dカーシェア 口コミ 評判


ドコモのdカーシェアの口コミや評判などから他のカーシェアリングとの違いなどを調べてみました。dカーシェアの大きな特徴は通常のカーシェアとマイカーシェアと呼ばれる個人間のカーシェアとレンタカーまでを総合的に提供しているサービスです。もう一つdカーシェアの大きな特徴が決まった月額料金が無料であることが最大の特徴です。後ほど詳しくお伝えしますが入会金はもちろん、固定の月額料金がかからないというだけで予備としていざと言うときのために入会しておいても損はありません。口コミや評判をみていてもdカーシェアの月額料金が無料が魅力的という言葉が多いのも事実です。早々に公式サイトでご確認されたい方は下記から公式サイトにいけます。

一度自分で車を所有してしまうと、使ってない時間でも月極の駐車場代がかかります。それ以外も毎年の自動車税や車検、自動車保険など諸費用があとからかかってきます。カーシェアリングの大手と言えばタイムズが有名でした。改めてdカーシェアの他のカーシャリングのサービスと違いや特徴、口コミや評判をみていきましょう。

現在はマイカーを所有しているが、今後の車の利用方法を検討中の方
数あるカーシェアリングの会社の中でどれを選ぶべきかお悩みの方
せっかくマイカーがあるなら、個人間カーシェアで副収入を得られないかと考えられてる方
dポイントを貯めたり使ったりされている方

このような方のお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

dcarshare(dカーシェア)の月額無料以外のメリット

要点をまとめると下記の3点になります。

  1. dポイントを貯めたり使ったりすることができること
  2. dカーシェアのメリットとは1つのアプリで3つのカーサービスを受けられること
  3. 登録料となる初期費用も無料で月額料金もかからないこと

dカーシェアでdポイントがたまる

dカーシェアのWebサイトではサービスをわかりやすく紹介する動画もありますので初めての方はまずその動画をご覧いただくとわかりやすいと思います。都心部に住んでいる方にとってはマイカーを所有するだけで高い駐車料金と維持費のわりに実際車を使うのは月に何日かなんていう方も多いと思います。しかしあまり使わない車を持っているだけでお金がかかるのは非常に経済的にももったいないわけです、カーシェアリングサービスはそういった都会に住む人々に非常に注目されており、利用者がどんどん増えているサービスです。

しかもその運営が携帯キャリア大手のdocomoです。今でもdocomoユーザーだという方も多いと思いますが、すでにdocomoユーザだとしたらdカーシェアを利用するのもとても簡単です。もちろんdカーシェアを利用することによるdポイントもしっかり貯まりますしdポイントを利用することも可能ですからdocomoユーザにとってはありがたい新サービスと言えます。

dポイントが使えるdカーシェアの料金

通常のカーシェアでは利用料やキャンセル料にdポイントを使いことができます。キャンセル料とは利用開始の1時間前から発生します。利用料金の予定の50%です。ただ飲み物などで車内を汚してしまった場合は原因や状態によって8,000円から50,000円の違約金(ペナルティ料金)がかかります。それ以外の違約金は下記の通りです。

忘れ物 オリックスカーシェアが忘れ物を回収する場合
5,000円+実費
緊急出動費用 5,000円/回
送料(着払)実費

車両の汚損 1 嘔吐物・喫煙・その他異臭がある場合
(車内消臭やシートのシミ抜き等のクリーニングが必要な場合)
50,000円
原状回復費用 30,000円/回
ノンオペレーションチャージ

車両の汚損 2 上記クリーニング以外の車両清掃
8,000円
緊急出勤費用 5,000円/回
原状回復費用 3,000円/回

正しく駐車していない ・返却予定ステーションと同じ駐車場敷地内で、駐車枠を間違えた場合
・第三者から車枠内に正しく駐車されていないと指摘があった場合
6,000円
緊急出動費用 5,000円/回
車両移動費用 1,000円/回

消灯忘れ ライトやルームランプの消灯忘れ
8,000円+バッテリー交換の場合10,000円
緊急出動費用 5,000円/回
原状回復費用 3,000円/回
バッテリー交換の場合 10,000円

備品紛失 定期駐車券や給油カード、ステーション設置備品の紛失、破損
20,000円+実費
原状回復費用
実費相当額/枚(個)
ノンオペレーションチャージ

駐車券取り間違え 定期駐車券(パスカード)で入出庫するステーションにおいて、誤って一般駐車券で入庫し、次に予約している会員さまが出庫できなくなった場合
10,000円
緊急出動費用 5,000円/回
駐車料金の精算に関わる費用
5,000円/回

車両の放置 返却予定ステーションとは異なる場所に、故意に車両を放置した場合
実費相当額×300%
車両返還場所変更違約料
実費相当額×300%/回

この違約金(ペナルティ料金)にはdポイントは利用することができません。またdポイントを貰えるのは利用料金に対して利用付きの翌々月上旬にもらえます。こちらの場合も先程と同様違約金(ペナルティ料金)の支払いは対象外になります。

マイカーシェア(個人間カーシェアリング)、つまりマイカーを貸し借りするサービスにも利用できます。通常のカーシェア同様にキャンセル料についてもdポイントを利用できます。マイカーシェアでのキャンセル料金については車を貸すオーナー側の設定で変わってきます。

オーナーがキャンセル料金を有りで設定している場合はキャンセル時間により料金が異なります。マイカーシェアでのキャンセル料金は下記のとおりです。また保険料の支払いにはdポイントは使えません。

使用開始時間の24時間前まで:なし
使用開始時間の24時間前~使用開始時間まで:共同使用料全体の25%
使用開始時間以降(*):共同使用料全体の50%
*使用開始時間から2時間経過後はキャンセルできません。また、使用開始時間後のキャンセル時には、既に発生した保険料の支払責任があります。

dポイントを貰えるのも共同使用料金に対して使用月の翌月にもらえます。dポイントを使えるのと同様に保険料の支払いにはdポイントはもらえません。レンタカーでは利用料にdポイントを使えますし、貯めることも出来ます。利用月の翌々月の上旬にもらえます。

dカーシェアでは、3つのサービスが同時に選べる

dカーシェアはカーシェアリングだけでなく、レンタカーやマイカーシェアと呼ばれるサービスも提供しています、それぞれのサービスは利用用途によって使い分けることができるのもdカーシェアのメリットです。これまでのレンタカーはレンタカー屋さん、カーシェアはカーシェア専門の業者さんといった面倒な使い分けも不要になるのもdカーシェアのいいところです。dカーシェアのマイカーシェアなどはこれまでにないサービスです、車が好きな方にとってはいろいろな車に乗ってみたいという願望がありますが、なかなかそういうわけにはいきませんが、dカーシェアは個人単位で自分の車をシェアすることができるので憧れのあの車やこの車をシェアすることができるわけです。マイカーシェアは車好きな方に非常におすすめなサービスです。

この3つのサービスが統合することにより、他のカーシェアサービスとは違った圧倒的な車種があります。軽自動車から高級外車まで選び放題です。これはdカーシェア以外のサービスでは見当たりません。また、車種の豊富さだけでなく貸出場所についてもその分増えるだけでなく、マイカーシェアの場合はデリバリーといって車のオーナーが適切な場所まで持ってきてくれるサービスを提供していることもあります。

まさにカーシェアリングの日常的な足として、マイカーシェアの憧れの外車でドライブとして、レンタカーの旅行などでの利用などdカーシェアのアプリひとつで様々なことが実現します。

dカーシェアは初期費用も月額の固定料金もかからない

通常のカーシェアリング大手は月額料金が1,000円程度かかります。ただこの月額基本料金も利用料と合算できますので実質無料にすることは可能です。車の利用が日常的ならば入会しておいて損はないと思います。ただ、必ず毎月使うことがない場合は無駄になってしまうこともあります。dカーシェアでは月額基本料金がかからないことを考えるといざと言うときに使える安心感は得たとしても無駄になることは考えられません。

スポンサーリンク

dcarshare(dカーシェア)の口コミからの評判は、3つのサービスが使えること!

dカーシェアには3つのサービスがあるということは前述しました、ここではそれぞれのサービスについて詳しく解説したいと思います。

dカーシェアのカーシェア

dカーシェアのメインサービスとなるのがカーシェアです。カーシェアは最短5分ですぐに車を利用することができます。基本的に車を使いたい状況になったら近くにあるシェアできる車を選んで利用するのですが、その利用方法がdocomoならではです。そうです、車のキーがスマートフォンなのです。アプリなどでお財布代わりになっているスマホですが、最近では車のキーの代わりにすらなる時代になっています。もちろんシェアできる車探しもスマホでできるようになっていますのでスマホひとつですぐに車を利用できる嬉しいカーシェアがdカーシェアというわけです。

dカーシェアは初期費用や月額費用が無料なのも大きなポイントです。
他のカーシェアではたいてい利用しなくとも毎月定額支払いが必要な場合が多いため、車を使うかどうかわからないのに毎月お金を払うことに躊躇してシェアリングをあきらめている方も多くいらっしゃいました。その点dカーシェアならとりあえず会員登録しておけばあとは使わなければ使わないでお金は発生しないですし、必要になったら便利に車を使えばいいだけですからメリットだらけです。dカーシェアは実はオリックスカーシェアと連携しています、オリックス、docomoどちらにしても利用者の利便性向上につながっているわけですね。

 

dカーシェアのカーシェアの料金

もちろんカーシェアなのでガソリン代は含まれています。

dカーシェア 評判

dカーシェア 評判

 

dカーシェアのカーシェアの利用の流れ

dカーシェアでのカーシェアの利用の流れは4つです。

dカーシェア 評判

 

①予約に関して

利用の2週間前から最長4日間の予約ができます。予約時はステーションに配備された車種から選択が可能です。色の指定などはできません。気をつけなくては行けないのが利用中のドライバーの交代です。基本的にはdカーシェアの会員登録されたご本人以外は運転できません。ただ、オリックスカーシェア会員のプランA、B 学生プラン、dカーシェアプランとなっていれば運転することができます。その際も事故などが発生した場合は予約時の会員が対応しなくてはいけません。特にオリックスカーシェアの会員でない方が事故などを起こした時は保険が適用外にになります。

②ステーションに行く

クルマの解錠につかう電子キーですがステーションに到着後、ご利用時間の15分前になったらサポートセンターに電話します。<0120-337-360>自動音声に従って電子キーの登録を済ませてからオペレターの案内通り車両のカードリーダーにて読み取り登録します。ドコモのFeliCa®搭載のスマートフォン(Androidのみ)をお持ちの方は、アプリでの初回のカーシェアご予約時*に、お手持ちのスマートフォンを車両の電子鍵としてアプリからご登録頂くことが可能です。登録までは10分程度かかることもあるそうです。

クルマの鍵の開け方はカードリーダーが緑の点灯を確認してWalletアプリから電子キーを選択します。電子キーを2階タッチすると解錠します。グローブボックスのキーボックスから貸出に回して抜いてクルマのエンジンをかけます。給油カードの位置も確認しておきましょう。

 

③クルマの利用

車内はアイコスやプルームテックを含めて禁煙になります。(厳密には電子タバコについてはお控えくださいとの表記です。)ペット乗車も禁止で灯油も持ち込めません。

乗車前には必ず車両の傷やヘコミの確認をしましょう。あとからですと誰が傷つけたのかが特定できなくなります。傷を発見した場合はオリックスカーシェア問合せ受付センターに連絡します。ドライブ前で忙しいとは思いますが、この傷のチェックと報告は必ずしておいたほうがいいですよ。もし報告せずに次のドライバーが乗る前に報告が入れば自分自身が疑われてしまうのも残念です。

シェア中は保険があります。自動車保険の内容は下記の通りです。

dカーシェア 評判

 

また下記のような場合はdカーシェアの保険が効かないケースがありますので注意が必要です。

 

1,事故時に警察およびオリックスカーシェアへの連絡等所定の手続きがなかった場合
2,貸渡約款に違反している場合
・迷惑(違法)駐車に起因した損害・飲酒および酒気帯び運転・薬物使用・無断延長・登録運転者以外の運転
・又貸し・無免許運転(運転免許停止期間中や運転できる自動車の種類に違反している場合を含む)
・無断で示談した場合・各種テスト、競技に使用し、または他車のけん引、後押しに使用した場合
・その他、貸渡約款に定める免責事項に該当する事故 等
3,オリックスカーシェアが締結する損害保険の保険約款の免責事項に該当する場合
・天災(地震、津波等によって生じた損害)・故意による事故・タイヤ単独の損害(火災・盗難を除く)
・ホイールキャップの紛失、破損・鍵の紛失、破損・会員さまの所有、使用、管理する財物の損害等
4,当使用、管理上の落ち度があった場合
キーをつけたまま、または施錠しないで駐車し盗難にあった場合
・使用方法が劣悪なために生じた車体等の損傷や腐食の補修費
車内装備の汚損・装備品の紛失・ジュニアシートの取付および装着不備による損害
・海岸、河川敷または林間等車道以外で走行した場合の車両損害(維持、管理された道路以外での事故)
・給油時の燃料種別の間違いにより生じた補修費等の損害等
上記、保険・補償額が適用されない損害、また補償の限度額を超えた損害については、会員さまの実費負担となります。
相手不明の当て逃げ・車上荒らしによる損害・ガラスへの飛び石について保険・補償額の適用を受けるためには、警察への届出が必要です。

飲酒運転やそれ以外の規定については常識的な範囲で理解できる部分もあります。ただ先程、違約金(ペナルティ料金)の部分でお話した車内を汚した場合は保険適用外です。車内で色のつく飲食物を召し上がるときなどは注意が必要です。また鍵の抜き忘れなど少しコンビニなどに立ち寄る際も必ず鍵を閉めましょう。

またこのような事故による補償だけでなく、クルマが使えたくなった場合は営業補償としてNOC(ノンオペレーションチャージ)がかかってきます。レンタカーなどでも同様にかかります。NOCは修理期間や損害の程度にかかわらず一律になります。

自走して返却予定のステーションに返却した場合 20,000円
自走不可能な場合 50,000円

 レッカー代などの車両を運ぶ費用も会員の負担です。これを見ると少し不安になるかも知れませんがこのNOCもあんしん補償サポートfor dカーシェアで補償されているので安心です。

1,事故におけるNOC免除
免除
2,タイヤパンク
損傷タイヤの修理代
またはタイヤ代無償
3,鍵のインロック
無償
4,利用中のバッテリー上がりに伴う現地ジャンピング費用
無償
5,事故等のレッカー対応
無償
6,ガス欠での現地給油
無償
7,事故・故障時の代車費用
レンタカー費用負担
または近隣カーシェアへ無償振替
※事故時の対応は1年間(4月~翌3月)に1回限り
※自走できない事故・故障のみ

先程のタイヤの損傷は自動車保険では対応していません。あんしん補償サポートfor dカーシェアで保証される形になります。ただ適用外規定があります。しっかり確認しておきましょう。少し注意してみたほうがいいことを主観ですが、赤字にしてあります。

1.~4.の補償内容に関して、下記に該当する場合、補償適用外となります。

①警察・オリックスカーシェアへの連絡がない場合
②貸渡約款に違反した場合
会員外運転、駐車違反、飲酒運転、薬物使用、無断延長、など)
③NOCに関して、事故以外のNOCの場合
鍵の紛失、破損
会員の所有・使用・管理する財物等との事故の場合
⑥故意・過失・使用上の落ち度がある場合
キー施錠なしでの盗難やいたずら、劣悪な使用方法、河川敷・砂浜・林間等の車道以外を走行した場合、など)
※④~⑥はオリックスカーシェアが締結する損害保険約款に基づいており、当該保険約款が変更となる場合は本規定も変更となります。
※NOCが免除になった場合でも、入会契約の解除・利用停止の基準に該当する場合はそれぞれ解除・停止となります。

5.事故等のレッカー対応に関して、下記に該当する場合、補償適用外となります。
上記①~⑥に該当する場合
⑦雪道、砂道、泥道からの救護
(溝への脱輪からの引き上げは、クレーン含み無償範囲内)

7.事故・故障時の代車費用に関して、下記に該当する場合、補償適用外となります。

⑧自走できる事故・故障
[補償内容詳細]
対象:自走できない事故・故障のみ
車種:カーシェアの貸出車両と同等クラス
オプション:カーシェア貸出車両と同内容まで
・ナビ、ジュニアシート
・冬タイヤ(カーシェア車両に搭載がある場合のみ)
・免責補償(CDW)、安心パック(RAP)は付帯可
配車:不可(事故の場合はレンタカー店舗までの移動費用は自己負担、故障の場合はオリックスカーシェア負担・ただし合理的な交通手段及び経路に限る)
乗捨:オリックスレンタカーご利用の場合のみ可。(ただし返却店舗は貸出ステーションの最寄店舗、または登録している自宅・事務所の最寄店舗のみ)
予約:会員さま自身で手配・費用は一時立替、領収書をオリックスカーシェアに送付
※受領後、後日オリックスカーシェアから振り込み
期間:カーシェア車両返却予定時刻の24時間後限度
店舗:原則オリックスレンタカーに限る
ガソリン代:会員さま負担

近隣に店舗がない等の理由でオリックスレンタカー以外のレンタカー会社を利用する場合は、オリックスカーシェアの承認を得た上で、事故・故障発生場所の最寄りレンタカー店舗のみ可とする。補償金額はオリックスレンタカー定価の金額を上限とする。
※カーシェア無償振替については相談の上で場所等を決定する。故障時のカーシェア振替は、最寄のステーションまでの交通費をオリックスカーシェアで負担いたします(ただし合理的な交通手段及び経路に限る)。

このあんしん補償サポートfor dカーシェアの適用除外をみてみると下記のような注意点がみえてきます。飲酒運転などは当たり前として省いています。

何かあれば、オリックスカーシェアか警察の適切なところへ連絡する
運転が許されていない方の運転はしない
鍵は慎重に取り扱う
クルマの施錠は毎度確実に行う
自宅の駐車場などに停める時は特に注意する

ここまで運転中の気をつける点や保険、NOCについてお話してきました。利用が終わったらお知らせに完了通知が届きます。もしご自身で給油した場合は料金が割り引かれますので申請を忘れずにしましょう。

マイカーシェア

あまり聞いたことがないサービスと思いますが、dカーシェアにはマイカーシェアというサービスがあります。これは実は個人でシェアしてお金を得たいという個人ユーザーさんが登録している車をシェアすることができるというサービスです。個人ユーザーですからカーシェアやレンタカーと違い、車種は非常に豊富です。中には高級車やスポーツカーなどあこがれているけど自分ではなかなか購入できないあこがれの車に乗ることも可能なわけです。

利用する場合はもちろん利用料が発生しますが、新車を購入するのに比べれば安い料金であこがれの車に乗ることができるわけですから車が好きな人には嬉しいサービスと言えます。

レンタカー

最後にレンタカーですが、レンタカーは従来のレンタカーと変わりないサービスです。やはり旅行や長期利用となるとレンタカーを借りたほうが安いケースがほとんどです。dカーシェアの場合従来のレンタカーサービスまで普通に利用することができるわけです。

スポンサーリンク

dcarshareの口コミをいただきました。

今回は短時間でうまくdカーシェアを活用されている男性に話を聞いてみました。dカーシェアは時間を長く借りたりすれば逆にかなりのコスト高になってしまいます。ただdカーシェアではレンタカーなども選択できるので
何時間借りるのかをしっかり計算することが大切です。

dカーシェアは何より月額料金が無料なので登録だけしておきました。

40代男性、自営業です。普段はオフィスワークがメインで移動も電車やバスです。時々荷物があったり、電車では行けないような場所だったりしたときはレンタカーを借りていました。ただレンタカーは多くは6時間刻みでそんなに長くは必要ありません。価格も一番安いクラスでも5000円ほどかかりました。安くする方法はないかと考えていたところ、dカーシェアが月額無料の上、dポイントまでもらえることを知り登録しました。

昔からカーシェアリングは知っていたのですが使うか使わないかわからないサービスの月額の固定料金がかかるところにどうしても障壁があり登録するに至りませんでした。dカーシェアは月額料金が無料なので、いざというときにでも使えると思い登録だけはしておこうと考えました。

さっそくアプリをダウンロードして登録してみると、家の近くにステーションがあるではないですか。dカーシェアの魅力は何と言っても安さです。最も安いときは15分で200円程度です。その上月会費がかからない。自分のように月に5~10回、時間も短い、という使い方はdカーシェアに向いています。所有する場合にかかる諸々の費用や駐車場代もいりません。レンタカーよりも一回当たりの使用料は安いです。
カーシェアリングは予約が入っていると使えないことがあることが不便

一方で課題もあります。ひとつめは、会社の近くのステーションに2台しかカーシェアリング用の車がないので予約で一杯だと使えません。基本的に早いもの勝ちです。急に必要になっても使えない場合があります。ふたつめはステーションがあるのが都心部だけでちょっと郊外に出るとステーションがないことです。パークアンドライド的な使い方にはまだ限界があるようです。最後は、少し時間を長く使おうとするとレンタカーよりも割高になってしまうことです。予定通りに帰ってくれば問題はありません。

少しでも予定より遅くなってしまうと延滞金を取られてしまいます。便利な反面、シェアしているがための不便さもあるのが今のカーシェアリングです。システムが改善されることを望みますが、同時に利用者もみんなで車をシェアしている、という意識を持つことが大切です。

dcarshareで初めてカーシェアリングしての口コミ

現在では、新車や中古車においても自分で車を買うとなると、当然ながらのに購入代金が掛かりますし、又、必然的に毎年の自動車に関する各種の税金もかかりますし、更には法令だ定められた2年毎に車検も必要ですし、それに伴い車検代も相当に掛かります。

又、特に首都圏や都会に住んでいる人達は駐車場スペースや賃貸駐車場の場合は余計な代金が月に数万円以上という事も珍しくありません。 従って、普通車に限っても車の維持費というのは普通車でも年に20数万円にもなるとされています。

そんな時には、自分で車を買わないで「契約して借りる」という方法もあるのです。
一般的なのはレンタカーというのがありますし、又、カーリースをして車を借りる手段もありますが、もう一つの方法としてカーシェアリングという方法もあるのです。

確かにカーシェアリングは便利なんですが、レンタカーと違い毎月の固定費である月額利用料金がかかる所がネックです。
しかし今回はじめて利用したdカーシェアのアプリは月額利用料金が無料です。

御承知のようにレンタカーは旅行などの現地でかる時や一時的に引っ越しなどのトラックなどを借りる場合であり、飽くまでも極く短期間に利用するものと思ってもいいでしょう。
其れに対してカーリースというのは、一般には長期間にわたって利用する場合を言い、その為に書類も契約期間や内容も結構厳しく審査され、使用にあたっての制限もあるようです。

一方、カーシェアリングというのは、所謂、会員制になって指定の車を借りるという方法で、当然ながら通常は入会金や月々の基本料がかかりますが、1日中、24時間何時でも利用可能という立場をとっています。 従って、燃料代やガソリン代もカーシェアの料金に含まれます。

ただ、カーシェアの場合は決まった月額料金で決まった範囲内で好きなだけ乗れるわけで、規定の距離がオーバーした場合は加算料金がかかる場合もあります。
私は月額料金もかからないdカーシェアでカーシェアやレンタカーを利用しています。

dカーシェアの口コミにある便利な点のカーシェアリングとレンタカーってなにが違うの?

カーシェアリングとは10分、15分間隔から車を使用する事ができるサービスです。通常はカーシェアリングを扱っているサイトで会員登録を行います。
その時にクレジットカード等の情報を記入します。また本来ならば月額の会員費がかかります。
dカーシェアの場合は入会金も月額会員費もかかりません。

そして、会員になれば車をシャアでレンタルする事ができます。
お使いのスマホを車にかざすとドアロックが解除されます。直ぐに利用することができるので、直ぐに利用したいという方には大変良いサービスです。

 

dカーシェアには1つのアプリにカーシェアリングとレンタカーが混在しています。利用する時間で自由に選べるので便利ですがその違いを理解しておくと便利です。
カーシェアリングは24時間いつでも使いたい時に利用することができるので急なお出かけにはありがたいですね。

他にも料金面においても短い時間であればレンタカーよりもカーシェアリングの方が格安で利用することができます。

カーシェアリングのメリットはガソリン代を負担する必要がないことです。また保険も払う必要はありません。
レンタカーだとガソリン代を負担する必要があるのでこれも大変ありがたいシステムですね。
デメリットに関しては車種が少し少ない点と多くが車内禁煙であること。

dカーシェアのカーシェアリングとレンタカーですが似てるようで少し違うサービスです。
ですので利用する時は近くに車があるからと早まるのではなく、利用する時間や料金などを確認しましょう。

 

dカーシェアの評判の良さ手軽、アプリが便利

 

キーはもうあなたの手のひらに、マイカーをシェアするといったようにdカーシェアはこれからの車生活と言えるかもしれません。車が大好きでこだわりの車があるという方はどうしても自分の車として所有したいと思いますが、特に車は移動の道具として考えている方にとっては乗りたいとき、必要な時にだけ乗れれば十分という方もたくさんいます。

 

車好きにはたまらないサービス

特に都心部に住んでいる方は車を持たずにたまにレンタカーを借りる程度という人はたくさんいらっしゃいます、これからそういったユーザーさんが利用するサービスとしてdカーシェアのようなサービスがどんどん増えていくのではないでしょうか?

まさにカーシェアリングからレンタカーまでサービスが集約されたdカーシェアは待ち望んだサービスと言えます。
従来あったカーシェアと違ったメリットもたくさんあります、まずは初期費用、月額費用が無料という点です、使わない時もある車ですから使わないのに定額の支払いが発生するのでは損になります。

その点でもdカーシェアは非常にお得ですし気軽に利用することができます、マイカーシェアリングもあるdカーシェアならではのメリットとしては選べる車種が豊富というメリットがあります、個人ユーザーの車から好きな車を選べるわけですからなかなかレンタカーなどではなかった車に出会うこともできます、車好きにはたまらないサービスです。

 

dカーシェアの評判がいいところはスマホで予約や開錠できる

そしてdocomoならではのメリットですが、dカーシェアを利用することでdポイントも貯まります、乗るたびにdポイントが貯まる、そして貯まったdポイントでdカーシェアの支払いも可能なので他のシェアリングサービスよりお得に利用することができます。もちろんdポイントはdカーシェア以外にいろいろなお店で使うこともできます。

 

利用シーンによって使い分けられるdカーシェア、
突然の雨で車が必要になった時や休日の買い物で荷物が増えそうな時などはカーシェア、
好きな車に乗ってみたいという時は選んでマイカーシェア、
そして長期間の旅行や出張などの場合はレンタカー
といったように使い分ければもう自分の車を買って維持していく必要がなくなります。

 

会員登録やシェアリングの予約もdアカウントさえあれば簡単です。スマホで予約や開錠できるのもdカーシェアならではの便利ポイントです。

スポンサーリンク