車の売却に必要な書類。
車を売ると決めた時にどんな書類が必要かを確認しておくといざ売る時になって慌てなくて済みます。車を購入した時に色々と書類やファイルやらを受け取っても実際使っているとトランクにしまったり家に置いておいたりして車を売る時にどこ行ったかな?となってしまいますよね。

実際どんな書類が必要なのか、なかったらどうしたりいいのかを確認しておきましょう。

車両の説明書や中古車だったら社外のカーナビの説明書などもあると思いますが、これらの書類は売却時にないよりかは有ったほうがいいと言えるような書類です。

スポンサーリンク

絶対的に必要な書類は・・

車検証(自動車検査証)
自賠責保険証
自動車税納税証明書
リサイクル券

これらの書類は必ず購入した際に、若しくは新たに継続車検を取った際に受け取っています。もしなくしている場合はそれぞれ再交付は可能ですので確認しておきましょう。

 

スポンサーリンク

車検証の再発行

一番手軽なのがディラーや自動車関係のお店で手続きをお願いすることですが代行費用が発生します。お店で代行をお願いする際も理由を記した委任状は必要になります。委任状は受任者(あなた)、委任者(業者さん)と日付、依頼する車を特定できるナンバーか車台番号、印鑑があれば白紙に自身の作成でも問題ありません。

ただ、代行してもらうためにはその方の人件費がかかるので仕事が休めない、仕事を休むこととの機会損失を考えましょう。

 

スポンサーリンク

自分で車検証の再発行をする場合

車検証の再発行は管轄する陸運支局が窓口になります。

印鑑登録証明書(役所で発行してもらえます。)
実印(印鑑証明書通り)

上記の書類は役所で発行できますので実際売る段階で必要になることを覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク