仮ナンバーは車検切れの際に陸運局まで自分のクルマを運んだり、車検整備工場に持っていくのに必要な運行許可です。もし車検切れの状態で運行した場合の罰則はかなりきつくあります。

仮ナンバーを申請しなくても積載車などに乗せれば問題ないですが、費用も高額です。ここでは仮ナンバーの借り方について解説していきます。

スポンサーリンク

仮ナンバーとは?基礎知識

普段は仮ナンバーと言われていますが本来ならば「臨時運行許可証」が正式名称です。ただ役所でも仮ナンバーで通りますので問題ありません。同様にこのような特別な運行許可に「ディラーナンバー」がありますが自動車関連の業者が専用で使うナンバーですので一般のユーザーが利用することはありません。仮ナンバーを取り付ければ合法的に車検切れのクルマを公道で運行できます。

ただ注意が必要なのが許可を申請した目的やルートを守らなければいけないということです。いくらそのクルマの用事であっても予め申請してあるルートを大きく外れて運行することはできません。

1)車検切れのクルマを整備工場へ移動
2)抹消済みの車両の購入や譲渡
3)未登録車の新規登録、予備・新規検査で陸運支局に運ぶ
4)廃車のため、解体するために専門業者へ運ぶ

このような目的で仮ナンバーを申請できます。臨時運行許可申請書に目的地や経路を記入して許可が下りれば仮ナンバーを受け取れます。仮ナンバーをつけての運行の際は許可証に示された経路のみで運行できます。

自賠責保険に加入が済んだら早速仮ナンバーを申請しに行きましょう。難しいことはありません。申請場所や費用などを事前に確認しておけば安心です。申請方法についてご説明します。

仮ナンバーを申請場所は市区町村役場

運行経路に設定する市区町村役場であればどこでも申請可能です。他県ナンバーでも問題ありません。注意が必要なのが自宅がある自治体の役所でなく「出発地点・中継地点・到着地点」のいずれかの役場で行います。

ただし代理人としての手続きはできません。必ず本人確認できる本人の申請が必要です。仮ナンバーにおける運行許可証はクルマに対する許可なので運転は他の方がしても問題ありません。

仮ナンバーの期間延長は不可

有効期間は最大で5日間のみです。実際は必要な期間を申請しますが最大でも5日間になります。もし車検を受けて通らなかった場合に期間の延長を申し出てもできません。その時は改めて申請のし直しが必要です。

借りれるのは原則として使用する当日になります。土日に使用する場合は前日から借りることが可能です。

仮ナンバーで必要な書類や手数料

自動車検査証(車検証)もしくは抹消登録証明書
自賠責保険証 必ず原本
本人確認書(免許証)
自動車臨時運行許可申請書(役場においてあります)
認め印
仮ナンバー申請費用 役場によって変わりますが700円程度

もし自賠責保険が切れている場合は改めて自賠責保険に入らないと許可はおりません。

自動車臨時運行許可申請書は基本的に役場に行けばおいてありますが事前に記入をしておきたい方はWEBでダウンロード出来る役場もありますので自治体の公式WEBページを確認してみましょう。

記入の仕方を含めて役所の窓口で聞きながら書いたほうが早いです。そのまま役所の窓口にいってしまいましょう。仮ナンバーを申請するには必ず必要になってくるのが自動車検査証(車検証)や現在加入中の自賠責保険証書の原本になります。クルマの譲渡手続き中などで前所有者が車検証を持っている場合などコピーでは受け付けてもらえないので注意が必要です。

特に問題なければ仮ナンバーが前後で2枚無事に借りられるはずです。

 

無事に仮ナンバーを取得できたら自分のクルマに取付をして車検業者もしくは陸運支局へ行かなくてはいけません。運行期間は5日間だけですので時間に計画を持って行動しましょう。

スポンサーリンク

仮ナンバーをつけて陸運支局へ

仮ナンバーを愛車に取り付ける

仮ナンバーが無事に借りれてクルマを運行する前に仮ナンバーを取り付けなくてはいけません。

平成28年の4月からナンバープレートの表示義務が厳しくなり、車内のダッシュボードなどにおいておくでは道路運送車両法違反に該当します。現在取り付けてあるナンバーを外してビスで固定します。普通車の場合は後ろのナンバープレートは封印されていますのでその上から仮ナンバーを取り付けます。

仮ナンバーをつけたら予め決めてあった車検事業者にクルマを持っていくか陸運支局にユーザー車検を受けに行きます。ユーザー車検の受け方や注意点については別の記事に纏めています。

予定が済んだらきれいにして返却

5日間の運行許可期間がありますが車検が通れば特に必要ありません。紛失したりしないようにすぐに返却しましょう。仮ナンバーと運行許可証書をセットで返却します。土日祝日など役所が休みの時は休日専用の窓口や守衛室など役所によって異なりますので事前に確認が必要です。

窓口に行けない場合など郵送での返却も可能となっている役所もあるのでその必要がある方は事前に確認しておきましょう。もし仮ナンバーを返却しないと「道路運送車両法第108条第1号」により、6か月以下の懲役又は30万円以下の罰金が課せられます。

仮ナンバーは盗難の危険もある

仮ナンバーは取付も簡易であることもあるために盗難されやすくもあります。夜に人通りの少ない場所に停める場合は一度仮ナンバーは外しておきましょう。

仮ナンバーをなくした時は管轄の警察署へ届けを出した上で役所への報告が必要です。その際には紛失した年月日や届け出た警察署、受理番号が必要になります。仮ナンバーをなくした場合も壊した場合も2,000円程度の弁償金がかかります。

スポンサーリンク

仮ナンバーの借り方まとめ

いかがでしたか?

仮ナンバーの申請はけっして面倒なものではありません。ただ、平日の昼間に役所に出向く必要が必ずあります。平日に仕事をしている方にとってみればかなりの時間を割いてしまいます。

goo車検では車検切れ対策として14,000円で納車引取のオプションがあります。もし車検切れの場合はプロの業者に任せてしまったほうが早いかも知れません。

 

スポンサーリンク