車一括査定 注意点

車一括査定をしてくれる業者の注意点やトラブルについて解説しています。
愛車を売却する時は、車一括査定などを利用するほうが時間の節約になります。

ただ、愛車を高く売りたい、1万円でも高い査定が欲しいという気持ちが薄い状態で車一括査定を利用するとトラブルなどに発展するケースも多いようです。
車一括査定を利用する際の注意点とトラブルなどを理解していただければ幸いです。

 

 

逆に愛車を少しでも高く売りたいとあまり思われない方は参考にならないかもしれません。
手間なく、スムーズに愛車を売却したいと思う方は新しく車を購入したお店で下取りしてもらうことが一番手間がありません。

 

1円でも高く愛車を売りたい、そのために車一括査定を利用したいとお考えの方に参考になれば幸いです。

 

車一括査定の注意点を理解してトラブルを未然に防ごう

車一括査定 注意点

 

スポンサーリンク

車一括査定のトラブル事例:営業電話がかなりかかってくること

車一括査定の中には、一旦申し込みをしたりすると、一度に数十社からの電話やメール、営業マンの方からの訪問があったりしてトラブルになるところもありますので、注意が必要です。

ただ、そうした性質がある専門サイトであるのかどうかという点を確かめたりする具体的かつ明確な対処方法が中々無い点が、大きな課題でもあります。

そして、このような比較専門サイトに限って、ネット上のポイントサイトのサービス紹介結果欄などに掲載をされたりしている事が多いので、高額ポイントについ惹かれてしまい、申し込みなどをそこのフォームからしてしまうような方も、実際には少なくはありません。

こうした事態を回避をしていくための方法としては、幾ら高額ポイントなどがポイントサイト上に表記をされたりしていても、本当に現時点での自分に恩恵があるサービスなのかどうかについて、よく慎重に判断をしていく事が重要です。

 

スポンサーリンク

車一括査定のトラブル事例:売却後に自動車税の納付書が届く・・

車一括査定で車を買取してもらったのにその後に自動車税の納付書が届くケースがあります。

自動車を買取してもらった後に名義変更がしっかりできていないことがあります。自動車納付の請求先はである4月1日の時点での所有者(所有権留保の場合は使用者)に対して請求があります。つまり3月末頃に売却した場合は4月1日に間に合わないケースもありますので、その事をしっかりと業者の担当者と確認しておく必要があります。

ただ、請求は1年分ありますが月割で返金できますのでそこまで心配される必要がありませんが、気分が悪いですよね。

 

スポンサーリンク

車一括査定のトラブル事例:押し売りでなく押し買い

車の一括査定の営業マンはどれだけ安く車を買い取れるかが営業成績になり、仕事の使命で有ることを忘れてはいけません。だからといって、強引な押し買いの様な営業スタイルは間違っています。ただ、半ば強引に安値で買取の契約を結び、後ほど家族の猛反対にあったなどと話を聞くことがあります。

多くのケースは、営業マンの愛想の良さや断りきれない雰囲気に飲まれて「YES」といってしまうところに問題があるケースがほとんどです。対応策としては、絶対に即決しない、私一人では決断できないことを営業マンの名刺をもらう時点で宣言しておくことです。

ただ、このデメリットとして営業マンとしたら即決できないと分かっているお客様に限界値の買取価格を提示できるかどうかということです。

 

営業マンの常套文句として、「本日決めてくださるのでしたら。。。」と希望の価格を出してくるかもしれません。
出来ることであれば、あらかじめこの様なトラブルがあることを理解しておいて、この価格以上なら売却すると決めておくのも方法です。

 

 

 

ズバット買取は車一括査定サイトの中でもかなりの大手で安心して査定を受けられます。
↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

車一括査定の注意点やトラブルが面倒な場合は、自分で探して買い取ってもらうのがベスト

はっきり言うと、確かに先程も話した比較専門サイトの良いところは、一度に車買取査定が可能な業者が複数見つかる点ですが、必ずしもそれらが皆、自分の希望する買取の査定結果をもたらすところとは限りません。最悪の場合、言葉巧みに安く買い叩かれてしまう恐れなども、大いに考えられます。

 

 

このような事情から、やはり、地道に自らの手でGoogle検索その他のエンジン類を利用して探していくのが無難と言えます。このようなやり方が一番安全であり、一度に多くの電話やメール送信、幾多の各社営業マンの方の訪問などもありませんので、そうした点でもとても気楽です。

 

また、ポイントサイトのページ上の広告バナーなどにある、有名な一括査定をしてくれる買取業者と直接コンタクトを取る方法も、中々お薦めです。
同サイトでのポイント対象にならない場合などもありますが、それでも比較専門サイトを利用して様々な不利益を被るよりかは、はるかにマシなので、利用価値はそれなりにあります。

 

 

 

 

車一括査定のトラブルを避けるためには、注意しておきたいこと

 

車一括査定 注意点

たとえ買取業者が見つかったとしても、必ずしもそこが最初から信頼が出来るところとは限りません。そのため、そうした信頼の有無の判断をしていくために必要な条件について、ここで触れていく事にします。

その条件としてはやはり、これはごく基本的な事になりますが、買取業者にも本当に様々なところが存在していますので、まずは、そこの業者が本当に消費者の側である買取希望者本人の立場で、買取事業を考えて運営をしているのか否かに関しての判断をしていく方法が挙げられます。
具体的に言うならば、最初から自らの公式サイトのページ上に、査定金額体系のある程度の情報表記をしているところが、やはり安心して査定を依頼する事が可能である感じがします。

 

金額体系を最初から目に付くところに表記をして、利用希望者本人の方へあえて安心感を与えながら買取依頼のための検討や判断をしやすくしていくといった、信頼を第一にする事を営業方針として示していますので、そのようなところを探し出していく事も、とても重要です。

 

 

 

 

 

まとめ:車一括査定は注意点とトラブル事例を知っておけば便利に活用できます。

いかがでしたか?

車の一括査定はコマーシャルなども多く便利で認知度も高いサービスです。実際使うと最高額を提示させる一番いい方法であることは間違いありません。

ただ、気軽に使うと営業攻勢に辟易してしまって使わなければ良かった。。なんて思うことになります。

 

 

 

 

ポイントは
1)相手は商売人:安く買って高く売るのが商売
この原則を必ず理解しておこう

2)相手は雇われサラリーマン。社に戻れば本日の結果を上司に報告しなければならない。
つまりは、買取が成功しても高かったら怒られ、無理に安く買取すればアポイント代にいくらかかってるか分かってるのかと怒られる。

3)そのため、車の一括査定に申し込む事は自ら顧客リストを渡すことになる。
だからこそ、最大限防御する。

 

 

 

要は、しつこくて当たり前、電話攻勢当たり前、その見返りに高額査定を手に入れる。それが嫌だったら安い価格で売却する。
このどちらかになります。だからこそこれを分かってって先に防御しましょう。

 

 

電話攻勢は逆に考えれば、顧客からの問い合わせです。アポイントを決めて冷静に対応すること。
現場での商談には、情や愛嬌に流されないこと。すべて相見積もりをしなければ決めないこと。

もし、心配な方がいたらこの1点だけを抑えておいて下さい。
車を高額で売るのは自分も商売人になっているということ。消費者ではないということを理解して下さい。

しっかりと高額査定を手に入れましょう。
多分、使った時間を高額査定の差額で割ればかなり高い時給になっていると思いますよ。

 

 

 

ズバット買取は車一括査定サイトの中でもかなりの大手で安心して査定を受けられます。
↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク