2019年8月現在
エニカ(anyca)の招待コード
招待コード(コピーして使って下さい)
kurumakariru]

「車借りる」
と覚えると分かりやすいですよ。

エニカ(anyca)の招待コードを探している方はコチラからどうぞ。
ドライバーさんもオーナーさんも同じコードでOKです。

ドライバーなら2,500円も割引になるクーポンが貰えます。

オーナーになればanycaのプラットフォーム利用料10%が1ヶ月無料になります。
(2019年9月末まで)

招待コードをコピーした上で下記のanycaのボタンから

今回は少し変わったカーシェアリングサービスのanyca(エニカ)で事故を経験した方に聞いてみました。ただ、このanyca(エニカ)は大変面白く魅力のあるサービスである一方でanyca(エニカ)での事故の際はそれなりの注意が必要です。anyca(エニカ)で事故を起こした時のリスクなどを十分理解して楽しむには利用規約などをしっかり目を通すことが大事ですね。(当たり前ですが・・私も余り目を通さずに利用していました。)

格安で高級車を借りれるってかなり魅力的ですね。また、車が好きな方、愛車を所有しててカーシェアリングのコンパクトカーには乗る楽しみを感じられない方、車を道具と思えない方ならばanyca(エニカ)の利用に向いてるかもしれません。ただ、楽しいドライブも、高級車を借りてホイールをガリっとやれば、免責の10万円までは自己負担。 これはかなりの恐怖感ですね。
今回はanyca(エニカ)で事故の経験を語ってもらいました。

理由は個人同士のカーシェアだからこそ格安で借りれる反面恐怖感もあります。

 

スポンサーリンク

anyca(エニカ)で事故を起こしたってことですが・・

anyca(エニカ)で事故を起こしても保険があると思っていた。

もともと、自分でも車がすきで色々な車を乗り継いできました。都心に引っ越したこともあり自分の車を処分し、車の運転からはかなり遠ざかっていました。あるときネットを検索していたら個人同士で車を貸し借りできるアプリのエニカを知ったんです。

個人同士で車を貸し借りするなんて緊張するな。。と思ったり、事故や保険なんかどうなっているんだろうなんて考えていましたが、1日保険というものでしっかりと補償されているということもあったので何の不安もなく通常のレンタカーを借りている気分で借りました。

初めてのanyca(エニカ)で事故:ホイールをみて頭が真っ白に。。

当日は朝早くお願いして午前6時に待ち合わせ場所で車の引き渡しを受けました。丁寧なオーナー様で車の装備や使い方、注意点など一通りレクチャーを受けてから出発です。目的地について車を一時的に停車するために道路の横に寄せました。

その時変な音がしたんです。ガリガリ・・
びっくりして直ぐに車をおりて確認しましたが、何もないって安堵した瞬間少し下を見るとホイールとタイヤの一部が真っ白になっていました。なんとホイールに思いっきり傷を付けてしまいました。その場ですぐにオーナー様に電話で連絡を入れて「戻ってから一緒に確認しましょう」とのことそのまま旅行行程を終わらせて車の返却をしました。

車返却時にオーナーに報告をして内容を説明して終了です。後日エニカ専属の自動車整備工場に出して連絡しますということだったので、後日連絡を待っていたら見積書が届きました。

anyca(エニカ)を利用する時はかならず利用規約などを読みましょう

オーナー様の方でも修理を何とか値引きするように交渉していただきその上元の傷もあったので3割はオーナー様が負担してくれるとのこと。ただ、修理代は3万程度になりました。てっきりエニカの保険で補償されると思っていましたが、10万円までは自己負担と知ったのはこのときです。確かに、アプリ内で何度も明記されていましたが、私が見落としていました。

anyca(エニカ)ってとても楽しいカーシャリングですが個人間カーシェアのわりに保険で補償されないリスクも高く理解した上での利用をおすすめします。

スポンサーリンク

anyca(エニカ)の事故で1日保険はあまり過信スべきでない!?

