車検費用 安く 比較

「車検めんどくさい・・」
「無駄にぼったくられたくない」
「でも安い車検なんて探すの面倒」
「安かろう悪かろうは心配」
「整備はしっかりしてもらいたい」

 

なんて考えてしまうかもしれません。

 

ただ、車検費用も少しの手間で
10万円安くなるなんてことは
普通にあります。

 

クルマを買うときや
買い物をするときは
100円でも安くと
比較検討すると思います。


車検は高額な買い物です。

少しの手間をかけて
比較検討してみて損はないはずです。

オートバックス車検では、
安心して整備が任せられて
車検後も安心です。

そのうえ、下記からエントリーすれば
2700ポイントももらえちゃいます。

検討せずに車検に出すなんて
無駄無駄無駄・・

車を所有している限り、必ず車検費用を考えなくてはいけません。

車の諸費用のうちに自動車税よりも大きい費用の負担です。

新車で車を購入するときなども値引きや交渉、比較検討などをしますが、車検に関してはあまりディラーや業者の言う通りにしてしまうケースが多くあります。

また普段の生活での買い物では少しでも安くと考えていても、車の整備に関しては「安全」という冠に歯向かうことができず言われるままということもあるかも知れません。

車検は車の整備に直結していますので、安全をお金で買う如くプロの整備士の意見を尊重するのは大切です。

ただ理解しておくべきなのは、車検は自動車業界ではかなり利益を出しやすいイベントです。

安全第一で考えても車検の費用を比較検討することで安くすることは可能です。

車検はどのお店にお願いするかを比較検討して、見積もりの内訳や整備費用などの内容を理解することが大切です。

車に興味のない方でも、整備に詳しくなくても問題ありません。

今回は車の車検費用について内訳を元に安くする方法について調べてみました。

スポンサーリンク

⾞検費⽤安くならない比較できない法定費用とは?

車検費用の安さの限界はいくらでしょうか。

車検の大きな役割は納税と保険の加入です。

これを法定費用と呼びます。

車検は法定費用とその他の点検や整備、基本料金で成り立ちます。

つまりこの法定費用についてはどの店で車検を受けても、自分でユーザー車検を通しても変わりはありません。

車の法定費用とは?


自動車重量税

「エコカー減税」や「グリーン化特例」、「環境性能割」などで新しい車の税金は減税や免税となっている車両もあります。

詳しくは国土交通省のWEBページに詳細があります。

車両の「重量」「経過年数」「区分」で課税額が決まります。

新車購入時には初期費用の中に3年分の自動車重量税を支払い済みです。

あとは24ヶ月ごとに収める国税になります。

自賠責保険料

保険内容は対人のみですが、自動車を運行するには必ず入らなければいけないのが自賠責保険です。

車検時に自賠責保険加入の確認が義務付けされています。

自賠責保険は陸運支局でも払えますし、ディラーや自動車工場など保険代理店になっているところならばどこでも加入できます。

物損や車両保険は任意保険になります。

印紙代(検査手数料)

車検を受けるための定められた手数料を印紙を貼付することで払います。

法定費用はどのお店でも車検の見積もりに同額が乗ってきます。

つまり見積もりを比較してもどこでも変わりません。

変わってくるのはここからになります。

法定費用合計の金額

軽自動車  32,770円 タント・N-BOX
普通車 ~1,000kg 43,330円 フィット・ノート
普通車 1,001~1,500kg 51,530円 プリウス・キューブ
普通車 1,501~2,000kg 59,730円 クラウン・マークX
普通車 2,001~2,500kg 68,030円 エルグランド・ヴェルファイア

この法定費用だけで車検費用を済ませてしまう方法もあります。

ユーザー車検です。

実はとても簡単です。

別記事に纏めていますので、ご興味があれば読んでみて下さい。

スポンサーリンク

車検費用を比較しながら安くするためのポイント

過剰整備がないかを確認しよう

正常に動いている車であれば車検には整備はほとんどの場合は必要ありません。

24ヶ月点検を受けないと車検が通らないと考えられている方もいるかも知れません。

車検には24ヶ月点検は不要です。

車検とはそもそも、最低限の保安基準、公害防止の観点からの検査になります。

つまり、車検が通ったからと言って整備済みというわけではありません。

車検と24ヶ月点検は全くの別の存在です。

 何を持って過剰整備というかは人によって変わってきます。

ただ、車検で愛車を新車にするわけではありません。

例えばバッテリー。

3年も使っていれば交換時期ですと提案されます。

ただ、今のバッテリーはそれ以上持つことも多々あります。

不安な方は交換する選択も正しいです。

必ず言えるのが車は部品の塊なので故障を回避することはできません。

どんなにまめに整備をしていたとしても高速道路のサービスエリアでエンジンがかからなくなることもあるでしょうし、交差点の信号待ちでエンストすることもあるかも知れません。

