もろコミ デメリット

もろコミでは車を選んだ上で
事前に審査をWEB上で行なえます。

通常1~2営業日で結果が分かります。
審査結果も電話でなくてメールなので安心です。

もろコミでも収支のバランスや
過去の債務状況がご不安でも
安心して申し込めます
とのことです。

まずは事前審査をしてみては
いかがでしょうか。

このページではカーコンカーリースもろコミのデメリットについて調べてみました。

自分で購入すれば安く済むのに、もろコミはデメリットが多いという声もよく聞きます。

確かに費用面だけみたときには中古車購入が自動車を所有する意味では安く済むかもしれませんが、もろコミはデメリットしかないのでしょうか。

もちろん多くのメリットもあります。

もろコミのデメリットを理解しても利用したほうが得する方、口コミなどを掲載しながらもろコミについて調べてみました。

もろコミはカーコンビニ倶楽部が運営主体となって始まったカーリースです。

 

テレビや動画でも月額8,000円から借りれてリースが終わったら車がもらえるととってもオトクな感じがします。

そんなお得感ばかりの雰囲気のもろコミですがデメリットはないのでしょうか。もろコミのデメリットの前にカーリース全般にあるデメリットもあります。

もろコミで実際に払う料金はいくらなのでしょうか。

本当に月額8000円で新車の軽自動車に乗れたらいいですよね。

もろコミはカーリースの中でも残価設定がなく、リース終了後に精算がなく車がもらえる珍しいカーリースです。

とても便利なカーリースのもろコミなのでせっかくなら内容をしっかりわかった上で検討できるといいと思い記事にしました。

手軽に新車が乗れるもろコミの真実をしっかり理解し、デメリットを把握した上で便利に利用しましょう。

スポンサーリンク

カーコンカーリースもろコミだけでないデメリット

もろコミはカーリースのサービスになります。もろコミにデメリットがあるとしてもそれはカーリース全体にあるデメリットかもしれません。まずはカーリース全般に言えるデメリットをお話します。

カーコンカーリースのデメリット① 長期間解約できないのが前提

カーリースは長期に渡って契約することで月額料金を押さえて車を入手できる方法です。1年間で解約したりすることは出来ないのが普通です。解約する場合は違約金が発生します。違約金を払って解約するとかなりの無駄な出費になるケースが多くあります。

長期の契約を前提に考える必要があるのがカーリースのデメリットと言えます。ただ、マイカーを購入しても新車をかって1年後に売ることを考えるとしたら買取査定額が大きく下がりマイナスも大きいです。ですから短期間で車の乗り換えをするのとカーリースのデメリットは同じとも言えます。

カーコンカーリースのデメリット② 走行距離に制限があることが多い

このもろコミでも月間平均走行距離は2000kmまでになります。月間2,000km以上走行してしまうと、精算時に出費が発生することがあります。月間平均距離はほとんどのカーリースにも設定されています。多くは月間2000kmです。通常の通勤で使って土日は長距離ドライブをしても年間を平均して2000kmを月間で走り続けることは余り無いと思います。

この走行距離の規制に関してももろコミのデメリットとは言えず、自分で購入した車も過走行車となれば査定が下がり経済的に考えれば同じ事と言えます。

スポンサーリンク

カーコンカーリースもろコミのデメリット 月額8,000円?

カーリース全般のデメリットについて説明しました。それではもろコミの表示価格について詳しく調べていきましょう。下記の画像はもろコミの公式ページのキャプチャーです。

もろコミ デメリット

もろコミで一番安い車両は確かに月額8,000円~になっています。「~」とボーナス加算ありの言葉が気になりました。

車両は下記の通りです。

ミライースL メーカー:ダイハツ

契約内容をみてみます。もろコミでの契約は大きく2種類あります。「もろコミ9」「もろコミ7」の2通りです。

もろコミ デメリット

答えは簡単に出てきてしまいました。月額8,000円だけでは契約できません。均等払いで月々固定ならば13,932円になります。年2回のボーナス月が34,992円となるとカーリースの月額固定の安心から外れてしまいます。せっかくなら月額8,000円でなく月額13,932円と大きく表記してくれると分かりやすいですね。それはそうとして実際に支払総額からみた時はオトクになるのでしょうか。シュミレーションしてみましょう。

 

スポンサーリンク

カーコンカーリースもろコミは本当にデメリットだらけ??実際の支払額をシュミレーション

ここから実際の支払額をシュミレーションしてみます。車両本体価格は874,800円(税込)になります。

「もろコミ9」のプランで契約したら支払総額はいくら

13,932円が9年なので108回払い 合計で1,504,656円になります。
この時点で差額は1,504,656円-874,800円は629,856円になります。

もろコミのデメリット:約63万の差額は埋められる??

この629856円に含まれているものピックアップしていきます。

通常の購入時1度だけかかる経費
登録手数料
自動車取得税
その他の購入時の経費
車検時 3回分
自動車重量税
自賠責保険料
自動車税 9回分

 

これが内訳になります。

費用回数合計
登録手数料900円1¥900
自動車取得税17496円1¥17,496
自動車重量税免税0¥0
自賠責保険料25070円3¥75,210
自動車税10800円9¥97,200
¥190,806

 

合計金額190806円になります。
629,856円-190806円

439,050円

 

この金額は車両を新車で買って法定費用を払った場合の費用ともろコミでリース代金を払って9年たったときの差額です。

つまりもろコミでリースをするとこの時点で44万円の差額が出てきます。

この差額をどう考えるかになってきます。

上記の表で見るように車検は法定費用しか計算していません。

実際にマイカーを購入して車検を受けると代行手数料がかかります。

代行料は2万円から3万円ぐらいですので車検3回ですと高く方で計算して9万円です。

 

ローンで買えば本来金利も付きます。

この時点で差額33万円になります。

 

新車の値引きも入れていません。
マイカーを現金で購入するのと「もろコミ」でのカーリースを比べると、今回のシュミレーションの場合は支払総額はマイカーを購入したほうが安くなります。

 

もろコミ デメリット

カーコンカーリースもろコミはデメリットだけでない、もろコミの魅力は手軽さにある。

先程のシュミレーションでは経済的には現金でミライースLを購入がオトクになることが分かりました。

しかしながら、ミライースLを現金一括で購入すれば100万前後の現金を用意しなくてはいけません。

また、ローンを使えば金利がかかってきますし、頭金は必ず必要になってきます。
もろコミの実際の支払額は月額13,932円になりますが、頭金も必要なし初期費用無しで新車を手にできることがメリットになってきます。

 

中古車で安い車を購入しても数十万円の現金が必要ですし、安い中古車は整備代もかかってくるでしょう。

もろコミのメリットは購入時の経済的負担の手軽さと毎月のリース代が固定されていることです。

カーコンカーリースもろコミのデメリットは解約時にもある。

ここまでもろコミの実際のメリットについて説明してきました。

トータル費用では購入の方が得なのは間違いないですが、いきなり大きな現金を用意しなくていい手軽さが1番のメリットです。

ただ、費用が多くかかる以外のデメリットはどこあるでしょうか。

一つは解約時です。9年とはかなり長い契約になります。

途中で事故にあって走行不能になってしまったり、車に飽きて買い替えたくなってももろコミの査定金額での精算になります。

マイカーであれば車一括査定などで競合させながら高く売ることも検討できますがもろコミではできません。

もろコミのデメリット以上のメリットを感じている利用者の口コミ

家庭を持った時に分かったもろコミの便利さ

かなり昔にヤフオクでかったエスティマがそろそろガタが来てました。カーコンビニ倶楽部に修理に出した時にチラシをみてもろコミを知りました。エスティマの様に大きい車はスノーボードやサーフィンなど言っていた頃は便利でした。今はあまりアウトドアには行かなくなったので燃費の良い小さい車で充分と考えていました。今は子供も出来て経済的にもまとまった車に費用を投資できません。

かといってまた安い中古車も子供を乗せるのが心配で。。新車でメーカーの補償がある方が良かったのでどうしようか迷っていた時にもろコミを知りました。初期費用もなく手軽に新車が乗れるなら万々歳です。いい時代になりました。早速、申込をして審査を通過しました。納車が楽しみです。

今まで家にあった車を使っていたが・・・

昨年から働きだして社会人2年目の女性です。大学時代に車の免許は取ったのですが一度も自分の車を持ったことがなく、常に親の車を借りて使っていました。ただ、父の転勤に伴い車も一緒についていってしまい残ったのは自転車だけです。自分の車が欲しいと思い何件かの車屋さんを回りましたが、提示されている表示価格より見積もりをもらうとずいぶんと諸費用がかかるものだと残念に思っていました。

新車を買うにはもちろんローンを組むつもりでしたが頭金もそれなりのお金がかかります。それまで貯金してから改めて買うのもいいですが、車は今すぐにでも必要なんです。そのため頭金の少ない車を探していたところにカーコンビニ倶楽部のもろコミを見つけました。

毎月定額で頭金なども無しに新車が手に入る事を知り、すぐに申し込みました。契約の時に車庫証明が必要で一番苦労したのは書庫証明を大家さんに出してもらうことぐらいで後はスムーズに納車されました。

 

まとめ:カーコンカーリースもろコミのデメリット

いかがでしたでしょうか。

もろコミのWEBサイトだけではわからない所にフォーカスして計算してみました。もろコミに向いていない方は現金があり一括で問題なく購入できる方です。購入されたほうが何かと自由でメリットがあります。逆に現金を全額またはローンの頭金を準備することなく、新車を乗りたいならば「もろコミ」は手軽なカーリースです。

どんな車種があるか、支払いのシュミレーションなども公式WEBサイトで出来ます。一度確認して検討してみてはいかがでしょうか。

もろコミでは車を選んだ上で
事前に審査をWEB上で行なえます。

通常1~2営業日で結果が分かります。
審査結果も電話でなくてメールなので安心です。

もろコミでも収支のバランスや
過去の債務状況がご不安でも
安心して申し込めます
とのことです。

まずは事前審査をしてみては
いかがでしょうか。

 

スポンサーリンク