anyca(エニカ)は個人間のカーシェアリングなので車のオーナーは通常であれば自動車保険(任意保険)に加入しています。
ところがanyca(エニカ)のドライバーさんにはこのオーナーの自動車保険を使うことによりオーナーの保険の金額が次回から上がってしまいます。

 anyca(エニカ)が東京海上日動保険と共同で開発した「1日自動車保険」の車両補償付きプランにシェアのたびに加入する形となります。アプリで表示されている金額に1日自動車保険の料金を加算した金額が実際にドライバーが支払う料金となってきます。

シェアスタートから24時間単位で計算されます。
ドライバー1人の場合・・・1,800円/日
ドライバーが複数名で利用する場合・・2,700円/日

実際の補償内容と残るリスク

対人賠償責任保険:無制限

対人賠償とは事故の相手方に怪我や死亡など他人に対する保険です。
無制限なのでこの点は心配いりません。

対物賠償責任保険:無制限

対物賠償とは人ではなく相手方の車や財産を損傷させたときに支払われる保険です。
こちらも無制限なので心配いりません。

搭乗者障害特約:1,000万円

搭乗者とはanyca(エニカ)で借りた車に一緒に乗っていた方への補償になります。
搭乗者の保険としては自動車保険によっては3,000万円や5,000万円などの設定もあります。
自分で自動車保険に入る際にはこれ以外に人身傷害保険に入るなどして手厚くしている場合もありますが、標準的とも入れる保険設定額になると言えます。
また自損事故障害特約もついているので、電柱に衝突しての人身傷害であっても対応可能です。

借用自動車の復旧費用保証特約:免責額10万円 最高限度300万円

通常は車両保険と呼ばれる保険になります。anyca(エニカ)では自分の車ではないので借用自動車という名称がついています。この保険の免責額が一番不安の大きいところです。最高限度額に関して言えば、anyca(エニカ)で借りた車を全損(修理不可能)な状態にまでしても300万あれば大抵の場合は対応できます。

ただ、あまりの希少車や高級車の新しい車はこの300万円を時価額(その時の価値)が超えてくるので理解しておいたほうが懸命です。

一番トラブルになりやすいのが小さな傷です。anyca(エニカ)では軽自動車から高級外車まで色々な車が乗れることが特徴で有る一方で運転の車両感覚、ハンドルのキレ角、ブレーキのタッチはそれぞれ違います。

特に外車や高級車になるとホイールが19インチを超えてくると道路に縦列駐車した際にホイールをこすることは簡単に想像できます。ホイールの修理と言っても数万円から10万円を超えることもありますが、免責額10万円と言うことは1事故に付き10万円の自己負担が発生するということです。

anyca(エニカ)を利用する際には、あらかじめこの免責額10万円をしっかり理解しておきましょう。また、anyca(エニカ)で車を借りる際にオーナーさんと現状の傷のチェックをしますがこのチェックの時の傷の認識違いも、返却時のトラブルになりますので注意深くする必要があります。

anyca(エニカ)での事故でのトラブルの一番大きな部分にこの車両保険の免責10万円があると言えます。ただ、この免責額を減らせばその分保険料が跳ね上がり今の金額が妥協点かなと考えますね。

 

エニカの事故でその他保険を支払いできないケース

その他のケースでは一般的な自動車保険と同様ですが、特段の注意点として車の盗難や停車中の当て逃げに保険の適用が無いことに注意が必要です。

自動車保険の車両保険の中にもエコノミー型やオールリスク対応型と大きく分けて2種類ありますがこのエコノミー型が適応されています。つまり、相手方のいない事故の車両保険は対応できないということです。

 高級車をanyca(エニカ)で借りて運悪く盗難にあったら一切の補償無しで全額自己負担での弁償になってきます。先程お話した免責の10万円が自己負担ではなく全額です。それが何百万もする高級車であればかなりの経済的ダメージです。個人間ではないカーシェアリングでは盗難なども保証範囲内のケースがほとんどです。

