NOREL 高い

ノレル(NOREL)は高いとの声もよく聞きます。ノレル(NOREL)が高いか安いかの価格の比較はどの様な対象とするかによって変わってきます。ノレル(NOREL)が一概に高いと言われる理由は、自分で中古車を購入して長く乗ることと比較すればノレル(NOREL)が高くなると言えます。確かに月額19,800円から20万超えのラインナップになるので安くて手軽なサービスとは言いにくいのも事実です。一方で車を所有するのは安いのでしょうか。

NOREL(ノレル)公式ページ
https://norel.jp

ノレル(NOREL)が高いと言われる理由は・・

例えば、かなりの走行距離で年式の古い国産車であればそれこそ30万以下で手に入れられる車もたくさんあります。もし、安く車を手に入れたいとお考えの方は、ヤフオクなどの個人売買や中古車買取で有名なガリバーやgoo買取などで検索することをおすすめします。

ただ、中古車を安く手に入れても、車に関する出費はそこで終わるわけではありません。特に安く年式の古い、過走行距離の車であれば整備することが前提です。その後の整備代金も新車に比べれば何倍も高くなります。

ノレル(NOREL)が高いとの声の中にはこの様な自分で車を維持するのに比べて高い、月額料金が高いと認識があるように思えます。

ノレル(NOREL)を利用するメリットは下記の様なことです。

NORELの魅力
・自由に車を乗り換えられる
・その時の用途にあった車に乗れること
・通常では買わないような車でも自由に使うことが出来る。

ノレル(NOREL)の月額料金だけみて高いと判断するのではなくて具体的にどの様な方がノレル(NOREL)を使うべきなのか。逆にノレル(NOREL)を使うことで損をする方、使わないほうがいいと思われる方などを考えてみました。

 

ノレル(NOREL)が高い?じゃどんな人にオススメ?

NORELは中古車販売大手のガリバーから登場した新サービスです。簡単に言えば、カーリースサービスのカテゴリーに分類されるでしょう。
ただ購入するよりもノレル(NOREL)は高くって損だと感じている方も多いようです。公式ページでも予算の比較だけを考えた場合は5年同じ車に乗るかどうかが区切りのようです。ただノレル(NOREL)は費用やコスパではない別のおすすめがあります。

平均して5年ほどの長期契約となるのが普通で契約終了後も同じ車に乗り続けたり、そのまま買い取る事が出来ます。NORELが高いのでは?とお感じの方にNORELのおすすめポイントを解説しています。

NOREL 高い

出典:NOREL

NOREL(ノレル)公式ページ
https://norel.jp

 


カーリースは、実際には車を買い取る感覚に近いと言えるでしょう。

[blogcard url="https://carshare-info.online/nore-lconsideration/"]

それに比べるとノレル(NOREL)は、最短90日つまり3ヶ月から契約する事の出来るサービスで一般的なカーリースよりもより手軽なサービスとなっているのが特徴ですね。一般的なカーリースとレンタカーの中間にあたる様なサービスと言えばイメージが付きやすいかもしれません。

ただどういったサービスであっても、万人にベストだとは限らないものです。それは、ノレル(NOREL)であっても同じ事ですね。ノレル(NOREL)が高く感じることもあります。車によってはどちらとも言えます。人によっては、車を普通に購入した方がメリットがあるかもしれませんし、レンタルカーで充分かもしれまん。そこで新サービスのノレル(NOREL)はどんな人にとって魅力的なのか、どんな人にオススメ出来るサービスなのか見ていきましょう。

 

ノレル(NOREL)が高い?? NORELの魅力を実感出来るのはこんな人!

ノレル(NOREL)を楽しめるひととは
一体ノレル(NOREL)は、どんな人にオススメなの?
自分はノレル(NOREL)の魅力を実感出来る?
車が欲しいけどノレル(NOREL)は自分にあっている?

と悩んでいる人は、以下のポイントに当てはまるかどうかチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

ノレル(NOREL)が高く感じる人・あまりオトクを感じられない方

ノレル(NOREL)は高く感じてしまうかも

普段は全く車に乗る機会がなくて、たまにみんなで旅行に行くときなどに車の必要性を感じる

もしかしたら、週末だけ割り勘でレンタカーを借りたり、必要なときだけ車を準備するほうがオトクかもしれません。
レンタカーなら車種も色々あるので2人でデートの時、5.6人でドライブの時と車をその時に合わせて選べます。

 

日常でも買い物などは電車や自転車で事足りるけど、大きい買い物は車があったら便利とお考えの方

普段、車を使うこともなく大きい買い物のときだけ使うならカーシェアリングを検討されることをおすすめします。
ノレル(NOREL)でカーリースをすれば税金などの諸費用はかからなくても、駐車場代が必要です。
近所のカーシャリングを見つけて契約だけしておけばいつでも車を利用できます。

ノレル(NOREL)よりも中古車購入がオトク

車は移動手段であり、車種にこだわりはあまりない。
車は道具ですよね。基本的には移動手段の一つ。
ただ、車にも多くの色があったり、車種があるようにこだわりを持つ方もいれば、特段こだわりの無い方もいます。
特にこだわりがなく、移動できればいいということであれば自分で所有したほうが結果コストが安く済む可能性が高いです。

走る・止まる・曲がるがしっかりできればどんな車でもいい
車としての基本性能ですよね。
しっかり安全が確保できていればどんな車でもいいとお考えの方は、低価格帯の整備のしっかり行き届いた中古車を購入される方がオトクになるケースが多いでしょう。

車への経費の考え

車には極力お金をかけたくない。そもそも車に余り興味がない。
いままで話したようにノレル(NOREL)は車を所有するのに比べると高くなるケースが多いです。

 

逆に、車にとても興味があり自分らしいカスタムをしていきたい。
ノレル(NOREL)はカーリースなので自由にカスタムすることが出来ません。人と違ったホイールに変えたい、マフラーも自分の好きな音色のマフラーにしたい。カーオーディオやナビにもこだわりたいし、ドライブレコーダーも最新のを付けたい・・・・などお考えの方は、やはり所有する方向で検討されるしか方法がありません。

スポンサーリンク

ノレル(NOREL)が高いと感じない・NORELの利用の向いている方は?

ノレル(NOREL)は高い安いだけでない。シーンに合わせて車を乗り換えて楽しみたい

ノレル(NOREL)の最大の魅力と言ってもいいのが、車の種類が豊富でシーンに合わせて車を乗り換えて楽しめるという事です。コンパクトカーやミニバンといった定番人気の車種からスポーツカー、高級外車まで多種多様な車をその時の気分や用途によって選べるのは、色んな車を楽しみたい人にはピッタリですね。

レンタルでは短すぎる、かといって一般的なカーリースよりももっと短期間で色んな車に乗ってみたい人には90日~OKなノレル(NOREL)は最適だと言えるでしょう。例えばアウトドアが多くなる春から夏にかけては、キャンピングカーをチョイス、町乗りが多くなる季節にはスポーツカーや憧れの外車をといった具合にノレル(NOREL)ならまるで衣替え感覚でクルマを乗り換えられますね。

この様な乗り方でも、普段からクルマを使う方なら中古車で自己所有のクルマを用意しつつ、特別なときだけレンタカーといった方法もあるかもしれません。ただ、レンタカーで外車になれば24時間でもかなりの金額になります。ミニバンであってもレンタカーでは車両の数に限りがあり、年末年始や夏休み、ゴールデンウィークなどにはかなり前から予約が必要になる上、高額の部類になります。

また、年に数回の買い替えを考えると検討外の金額になってきます。

 

NOREL 高い

NORELにはたくさんの車がありますよ


自分で中古車を所有して普段の足にして、必要なときだけレンタカーはコスト的にかなり高くつくと言えるでしょう。それを考えるとノレル(NOREL)は3ヶ月毎に必要なクルマに乗り換えられるメリットを感じていただけるかもしれません。ノレル(NOREL)は先程お話したように1台を長く乗ることを考えると、中古車購入にはコスト的にかなわない部分もありますが、クルマを楽しむといった別の次元での楽しさがあります。

ノレル(NOREL)ならコスト的にも頭金がいらない、ローンに縛られなくていい、必要なくなったら90日以降はいつでも返せるなど生活をマイカーに縛られることなく利用できます。

ノレル(NOREL)の距離規制。普通は1ヶ月あたりの平均走行可距離が2,000kmはいかない。

ノレル(NOREL)はリース中の1ヶ月の平均走行距離が2,000km程度という人にオススメです。

ただ、ノレルは元々業務利用は禁じられているので通常のプライベートの利用で月平均の走行距離が2,000km行く方はあまりいません。
あくまで月の平均なのでカーリース中に仮に1ヶ月2,500km走っても翌月に、1,500km以下であれば問題ありません。

仮のシュミレーションとして冬にスノーボードに東京から新潟に行くと考えた時往復で500kmぐらいになります。毎週末、東京から新潟にいってやっと2000kmです。それを毎月こなすことは普通は余り考えられません。1ヶ月の平均走行距離が2,000kmを超えてしまうと、超過走行料金として月額利用料の20%×利用月数が追加徴収されてしまいます。かといって、例えば月に数回しか乗らず走行距離が短すぎるケースでもコストパフォーマンス的に大きく損をしてしまうのです。

ノレル(NOREL)は高くない。その上、車は妥協出来ない

車は購入にも維持にもコストがかかるものです。また、ローンを利用して車を購入する場合、その年数が長くなるほど利息で何十万円という余計な出費が発生します。つまり、その車の価値以上のお金がかかってしまうこともあります。その点、ノレル(NOREL)なら車検費用や余計な利息、税金が発生する事がありません。

同じ車に長期間、5年以上大切に乗る方はNORELは高く感じるかもしれません。ただ、それであっても車に関しての余計な手間が省けるのは魅力的です。車検の手配、保険の手配や引き落としの確認、税金の納付などにかかる時間も大切な自分の時間です。その時間も含めて費用を考えれば決して高いとは言えないでしょう。

短期間で好きな車に妥協せずに乗り換えたいという人にとっては、コストを出来るだけ抑える事の可能な魅力的なサービスだと言えるでしょう。上記に当てはまるなら、ノレル(NOREL)の魅力を十分に実感出来るはずです。

 

ノレル(NOREL)で「高い」という疑問。後悔しない為に注意しておきたいこと

中古市場の価格と比べるのNORELは高いと感じることもあるでしょう。そういった時は一度、中古市場の車を購入してその他の諸費用を色々と計算してシュミレーションしてみることをおすすめします。

ノレル(NOREL)は、車が好きでシーンに合わせて気軽に車を乗り換えて楽しみたい、車種にも妥協をしたくないという人にオススメのサービスになります。ただ、覚えておいて欲しいのが、ノレル(NOREL)はとにかく安くお得に車に乗りたいという人に適したサービスではないという事です。何故なら、同じ車に長く乗る事を考えた場合には、ノレル(NOREL)はコストパフォーマンス面ではどうしても劣ってしまうからです。
ですから、悪魔でもノレル(NOREL)がオススメな人は豊富な車の中から気軽に色んな車に乗り換えたい人向きという事です。

普通に車を購入するとしたら、一握りの人を除いては人生で買い換える事の出来る車の台数は限られているでしょう。それが一般の人でもコストを少しでも抑えながら、洋服を着替える様に色んな車に乗り換えられるサービスを実現したのがノレル(NOREL)なのです。

NOREL(ノレル)公式ページ
https://norel.jp


ノレル(NOREL)で予約してみようと考えている方へ

いざノレル(NOREL)で予約してみようと考えても予約できないこともよくあるようです。ノレル(NOREL)は中古車を扱ったカーリースです。ですので、同じ月額で同じコンディションの車種を探すことは中古車を探すこと同じです。

予約できない理由は、先に予約が入ってしまったという場合や運営主体のガリバーは同時に中古車販売をしているので売れてしまう場合もあります。ですので、まずはめぼしいクルマを見つけたら予約してみることをおおすすめします。中古車購入と違い、あくまで90日が最短の契約になりますので、もし必要なくなったとしても90日後に返却できます。

せっかくいい車を見つけて先に予約されてしまったことを考えるともったいないかもしれません。

スポンサーリンク