ユーカーパック(UcarPAC) 自動車税

ユーカーパック(UcarPAC)で売却が決まった後に自動車税を滞納していたり、払込済みの自動車税の還付はどうのようになるのでしょうか。5月に払い終えたばかりの自動車税が無駄になってしまったら悲しいですよね。

今回はユーカーパック(UcarPAC)で車が売れた時の自動車税の扱いについて調べてみました。

 

 

ユーカーパック(UcarPAC)で自動車税の還付は?

先程は自動車税を滞納しているときの話をしました。今度は既に払済の自動車税はユーカーパック(UcarPAC)で売却の際は戻ってくるのでしょうか。売却が決まったのが5月や6月でしたらまだほとんど未経過分です。

ユーカーパック(UcarPAC) 自動車税

公式サイトの質問コーナーでは未経過分の自動車税は購入者の負担となることが明記されています。ですので車両価格に含まれているわけでなくきちんと別で計算されていますので安心です。軽自動車の場合は未経過分や月割の考えがありません。軽自動車の場合はユーカーパック(UcarPAC)だけでなく他の買取店でも概ね同じです。自動車税と違って軽自動車は4月1日の時点で1年分の自動車税がかかります。自動車税は年度中に新車を購入した場合でも月割計算でかかってきますのでその差です。

自動車税を滞納している場合

自動車税は4月1日の時点の車の所有者に課税される都道府県税です。実際の振込用紙は5月になってから届きます。振込期限は都道府県によって変わります。概ね5月末が多いです。

ユーカーパック(UcarPAC)で出品の時点では自動車税を滞納していても問題ありません。ただ、売却が決まったら「自動車納税証明書」を添付しなければいけません。もし自動車税が未納ならば納めなければ売却はできません。

ユーカーパック(UcarPAC) 自動車税

自動車税の金額は排気量によって変わってきます。

ユーカーパック(UcarPAC) 自動車税

出典:東京都主税局

もし納め忘れがあれば売却が決まる前に自動車税を納めましょう。自動車税の納め方は銀行以外にもコンビニやインターネットでクレジットカードで支払いができます。クレジットカードの場合はポイントもつくので手数料との比較でお得になるケースもあります。ただクレジットカードで納めた場合には納税証明書が手元にない状態になります。車の売却には自動車税納税証明書が必要になりますので都道府県の税事務所で発行手続きが必要です。納税から10日間ぐらいの期間が必要ですので早めの納付がおすすめです。

自動車税の納付についてはこちらの記事でも詳しく説明していますので参考にして下さい。

 

 

ユーカーパック(UcarPAC)での自動車税の扱いのまとめ

いかがでしたか?
ユーカーパック(UcarPAC)で売却が決まれば自動車税を納めなければ実行できません。まずは自動車税が未納の場合はユーカーパック(UcarPAC)で出品手続きを進めている間に払ってしまったほうがスムーズです。例え自動車税を払ったとしても売却後には戻ってくることも確認しました。ですので特にご不安なく自動車税を納税して下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。