中古車 走行距離 目安

中古車を購入する時の走行距離の目安ってあるのでしょうか。

中古車を探し始めると希望の車種で相場より安い車種を見つけてウキウキしてそのページを開いたら走行距離が多い・・。

これはダメだ。走行距離が平均的で妥当な中古車を探そうとまた探し始めているかもしれません。

希望の車種があって予算があってその中で少しでも条件のいい中古車を探すのは大変ですよね。

中古車の走行距離の目安ってあるのでしょうか?

今回は安全に乗ることが出来る中古車の走行距離の目安について調べてみました。

中古車探しに迷われている方、走行距離は5万キロを超えると不安な方の参考になれたら幸いです。

スポンサーリンク

中古車の走行距離の目安ってあるのか。


中古車探しのために中古車を検索できるサイトをみていると、色々な条件項目がありますね。

最初に車種から始まってボディカラーや年式、グレード、走行距離が代表的なところなのではないでしょうか。

その中でも一番悩ましいのが走行距離です。

車種は車を使う目的などである程度決まってきますし、ボディカラーには好みがありますので、安いから嫌いな色の中古車に乗ろうとは思わないでしょう。

年式やグレードもそれによってスタイルなども変わってくるので変更しがたい部分です。

走行距離だけは見た目ではなにも分からず、少なくても多くても写真からは違いが分かりません。

予算内になんとか収めたいとおもって検索を続けていると安くていい中古車と思って走行距離をみたら想像以上の走行距離。

だったら、最初から走行距離で条件を絞って検索しようなんてことになるかもしれません。

中古車の走行距離の目安ってどういう意味があるのでしょうか。

間違いなく言えるのが走行距離が多ければ売却時の価格は走行距離が少ない中古車に比べて安くなるのは当然です。

ただ、リセールバリューとは買った価格から最終的に売却した価格の差が本来その中古車を購入した実の金額です。

ですから走行距離が多い中古車を買えば安く手に入るので売る時も安くてもリセールバリューは変わりません。

変わらないどころかリセールバリューだけ考えるとお得になります。

中古車の購入する一般的な方の走行距離の目安は1万キロ、3万キロ、5万キロ、10万キロ、15万キロなどの数字です。

1万キロの高価な中古車を購入して5万キロまで走って売却したリセールバリューと5万キロで買って9万キロで売ったリセールバリューでは前者の方が値落ちは高くなります。

同様に年式についても言えることです。ですから新車での購入で3年乗って売却することが一番の贅沢になります。

話を戻して走行距離の目安について話していきたいと思います。

走行距離さえ多くて構わないなら予算内で収まる中古車が見つかりやすくなると思います。

よく中古車販売店のサイトなどでも一般的な目安は1年で1万キロと言われているところもあります。

つまり5年落ちの中古車の走行距離の目安が5万キロということになります。

この目安の走行距離の車が年式に応じて一番供給も多く価格も高めの車になります。

逆にこの目安とは違った3年で6万キロ走った中古車はその走行距離の低評価が目立ち、相場は安くなります。

5年で5万キロと3年で6万キロの中古車のどちらが品質がいいのでしょうか。

もちろん個別具体的に車両を確認してみないと詳細を断言することはできません。

ただ、車が一番痛むのはスタート、ストップ、曲がるです。ある一定の速度を保って巡航することが一番車にとって優しいドライブになります。

タイヤという部品一つ考えても分かりやすいと思います。

スタート・ストップ・曲がるたびにタイヤは摩擦にさらされます。巡航している場合とは比べ物になりません。

スポンサーリンク

中古車の走行距離の限界とは?


この様な点から考えると先程お話した5年で5万キロを走る中古車はごく一般的な使われ方をした中古車ということが想像できます。

つまり、平日は市街地を渋滞の中通勤や買物に使い、休日はレジャーのため行楽地に永遠続く高速道路の渋滞です。

スタート・ストップ・曲がるの繰り返しをたくさん経験した中古車の可能性が高いと言えます。

逆に3年で6万キロを走った中古車は高速巡航が比較的多かった可能性が先程の一般的な走行距離の目安の中古車に比べて高くなります。

となると走行距離だけで中古車の部品の消耗度を確認することは難しくなります。

また、整備の状況なども同様です。

走行距離が倍違ったとしても定期的なオイル交換を絶やさず行っている中古車と、数万キロ全くオイル交換をしていない中古車では走行距離では全く判断できない車の摩耗度合いになります。

つまり走行距離が中古車の重要な価格に基準になっているのは事実です。

ただ、走行距離はあくまで目安であって走行距離が多いから車の寿命が近いと考える必要はありません。

逆に走行距離が短いから故障が少ないなどということもありません。

車は部品の塊であり、故障して当たり前です。

そのため、新車でも自動車メーカーは新車保証をつけて販売しています。新車が壊れないのであればこの保証は不要となってしまします。

スポンサーリンク

中古車の走行距離の目安は?まとめ


いかがでしたか。

今回は中古車の走行距離の目安について色々とお話をしてきました。

欲しい車があるのに走行距離だけで除外する必要はないと思います。

走行距離が多ければ中古車市場では人気がないので安くなっているだけです。

もちろん予算にかぎりがなければ走行距離が少ない中古車がいいでしょうし、新車を購入したほうが安心です。

走行距離が多い少ないにかかわらず、気にしなければいけないのは整備状況です。

例え2万キロと走行距離が少なくて高い中古車を購入しても一度もオイル交換をしていなければかなりのダメージを受けているエンジンかもしれません。

それを確認するためにも必ず定期点検記録簿は確認しましょう。

もし記録簿がない中古車はそれだけでリスクが高くなります。

新車の場合は、新車の保証が3年間5年間とついているので安心です。

中古車の場合は保証付き販売とはいっても3ヶ月間だけだったり3,000キロまでとかなり限定できです。それでも保証がある中古車販売店での購入をおすすめします。

既に、購入する中古車をきめて段取りが進んでいる方なら次回の参考にしていただくといいのですが、私はズバット車販売をおすすめします。

ズバット車販売で購入することで最長10年の保証がついてきます。

つまり、もし色々確認して購入した中古車が運悪く故障して多額の修理代がかかっても保証で対応することが可能です。

中古車は基本的に返品を受け付ける販売店はありません。

ところがズバット車販売では返品も可能です。

これはかなり安心感になるのではないでしょうか。

仮に相場より安く中古車を手に入れることが不安な方でも保証や返品があれば自信持って購入できると思います。

また中古車探しも普通ならばネットの情報で検索すると思いますがネットに出ている情報はごく一部です。

中古車は毎日生まれてきます。

既に公開されている情報は仕入れて整備が終わって販売できる状態で販売店が広告費を払って掲載しています。

公開されていない情報のなかに、本当に安くていい車もたくさん眠っています。

これら公開前の中古車や非公開の中古車は、公開されることなく直接お得意様などに流れることも多くあります。

ズバット車販売ではこの非公開情報からもプロが中古車を探してきてくれます。

もちろん無料です。

気に入った中古車に出会わなければ購入する必要もありません。

また自分でネットで探せばいいだけです。

ズバット車販売はかなりオススメ出来るのでもしご興味がありましたら下のボタンからどうぞ

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク