dカーシェアの車種のラインナップはどの様になっているんでしょうか。

dカーシェアを使えばどんな車種に乗れるの?
家族で旅行にいけるようなミニバンが安いって本当?
なんでdカーシェアだけこんな車種が豊富なの?

このページではなんてお考えの方の参考になれば幸いです。

ドコモのブランド名でdポイントも貯まるカーシェアリングがスタートしました。docomoユーザーなら身近に感じますね。ただドコモユーザーでなくても利用できます。

このdカーシェアですが今までカーシェアリングと内容が少し違います。
カーシェアリングとは、短時間の車のシェアでレンタカーより気が楽でオトクになるサービスです。

ただdカーシェアと名前はついてますが、カーシェアリング・レンタカー・個人カーシェアリングの3つのサービスを統合して利用できるサービスです。

 

つまり所有以外、カーリースを除けばすべての車に関するサービスが網羅的に利用できます。dカーシェアのマイカーシェアを利用すればかなりの多くの車種を利用できるようになります。

車種だけをみた際に他のカーシェアサービスと比べる以上の楽しみがあるでしょう。
特段エニカ(anyca)で先行していた個人間カーシェアリングをサービスとして入っていることでdカーシェアは限りなく多くの車種にアクセスできる様になっています。

 

 

スポンサーリンク

dカーシェアの車種の豊富さはサービスが色々あるから!

1)カーシェアリングは短時間利用に

ごく普通のカーシェアリングになります。主だった用途で言えば「子供の送り迎え」「数時間の買い物」「その他パーク&ライドといった短時間利用」になってきます。オリックスカーシェアが実質的な運営にあたっています。カーシェアリングに多い車種はコンパクトカーになります。

2)レンタカーはちょっとした旅行に

従来のレンタカーと同様です。カーシェアリングと違って「1泊以上の旅行」「大人数での旅行」など数日に渡って利用する時に便利です。

3)マイカーシェアは車種が豊富

こちらがdカーシェアの特徴でもあり既にエニカ(anyca)と同様のサービスです。便利な使い方としたら「おしゃれなデートを演出するために外車に乗りたい」「購入を検討している車に事前に試乗したい」「車好きのオーナーと知り合いになれる」など通常のカーシェアリングとは違ったサービスになります。またこのマイカーシェアによって軽自動車から外車、ミニバンなどかなり多くの車種があります。

 

 

スポンサーリンク

dカーシェアの車種が豊富な理由:個人間のマイカーシェアで無限大に

その理由がマイカーをシェアする個人間カーシェアの機能があるからです。個人間のカーシェアとは愛車を使っていない時に他の方に使ってもらって副収入がもらえるシステムです。現在、この様な個人間カーシェアができるサービスを運営しているのがdカーシェアとエニカが有名です。個人の車を借りられるので、通常は借りて乗ることの出来ないような高級な外車をデートやドライブに使うことが出来てしまいます。今までのカーシェアの常識からは考えられないような楽しさですね。

このマイカーシェアでは軽自動車から高級外車までの豊富な車種のラインナップになってきます。自分が乗りたい車はよほど希少性の高いクルマでない限り見つかる可能性があります。シェアの価格も一般にある外車専門レンタカーと比べると半額から3割程度と借りる側にとっても非常に手軽です。dカーシェアの車種の中には先程お話した高級車も含まれるのでその分自動車保険もしっかりと付いてきます。ただ、注意点としては個人間カーシェアでは免責額が10万円の比較的高額になっているので運転に注意が必要です。

 

スポンサーリンク

dカーシェアの車種の中には軽自動車からミニバンまで

dカーシェアの機能の中にはオリックスカーシェアを使うこともできます。オリックスカーシェアの車種のラインナップも豊富でコンパクトカーからミニバンまで準備されています。国産車で考えるならばdカーシェアでオリックスカーシェアの選択もありです。なによりdカーシェアの車種は個人間カーシェアの豊富な車種だけでなく、オリックスカーシェア、レンタカーなど数多くの会社が参加しているので車種が豊富になってきます。これらの理由からdカーシェアは特に車種が多いカーシェアです。

 

dカーシェアの車種が一番多いマイカーシェアの保険

dカーシェアのマイカーシェアは個人間のカーシェアリングなので車のオーナーは通常であれば自動車保険(任意保険)に加入しています。

ところがdカーシェアのマイカーシェアのドライバーさんにはこのオーナーの自動車保険を使うことによりオーナーの保険の金額が次回から上がってしまいます。

そのためにdカーシェアのマイカーシェアが東京海上日動保険と提携して「1日自動車保険」の車両補償付きプランにシェアのたびに加入する形となります。

アプリで表示されている金額に1日自動車保険の料金を加算した金額が実際にドライバーが支払う料金となってきます。

車種が多いマイカーシェアの補償内容と残るリスク

対人賠償責任保険:無制限

対人賠償とは事故の相手方に怪我や死亡など人に対する保険です。
無制限なのでこの点は心配いりません。

対物賠償責任保険:無制限

対物賠償とは人ではなく相手方の車や財産を損傷させたときに支払われる保険です。
こちらも無制限なので心配いりません。

搭乗者障害特約:1,000万円

搭乗者とはdカーシェアのマイカーシェアで借りた車に一緒に乗っていた方への補償になります。搭乗者の保険としては自動車保険によっては3,000万円や5,000万円などの設定もあります。自分で自動車保険に入る際にはこれ以外に人身傷害保険に入るなどして手厚くしている場合もありますが、1,000万円は標準的とも入れる保険設定額になると言えます。また自損事故障害特約もついているので、電柱に衝突しての人身傷害であっても対応可能です。

借用自動車の復旧費用保証特約:免責額10万円 最高限度300万円

通常は車両保険と呼ばれる保険になります。dカーシェアのマイカーシェアでは自分の車ではないので借用自動車という名称がついています。
この保険の免責額が一番不安の大きいところです。最高限度額に関して言えば、dカーシェアのマイカーシェアで借りた車を全損(修理不可能)な状態にまでしても300万あれば大抵の場合は対応できます。ただ、あまりの希少車や高級車の新しい車はこの300万円を時価額(その時の価値)が超えてくるので理解しておいたほうが懸命です。

一番トラブルになりやすいのが小さな傷です。dカーシェアのマイカーシェアでは軽自動車から高級外車まで色々な車が乗れることが特徴で有る一方で運転の車両感覚、ハンドルのキレ角、ブレーキのタッチはそれぞれ違います。特に外車や高級車になるとホイールが19インチを超えてくると道路に縦列駐車した際にホイールをこすることは簡単に想像できます。ホイールの修理と言っても数万円から10万円を超えることもありますが、免責額10万円と言うことは1事故に付き10万円の自己負担が発生するということです。

dカーシェアのマイカーシェアを利用する際には、あらかじめこの免責額10万円をしっかり理解しておきましょう。また、dカーシェアのマイカーシェアで車を借りる際にオーナーさんと現状の傷のチェックをしますがこのチェックの時の傷の認識違いも、返却時のトラブルになりますので注意深くする必要があります。

dカーシェアのマイカーシェアでの事故でのトラブルの一番大きな部分にこの車両保険の免責10万円があると言えます。ただ、この免責額を減らせばその分保険料が跳ね上がり今の金額が妥協点かなと考えますね。

dカーシェアのマイカーシェアの事故でその他保険を支払いできないケース

その他のケースでは一般的な自動車保険と同様ですが、特段の注意点として車の盗難や停車中の当て逃げに保険の適用が無いことに注意が必要です。自動車保険の車両保険の中にもエコノミー型やオールリスク対応型と大きく分けて2種類ありますがこのエコノミー型が適応されています。つまり、相手方のいない事故の車両保険は対応できないということです。

高級車をdカーシェアのマイカーシェアで借りて運悪く盗難にあったら一切の補償無しで自己負担での弁償になってきます。同時に信号待ちで車をぶつけられて、相手方が逃げた場合も同様に補償がありません。

 

dカーシェアの車種について:まとめ

いかがでしたでしょうか。
dカーシェアは今までのカーシェアリングと違ったサービスであることがご理解いただけたかと思います。

dカーシェアの車種はマイカーシェアのオーナー様が増えれば増えるほどに今後も増えてくるでしょう。

マイカーシェアは保険や事故に関しては特別な配慮が必要なことも話してきました。
これからの車の楽しみ方は、道具として使う・移動手段の車の使い方や車種に興味を持ってこれを乗りたいを実現出来る様になってきました。

dカーシェアは入会金も月額料金もかかりません。

その上キャンペーンでdポイントがもれなく貰えます。
(期間限定)登録してdカーシェアの車種を確認したり、場合によってはオーナー登録したりと検討してみるのもいいかと思います。

現在会員登録は無料です。登録だけでDポイントももれなく貰えます。

スポンサーリンク