それでも自分で修理したい場合は?
今までお世話になった愛車なので少しでもきれいな状態にしておきたいと願うのであれば自身で修理に挑戦してみるのもいいかも知れません。カー用品店に行けば多くの修理アイテムがおいてあります。
小さなキズであれば、タッチアップペンやスプレーペイントなどで補修が可能です。

擦り傷や細かい傷にはコンパウンドで目の細めのものであればこするだけで傷が消える可能性があります。

塗装の上のクリア層だけの傷であればコンパウンドで問題ありません。

スポンサーリンク

車の下取りの傷を気にするよりもっと大切にしたいこと

クルマの下取りの傷を気にしても査定額の面から見たときにはあまり対策はありません。
そのままが一番です。

 

下取りの際には傷の修理よりももっとやっておいたほうがいい事があります。

洗車や室内清掃を済ませておく

取りに車を出す時は洗車すべきかかなり迷いますよね。

買取や下取りをする担当者によると洗車や掃除をしたことによる査定額のアップは無いそうです。
となれば無駄な掃除や洗車はする必要ないのでしょうか。

 

実は洗車や掃除は別の角度から大切な作業として評価されます。

クルマに対する誠実さの現れ

それは査定する担当者からみたあなたへの信頼です。

これは技術的なことだとか、ビジネス的な買取の商談とは別に考えると想像しやすいですよね。
担当者の目線から見たら高額の車の査定に初めてオーナー様にお会いするわけです。

 

車の外装が鳥のフンとほこり、雨の水滴後だらけで車内はタバコの臭いと食べかすが散乱している状態を想像すれば、車をどの様に扱ってきている方か自然と感じ取ってしまいます。

査定の担当者も人間です。
これから書類を確認して問題ないかをチェックした上で車の外装を順番に確認していきます。

 

事故車ではないか、修復歴は?水没はないかなどです。

 

それがたとえ洗車していないだけだとしてもほこりだらけで傷が汚れかが判断つかない状態では査定も難しくなってきます。

必然とその車のオーナーは「この後の手続とかにもいい加減な感じになるんだろうか」「オイル交換を始め車のメンテナンスも適切に行われていない可能性もある」などと悪い印象を感じ取ってしまいます。買取担当者は営業マンです。

 

毎月の買取台数やそれにかかった買取金額、販売の売上などの利益から会社への貢献度が基本給以外のインセンティブに関わってくる会社もたくさんあります。

査定をしてくれる営業担当者への敬意

買取店の営業マンとして一番面倒なのが、ドラブルです。

言った言わないなどや適切にタスクをしてくれないお客様はその対応に無駄な時間を割かなくてはいけません。

それを考えるとお付き合いしたくないお客様と映る可能性があります。
そうなったら査定はあえて高く出そうとするモチベーションが失われ、安くても納得いただけないようなら次のお客様のところへ行こうと考えるかもしれません。

先程の汚れか傷か見た目では分からず、まだ買取が決まってない車を擦ってみるわけにもいかず、無難に傷として減点していくかもしれません。

自動車検査証(車検証)を含めた書類の整理

車を購入すると、様々な書類がセットになってきます。

取り扱い説明書なども、その1つです。最近の車は、様々な機能が備わっています。中にはかなり高度な機能もあるので、説明書が無いと車を使いこなすのが難しくなってしまいます。

ですから説明書は保管しておくべきでしょう。
ちなみに説明書は、実は紛失していても問題ありません。
車のお店なら、説明書は入手できるからです。
しかし説明書が紛失した状態ですと、やはり車の売却額が下がってしまう傾向は、確かにあります。

 

ですから車を高く売りたいなら、説明書を紛失しないよう注意が必要です。

それと修理や点検などの書類です。時には車を点検に出したり、何かの理由で修理する事もあるでしょう。
車を修理に出しますと、修理手帳も発行されるのです。

 

それも車に添付しておく方が、売却額も高くなる傾向はあります。点検時の書類も同様です。

 

社外品の後付パーツの選別

カーナビなど後から自分でつけた社外品をどうするか考えておきましょう。

下取りの査定の際は、最新式のナビでなければ加点されることはほとんどありません。

つまりその社外ナビがあってもなくても査定額が変わらないということです。

それならば取り外して新しい車に設置をするか、ヤフオクやメルカリで売ってしまうほうが得策です。

同様にドライブレコーダーなども査定の加点になるのは最新式のごく一部です。
といってもヤフオクやメルカリで売ったほうが実質的高く売れます。

 

取り外しに手間がかかりますが取付と違って外すのはそれほど難しくありません。

予め売れる相場金額を確認しておいて高いようならば外すのは業者にお願いしても取付より安い金額で外してもらえます。

それ以外に、スタットレスタイヤを装着したままであれば夏タイヤを準備しておくことも大切です。

 

クルマの下取り査定前にしておくこと

1)愛車の相場を相場を確認しておく
2)ガソリンの量は最低限で十分
3)多くの業者と競争して愛車を高く買ってもらう段取りを考える

 

スポンサーリンク

クルマの下取りの査定後の新たな傷や走行距離は?

クルマの下取りの査定が終わってもその場で引取されるわけではなく、新車の納車日まで時間があるケースがあります。その間は価値を下げないようにしなくてはいけません。価値を下げてしまうのは大きく新たな傷の発生や素行距離です。

今までの平均の走行距離であれば増えても平気

クルマの下取り査定をしてもらったときには年式やその年式に応じた走行距離から査定金額が決定されています。

その平均値の走行距離の増え方であれば問題ありません。
例えば年間に24,000km平均で走っていた方であれば1ヶ月後のクルマの引渡し時に2,000km走行距離が増えていても問題ありません。
つまり今までの使い方通りであれば大丈夫です。

新たにクルマを擦ってしまったなどの場合

これも傷の大きさによりますが、改めてその傷の分は修理代相当の査定額の減額になるかも知れません。
査定してくれた担当者に話をして確認してみましょう。

クルマに付いている付属品や社外パーツなど

先程、社外品のカーナビやドライブレコーダーなどは外してヤフオクやメルカリで売ったほうが高く売れることをお話しました。
これはあくまで査定前の話です。

 

査定後は許可なく設置してあるカーナビを外したりすることはやめましょう。
そのカーナビも査定の対象になっているかも知れません。外したい時は事前に担当者に確認を取りましょう。

車下取りの傷の対処のまとめ

いかがでしたか?
クルマの下取りのときの傷について解説をしてきました。愛車の傷は気になるところですが、査定での評価に関して言えば直さずそのままみてもらって問題ありません。

傷やへこみは直したほうが少なからず査定はアップします。

ただ、査定アップが目的ではないはずです。
車を売却して少しでも手元にお金を残しておきたいのがゴールなはずです。
傷を直した費用と査定額アップのどちらが高いかが大切です。

板金屋でプロに修理をしてもらう場合は、ちいさな傷やへこみでも3万円程度かかります。
大きなキズであれば10万円を超えてきます。修理してから査定を受けてもその分の査定額のアップは望めません。

そのまま査定をしてもらい、買取業者が傷は残したまま安く販売するのか修理して販売するのかを決めます。
査定前に個人が板金屋に頼んで修理をしてもらうよりも、業者が業販価格で板金屋に修理を依頼したほうが安く済みます。

板金屋の修理代がもったいないからと自分で修理に挑戦するのはやめたほうが無難です。
何度か経験のある方で時間があるならば小さい傷を修理することは問題ないと思いますが下取り前に急ぎカーショップでタッチアップペンなどを買い揃え修理に挑んでも素人修理は色むらが発生したり、かえって傷が目立ってしますことも多いです。

下取り前は、軽く洗車をして車内の私物を整理して掃除する、車内の臭いを気にして換気や消臭スプレーなどをしておく。
書類をまとめておいて下取りのときにスムーズにだせるようにしておく。

 

 

この程度で充分です。下取り前には傷やへこみが気になるとは思いますが、そのまま下取りに出しましょう。

愛車を少しでも高く買い取ってもらうために傷を直すことよりも大切なことがあります。先程申し上げた洗車や清掃、書類を纏めておくことなどです。一度纏めておくので確認しておきましょう。

・簡単な洗車を済ませておきましょう。
・車内の臭いを含めた清掃も行いましょう。
・車検証などメンテナンスを確認できる書類なども準備しておきましょう。
・社外品のカーナビなど高く売れる手段や次のクルマに付けるかなどの判断をしておきましょう。
・クルマの引渡し日が近い時はガソリンの量を多く入れないようにしましょう。
・傷はそのまま直さずに査定を受けましょう。
・愛車の相場感をしっかり調べましょう。
・1社の見積もりだけで気まずに数社の買取額を提示してもらいましょう。

愛車を少しでも高く買い取ってもらうのは、1社の言いなりの金額で売却するのではなく相場を下調べして、実際に何社かの買取見積を受け取れば安心して売却できます。ただ、何社かの見積もりを取るのも手間がかかるのでそれにはクルマ一括査定やオークション形式の車買取サイトが便利です。下記に評判のいいおすすめの車買取サイトをご紹介しますので興味があれば確認してみて下さい。
最後までお読み頂きありがとうございました。

愛車を手間なく、高額査定をもらう方法とは?
「愛車が安く買い叩かれたらもったいない」
「でも、買取店をいくつも回るのも面倒」
「売却に時間も取られたくない。。」

なんてお悩みがある方もいるかもしれません。

「愛車をさっと高額査定してもらたら・・」

こんなことが可能になったんです。
大手買取店があなたの車を一括で査定
気が付けば高額査定
これがかんたん車査定ガイドです。

トヨタランドクルーザーの例で

下取りで提示された査定額から
なんと60万円以上の高額査定に成功!!

実はよくある話なんです。

 

愛車を安く買い取られてしまってからでは
もう遅い・・・です。

 

注目!!買い取り価格をどんどん上げてくれます。
スポンサーリンク