NOREL(ノレル)で車を探しているとLIBERALAって文字が輸入車の写真に出てくるようになりました。これはどの様な意味を持つのでしょうか。少し気になったので調べてみました。LIBERALA(リベラーラ)とは外車専門の販売店です。2017年8月29日より株式会社IDOM (旧社名:ガリバーインターナショナル)がNOREL(ノレル)の車種強化、外車のラインナップを増やすため提携しました。

これにより、輸入車のラインナップが一気に増えて今まで乗ることが出来なかったポルシェやベンツ、アウディやBMWなども揃いました。NOREL(ノレル)の発表によると輸入車は1.5倍に増えたそうです。かなり高級な外車も揃えており、月額が20万のプレミアムクラスの車のリースも始まっています。

NOREL(ノレル)公式ページ
https://norel.jp

 

例えばこのローバーです。月額20万円。

NORELには他にもたくさん外車があります。


 

 

 

これを中古車で買うとなると・・

 

 

 

600万ですか。。

なかなか乗ろうにも乗れる車じゃありませんね。一度購入して2年間の暫定で乗ったとして残価価値はどれくらいか考えてみます。

 

 

NOREL(ノレル)のLIBERALA(リベラーラ)で得な外車の乗り回し方

1年さかのぼって2015年式で調べてみました。約200万の値落ちになっています。高年式車は値落ち率がとても高く、低年式車ほど値落ち率が低いです。走行距離は2016年式が3万キロに対してこの2015年式は2万キロ台です。それでも値落ちは200万円です。仮に購入して2年後に売却したら400万近くの値落ちをしても不思議ではなりません。それを考えるとNOREL(ノレル)で月額20万円で借りて2年乗って480万円です。

これだけみると金額的な損失が出てますが、2年乗る必要はありません。価値の高い高年式車を90日毎に乗り換えることが出来てしまいます。
もし中古で購入してたら購入価格と売却価格の差でかなり大きな損失になります。NOREL(ノレル)がLIBERALAと一緒に連携してこういった高級外車が増えて楽しみが多くなりました。

NOREL(ノレル)は経済的な面から考えるカーリースではなく、車を楽しむコンセプトでこういった高年式のいい車だけを90日で回転させながら楽しむのもいいと思います。

 

スポンサーリンク