もし、提案される整備士に恐怖を煽られるとどこまででも部品を交換することになってしまします。

部品交換を提案されたときは、車検のためなのかを確認しましょう。

車検のためならば交換しなければ車検が通りませんので交換が必要です。

そうでない場合には交換時期を検討する必要があります。

  ブレーキパットの場合は「車検ではブレーキが効けばOK」なので車検のための交換は必要ありません。

点検ではブレーキパットの残量が「次の車検までもたないと思われたら交換」と提案されます。

確かにブレーキパットがなくなればとても危険なので適切な提案です。

ただ、あと半年は十分使える程度であっても次の車検まで持たなければ交換を提案される可能性があります。

本来ならば、半年後に交換してもらえば部品も無駄になりませんし、財布も痛みません。

ブレーキパットは新品で概ね10ミリです。

新品の厚みをしっかりと認識した上で、現状の残量は何ミリかを聞いてみましょう。

そのためには、見積もりの整備項目の内容を説明を受けるだけでなく、車検のためにすぐ交換が必要なのか、緊急性はなく予防的に今のうちに交換しておいたほうがいいのかを確認しましょう。

部品交換で高いのは「純正部品」

バッテリーやブレーキパットの例を出してみました。

タイヤの場合も同様です。

タイヤの溝と24ヶ月点検の交換の提案される劣化度合いは違います。

これは今までにお伝えしたとおり、車検と整備ではそもそもの目的が違うからです。

ポイントはタイヤ交換の提案を受けたら、一度ネットでタイヤの価格を調べて見ましょう。

タイヤの型番は見積書に記載があるはずです。

ここでかなり大きな差額があることに気が付きます。

タイヤの通販で安いだけでなく便利なのはオートウェイです。

オートウェイが便利なのは、タイヤの組み換えに関しても、家の近所のタイヤショップで交換できるように手配の手順もあります。

タイヤも自宅に送らなくても工場に直送出来るようになっています。

ネットから予約した近所のタイヤ取り付けショップにあとは行くだけです。

廃タイヤも処分してくれます。

※もし車検の見積もりにタイヤ交換が含まれていたら金額だけでも必ずオートウェイで確認してみましょう。

タイヤが安いAUTOWAY(オートウェイ)の公式ページはコチラから

スリップサインと車検の関係についても別記事にしています。

お時間あればどうぞ

もし車検の見積もり時にタイヤ交換の必要性を提案されたら、その見積もりを確認しながら是非オートウェイで価格をチェックしてください。

サイズの大きなタイヤになると4本で工賃を入れて数万円変わってきます。

 1つの部品にも純正品や社外品、中古部品などがあります。

社外品は新品でありながら価格が安く抑えられています。

社外品が安全性に問題あるということはありません。

ディラーで扱う部品は基本的に純正部品となり部品自体が高いケースがほとんどです。

例えば先程お話したブレーキパットもアマゾンで安く売っています。

これを整備工場に持ち込めば安く整備代は安くなります。

バッテリーも同じです。

amazonにあります。

Amazonでブレーキパットを探す

または中古部品という選択肢もあります。

もうそれほど長く乗らないのであれば中古部品で十分かもしれません。

中古部品を探してくれる整備工場もあります。

また、個人であってもヤフオクやメルカリなどで自動車の中古部品はたくさん出品されています。

これらを工場に持ち込んで交換してくれる工場もたくさんあります。

見積もりを見比べる時は同じ部品がどれくらいの差額になっているかを見極めましょう。

また中古部品や社外品の取扱がないか確認してみてください。

工賃についてもお店によってかなり変わってきます。

工賃は時間単価✕作業時間で決まります。これが適正かどうかの確認が必要です。

 整備の見積もりでの確認事項のまとめ
部品交換の緊急性:車検のために今すぐ交換が必要な部品か否か
部品代の節約:交換が必要ならば、安全で安い部品はないか
工賃:時間単価と作業時間は適切か
整備費用で見極めるべきポイントを挙げてみました。
スポンサーリンク

車検費用の見積もりの比較は安くするために必須

車検費用の内訳は最初にお話した法定費用、整備費用それ以外にも基本料金として24ヶ月法定点検料と車検代行費用があります。

 

比較の必要性は
・法定費用以外の費用の比較
見積もりをとれば車検代行費用の比較や24ヶ月法定点検料の比較がすぐにできます。

・担当者の適切な説明の比較
見積もりをもらうときには説明があるはずです。

担当者が意味もなく恐怖モチベーションで煽ってくるようなところは避けるべきです。

・修理箇所の指摘が過剰整備か否か
いくつかのお店から同様の故障や交換の指摘を貰えば必要度合いを図れます。

・純正部品の扱いはあるか
純正部品の扱いしかなければ部品代は高く付く可能性があります。

・部品の持ち込みは可能か
さきほどご説明したとおり社外品や中古品の持ち込み不可の工場もあります。

ネットで調べていくつも問い合わせするのは大変です。

車検の優良なお店を紹介しているサイトをこの記事の最後にご紹介します。

今回は車検だけ通して、整備をしない業者についてはご紹介していません。

車検後も安心して車を乗るためには、必要な整備はしなくてはいけません。

逆に今すぐ必要ない整備は断る必要があります。

車の車検を出すお店を選ぶには一定のポイントを確認してください。

  ・整備箇所についてしっかりと納得の行く説明ができること
・整備した箇所には保証がつくことを確認すること
・プロの整備士が在籍していて、整備を担当すること
・車検費用は総額で考えるべき
・なるべく有名な店を選ぼう
・部品の価格についても相談できる店
 いいお店では整備に関してもお客様が選択できるように細かい説明と注意点を教えてくれます。

恐怖モチベーションを煽って、整備しないとそれとなく危険ですとだけ伝え、何がどのようにいつの時点で危険なのかの説明をしてくれないようであれば避けたほうがいいかも知れません。

このような説明はもちろんコチラから質問すれば答えてくれるかも知れませんが、自動車の整備に関して素人がうまく質問できません。

そこを理解して先に細かい説明を1つ1つしてくれることが大切です。

すべて提案されたとおりに交換できればいいかも知れませんが、車検で新車にしてもらうわけではありません。

オートバックス車検は比較検討する余地あり

東京都の車検基本料ランキング 店舗名エリア 車検基本料 1 マルダイオート株式会社 東京都あきる野市 9,166円 2 江古田S.S 東京都中野区 9,300円 3 元横山CS 東京都八王子市 9,300円 4 世田谷CS 東京都世田谷区 9,300円 5 府中CS 東京都府中市 9,300円 6 秋留台SS 東京都あきる野市 9,400円 7 亀戸S.S 東京都江東区 9,400円 8 高島平S.S 東京都板橋区 9,600円 9 Dr.DriveWE'LLヌクイSS 東京都練馬区 9,625円 10 東十条駅前SS 東京都北区 9,625円

引用:EPARK⾞検

車の⾞検と買い替えも同時に比較

これまで車の車検費用の内訳や整備の内容の確認についてお話してきました。

ただ、車は消耗品の塊なので交換部品や故障箇所は修理しなくていけません。

現状の車の走行距離や使用頻度などによって大きく代わってくるので、今までお話した方法を試していただいても車検費用が予算オーバーもあり得ます。

その際は車の買い替えの検討も同時に検討することも有効な方法です。

気持ち的にも車検費用を交渉するときに、なんとしてでも車検を通すとなると気持ちが落ち着かない状態になります。

あまり高かったら見つけておいた車検付きの中古車に乗り換えようと気軽な気持ちになれます。

整備してあと2年は乗り通すのもいいですし、車を高い価格で売却して車検付きで保証付きの中古車を購入するのも方法です。

中古車を購入する場合は保証付きが安心です。ズバット車販売は10年間の保証がついている上に、返品も可能です。

車検費用を検討するならば同時に中古車を検討しておくことをおすすめします。

ズバット車販売はコチラから

また、今の車の査定額を知っておくことで車検費用が高いときに次のベストな行動を選べます。

中古車を選び、車検を通すよりも買い替え濃厚になったら早速車の市場価値を確認しておきましょう。

焦る必要はありません。

車検切れでも売却には問題ありません。

また古い車でも走行距離が10万キロでも一度査定をしてもらうことをおすすめします。

売却の査定金額で改めて車検を通すかの検討も正確にできると思います。

車検費用を安くする比較方法@5つの大切なポイント【まとめ】

いかがでしたか?

整備代金については見積もりとにらめっこして、無駄な過剰整備や部品を使わないことです。

車検の見積書で比較したい5つのポイント
1)法定費用以外の費用の比較
見積もりをとれば車検代行費用の比較や24ヶ月法定点検料の比較がすぐにできます。2)担当者の適切な説明の比較
見積もりをもらうときには説明があるはずです。担当者が意味もなく恐怖モチベーションで煽ってくるようなところは避けるべきです。

3)修理箇所の指摘が過剰整備か否か
いくつかのお店から同様の故障や交換の指摘を貰えば必要度合いを図れます。

4)純正部品の扱いはあるか
純正部品の扱いしかなければ部品代は高く付く可能性があります。

5)部品の持ち込みは可能か
さきほどご説明したとおり社外品や中古品の持ち込み不可の工場もあります。

2年毎にこれからも車検や買い替えとは向き合っていかなければいけません。

家計を考える時も数百円の節約を考えるよりもこういった車検などでは数万円の差は簡単に出てしまします。

業者に丸投げするのではなく少しの手間をかけてみることで成果は出るはずです。

最後に先程の優良な車検のお店を探せるサイトをご紹介して終わりにします。ぜひ、安心で安い車検を受けてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

「車検めんどくさい・・」
「無駄にぼったくられたくない」
「でも安い車検なんて探すの面倒」
「安かろう悪かろうは心配」
「整備はしっかりしてもらいたい」

 

なんて考えてしまうかもしれません。

 

ただ、車検費用も少しの手間で
10万円安くなるなんてことは
普通にあります。

 

クルマを買うときや
買い物をするときは
100円でも安くと
比較検討すると思います。


車検は高額な買い物です。

少しの手間をかけて
比較検討してみて損はないはずです。

オートバックス車検では、
安心して整備が任せられて
車検後も安心です。

そのうえ、下記からエントリーすれば
2700ポイントももらえちゃいます。

検討せずに車検に出すなんて
無駄無駄無駄・・

スポンサーリンク