コスモスマートビークルは頭金無しで新車に乗れることが大きなメリットとして人気のあるカーリースです。

 

少しでも節約するために新車ではなくて中古車を選択することは可能なのでしょうか。調べてみました。

スポンサーリンク

コスマスマートビークルでは中古車も選択可能

WEBサイトを確認してみると、全て新車での見積もりしかできないような印象を受けます。

インターネットでの申込はしておらず直接取扱店舗に問い合わせをする必要があるとのことです。

中古車ならば支払総額を抑えて月額の支払いを少なく出来る可能性があります。

コスモスマートビークル メリット デメリット

コスモスマートビークルでも中古車を選ぶことは出来るようですがネットで車選びはできないようです。

 

公式WEBサイトにも中古車を選ぶ選択肢がありません。やはりコスモスマートビークルは新車が主な対象だと思われます。

 

コスモスマートビークルの中古車のリース料金

新車:月額18,900円

小型自動車1300ccクラス

中古車:月額15,100円

小型自動車1300ccクラス
走行距離1万キロ、3年落ち
徹底した整備を実施・コーティング済み

差額は3800円しかありません。両方共プランで言えば一番安いホワイトパックになります。ホワイトパックはメンテナンスが一切ないプランです。

 

コスモスマートビークル 中古車

この表を見ると分かりますがホワイトパックには車両の購入費用と初期にかかる費用のみで車検代や整備、法定点検なども一切ありません。また、ゴールドプランやシルバープランにも言えますがコスモスマートビークルには自賠責保険は加入済みですが任意保険は入っていないので自分で加入する必要があります。

 

コスモスマートビークルでリースをするなら中古より新車がいい

コスモスマートビークルでリースをするなら差額が3,000円程度の差で新車に乗れます。

 

クルマの価値を考えると3年で半額近い価値になることもあります。

 

3,000円の差額ならば新車で気持ちよく乗れたほうがいいかも知れません。

コスモスマートビークルの公式WEBサイトを確認しても中古車で自由にクルマを選択することができません。

 

スポンサーリンク

コスモスマートビークルで中古を探すならNORELでも探してみるのも方法です。

これまでコスモスマートビークルの中古車について話をしてきました。

 

コスモスマートビークルでは主に新車のリースです。中古車に関してはあまり情報が出てきません。

もし中古のカーリースを探すのならば中古車販売大手のガリバーが運営するNORELも同時に検討しておくと良いかも知れません。

 

ちなみに下記のクルマは「MAZDA アクセラ スポーツ 20C」です。

 

コスモスマートビークルで新車のカーリースを確認してみたらゴールドパックで43,092円の60回払です。

コスモスマートビークル 中古車

出典:NOREL

 

ガリバーが運営するNORELならば中古車にはなりますが、長割を活用すれば5ヶ月目以降が19,800円で利用できます。

その上、車検も任意保険もメンテナンスもすべて込の金額です。

 

コスモスマートビークルの中古車とNORELの共通点

初期費用がいらないことはコスモスマートビークルで中古車をリースしたときもNORELも同様です。

NORELは以前は年会費5万円と高額で初期費用にハードルがありましたが現在はなくなっています。

初期費用がかからない点はコスモスマートビークルでもNORELでも同様です。

クルマを購入してかかる費用といえばローンの頭金以外には登録費用や車庫証明、自動車税などがありますがカーリースの場合はこのような料金も月額料金に含まれていますので安心です。

コスモスマートビークルで中古車を選択する場合にはNORELも検討すべき

中古車が得意なNOREL

中古車販売の大手ガリバーが運営するカーリースのNORELはすべて中古車です。

 

中古の買取や販売をしているガリバーが運営しているから中古の流通にはかなりのノウハウや量があります。

コスモスマートビークルは主に新車のラインナップです。

 

中古車の取扱はあるものの公式WEBサイトには掲載がありません。

またコスモスマートビークルには外車という選択肢はなく国産車のみの選択です。

NORELには外車やクーペやオープンカーといった選択ができます。

もしコスモスマートビークルで節約のために中古車を選びたい場合はNORELの多くの車種から選べます。

NORELは外車や高級車も多い

NORELはベンツやBMWやポルシェといった外車や、オープンカーなどのおしゃれな車が揃っています。

コスモスマートビークルは外車やオープンカーなどはなく、国産車からのみの選択になります。

NORELの月額料金には任意保険も含まれている

NORELは19,800円から最高額は月額20万円まで金額によって車のグレードも大きく変わりますがコスモスマートビークルは2万円台から最高額8.5万円の日産フーガになります。

 

コスモスマートビークルとNORELの月額料金の内訳の大きな差が任意保険にあります。

 

コスモスマートビークルのホワイトパックはわばクルマの購入の初期費用だけですがゴールドパックは車検や消耗品の交換費用なども含まれています。同様にNORELも車検や消耗品の交換が含まれているだけでなく任意保険も含まれます。

そのため、コスモスマートビークルの場合は月額料金に任意保険を加算した金額で予算を考えなくてはいけません。

NORELは契約期間が最低90日間

NORELでは90日間で解約や車の乗り換えが可能です。

NORELでもしクルマを選んで借りても飽きたら90日以降であれば改めて違うクルマを予約することができます。

 

夏の夜におしゃれなドライブを楽しむためにオープンカーを選んだり、冬にスキーやスノーボードを楽しみたいからミニバンを選んだりと自由に乗り換えが出来ます。

コスモスマートビークルは最低が3年です。最長が7年です。ゴールドプランで5年契約であれば3年で乗り換えることも可能です。ただあくまで3年なのでNORELの90日とは大きな差があります。

コスモスマートビークルのゴールドパックは消耗品も含まれる

車の基本的な整備はそれぞれ運営会社が負担しますが、短期間で借りられるNOREL(ノレル)についてはタイヤの交換やオイル交換といった概念が存在しにくいですがワイパーブレードなどの消耗品の交換は自己負担になります。

 

ただ、初期状態で不具合がある場合には、無償にて交換してもらえます。

コスモスマートビークルはゴールドプランとして加入すればオイル交換やタイヤなども月額に含まれています。

 

ただしメンテナンスのないホワイトパックの場合は車検整備やタイヤ、オイルといった費用もすべて自己負担になります。プランによって変わってるので違いがあると判断しました。

 

スポンサーリンク

コスモスマートビークルで中古車はある?のまとめ

いかがでしたでしょうか。

 

コスモスマートビークルでも中古車は選ぶことができますが少しどのような車種があるのかがイマイチわかりにくいです。

 

コスモスマートビークルではやはり頭金無しで新車に乗れることが大きなメリットです。

今回ご紹介したNORELでは逆に新車には乗れません。

もし新車のカーリースを望むのであればコスモスマートビークルがいいでしょう。

ただ、中古のカーリースで月額を少しでも抑えたいと考えるならばNORELの任意保険コミの月額料金の設定は魅力的かも知れません。

 

最近のコメント
    スポンサーリンク