それ以外にも信号待ちで車をぶつけられて、相手方が逃げた場合も同様に補償がありません。スーパーや駐車場などで当て逃げ事故にあって相手方がわからない時も保険は使えません。免責が10万円ではなく全く保険が適用されずすべて自腹で修理しなくてはいけません。

anyca(エニカ)での盗難については防止策を含め別記事に纏めていますので時間があれば確認してみて下さい。

< よくお問い合わせがあるケース >
・保険の主契約者か臨時被保険者以外の人が運転していた際に生じた損害
(Anyca経由で加入する保険の被保険者は、予約をした方のみとなります)
・利用するクルマの所有者がご自身ないしは配偶者であるケースの損害
クルマの盗難や停車中の当て逃げによって生じた損害
・利用中の事故で損害を被ったのが、配偶者・子またはこれ等が所有・使用するものであった
・法令により定められたクルマの点検・検査によって発見された故障等によって生じた損害
・補償を受けられる方の故意または重大な過失によって、補償を受けられる方本人に生じた傷害
・無免許運転や酒気帯び運転によって、運転者本人に生じた傷害

< 対人賠償責任保険・対物賠償責任保険・対物超過修理費特約共通 >
・第三者との損害賠償に関する特別な取り決めにより、損害賠償責任が加重された場合、その加重された部分の損害
・台風、洪水または高潮によって生じた損害
・借りたお車を運転中の事故により記名被保険者の父母・配偶者または子にケガをさせたり、これらの方が所有、使用または管理する財物を壊したことにより、記名被保険者が被った損害
・臨時被保険者が借りたお車を運転中の事故により、その臨時被保険者の父母・配偶者または子にケガをさせたり、これらの方が所有、使用または管理する財物を壊したことにより、その臨時被保険者が被った損害
・地震・噴火またはこれらによる津波によって生じた損害
・借りたお車を競技または曲技のために使用すること(練習を含みます。)、競技または曲技を行うことを目的とする場所で使用することによって生じた損害等

< その他のケース >
・第三者との損害賠償に関する特別な取り決めにより、損害賠償責任が加重された場合、その加重された部分の損害
・ご契約者、記名被保険者等の故意によって生じた損害
・台風、洪水または高潮によって生じた損害
・借りたお車を競技または曲技のために使用すること(練習を含みます)、競技または曲技を行うことを目的とする場所で使用することによって生じた損害
・地震・噴火またはこれらによる津波によって生じた傷害
・戦争、外国の武力行使、暴動、核燃料物質等によって生じた傷害 等

スポンサーリンク

anyca(エニカ)の事故った場合は・・まとめ

いかがでしたでしょうか。anyca(エニカ)の保険内容から考えて、かなり慎重で責任ある行動が必要になってきます。カーシェアリングで高級車がかなり安く借りれたと喜んでいても事故などに合えば経済的利益がすべて吹っ飛んでしまうかもしれません。

それでもanyca(エニカ)は画期的で、面白いサービスです。利用規約に目を通し、保険の内容を理解してからanyca(エニカ)を楽しんで下さい。あまり読んでなかった、知らなかったでは必ずトラブルの元になります。

2019年8月現在
エニカ(anyca)の招待コード
招待コード(コピーして使って下さい)
kurumakariru]

「車借りる」
と覚えると分かりやすいですよ。

エニカ(anyca)の招待コードを探している方はコチラからどうぞ。
ドライバーさんもオーナーさんも同じコードでOKです。

ドライバーなら2,500円も割引になるクーポンが貰えます。

オーナーになればanycaのプラットフォーム利用料10%が1ヶ月無料になります。
(2019年9月末まで)

招待コードをコピーした上で下記のanycaのボタンから

スポンサーリンク