dカーシェアはiPhoneで解錠@予約から解錠まで専用カードいらず!
こちらもおすすめします。

dカーシェアはこちらから

dカーシェアのマイカーシェアは色々な高級車もカーシェアできて便利です。

ただ車種や車の数の多さは圧倒的にanycaが勝っています。

 

クルマを貸したいオーナーさん

自分の車を貸して不労所得を得られるかも。。

 

クルマを借りたいドライバーさん

デートでどや顔できるかも。。。

 

今ならanycaに登録しておくとお得ですよ。

anyca(エニカ)の招待コードを探している方はコチラからどうぞ。
ドライバーさんもオーナーさんも同じコードでOKです。
ドライバーなら2,500円も割引になるクーポンが貰えます。
オーナーになれば
anycaのプラットフォーム利用料の10%が1ヶ月無料
になります。
2020年9月末まで
招待コード
「kurumakariru」

「車借りる」
と覚えると分かりやすいですよ。

dカーシェアでiPhoneを使ってクルマの鍵にできちゃいます。

つまり手ぶらでいざ車が必要な時にスマホだけあればいつでもカーシェア可能です。

専用のカードが必要なカーシェアの場合は、もし財布に入れ忘れていると使えません。

もし出来るならカードを持ち歩かなくていいので楽ですね。

利用するにあたって通常はICカードを送ってもらわなくてはいけません。

dカーシェアはICカードは不要です。

手持ちの交通系のICカードやiPhoneでアンドロイドのスマホでカーシェアのクルマの解錠可能です。

通常はカーシェアに入会してもICカードの到着を待ってからの利用になります。

スマホや手持ちのICカードが利用できればICカード発行手数料も不要ですし、普段から持ち歩かなくていいので便利ですね。

カーシェアのライトユーザーには必須です。

何より普段からカーシェアを使っている人は財布の中にカーシェアの専用ICカードを入れているかもしれません。

しかし、普段使わず旅行先や出先でいざ突然車が必要なシーンもあります。

もし専用ICカードを入れていなければ利用できません。

そのようなときもdカーシェアならスマホさえあれば使えてしまいます。

スポンサーリンク

dカーシェアで使える電子鍵は・・


iPhoneのsuica
AndroidのFeliCa®搭載
suicaなど交通系のICカード

この3つで車の解錠が可能です。

スポンサーリンク

dカーシェアでICカードの電子鍵登録手順

iPhoneのスイカとsuicaは同じ手順

まずはアプリかdカーシェアのサイトから車を探して予約します。

交通系のICカードを持ってステーションへ行きます。

このステーションでICカードを電子鍵登録をします。
dカーシェアのサポートセンター0120-337-360に電話をして電話機の「2」を押して電子キーの登録に進みオペレーターの支持に従います。

これで交通系ICカードが電子鍵になりました。

iPhoneに登録した交通系ICカードでも同様の手順です。

AndroidのFeliCa®搭載の場合はもっと楽

Androidの場合はステーションにいかなくても事前に電子鍵の登録が可能です。

dカーシェアのアプリのマイページ>アプリについて>スマートフォンでの鍵登録から事前に電子鍵の登録が可能です。

dカーシェアのICカードで解錠する際の注意点

iPhoneでもAndroidでも念の為交通系ICカードカードは持参しておいたほうが安心です。

スマホの不具合やバッテリー切れなどの時に対応できなくなってしまします。

スポンサーリンク

iPhoneだけではない!ICカードでもOK

カードリーダーは車種によって設置場所が変わります。

車に設置してあるカードリーダーが緑に店頭していることを確認した上でカードリーダーに登録した電子鍵を2回タッチします。

最初は予約した車の確認です。次が車の解錠です。

1回目のタッチでハザードランプが1度だけ点滅してその後5秒から20秒後に点滅を始めれば予約をした車に間違いはありません。

2回目のタッチで車の扉を開けることが出来ます。

他社のカーシェアではiPhoneでのクルマの解錠は可能か

タイムズカーシェア

会員カードが必要です。スマホで解錠は現状はできないようです。

カレコ

スマホで解錠が可能です。

ケータイで会員ページにログインした利用開始ボタンをクリックするとクルマのドアを解錠できます。タッチも必要なくスマホで解錠できるのは楽ですね。

もちろん交通系のICカードカードで解錠することも可能です。

オリックスカーシェア

dカーシェアで使えるのはオリックスカーシェアですがスマホでの解錠には対応しておりません。

会員カードのICカードが必要になります。

同じ車両なのに不思議になり問い合わせしましたがやはりdカーシェアではスマホで解錠できてオリックスカーシェアでは会員カードが必要です。

dカーシェアはiPhoneで解錠できる!まとめ


これを見ていてもdカーシェアの便利さがわかります。

カーシェアの会員証であるICカードは普段使わない人にとってみれば持ち歩いていないこともあります。

いざ駅に降り立ってクルマで移動したくなっても会員証がないといくらカーシェアに入会していても利用できません。

スマホで予約してクルマを解錠できればスマホだけですべてを解決できます。

カーシェアの利用頻度が高い方なら財布に常にカーシェアの会員カードを入れていると思いますが、普段は使わない「いざ」というときだけという方は財布が厚くなるのが嫌で入れていない方も多いと思います。

私もタイムズカーシェアの会員ですが普段は持ち歩いていないことが多いです。

dカーシェアは入会金も月額も無料、ICカードを持ち歩かなくてもスマホでOK、利用料金もその他のカーシェアと比べても遜色なくオリックスカーシェアより安い、補償についてもNOCの免責が無料でついてくるなどかなり、ライトユーザーにはメリットだらけです。

その上キャンペーンも手厚くあります。

キャンペーンはサービス開始から徐々に小さくなってきています。

入会しても利用しなければ何もデメリットはありません。

遠出したときや「いざ」クルマが必要な時にすぐにカーシェアを利用できるようにdカーシェアに登録しておくことをおすすめします。

こちらもおすすめします。

dカーシェアはこちらから

dカーシェアのマイカーシェアは色々な高級車もカーシェアできて便利です。

ただ車種や車の数の多さは圧倒的にanycaが勝っています。

 

クルマを貸したいオーナーさん

自分の車を貸して不労所得を得られるかも。。

 

クルマを借りたいドライバーさん

デートでどや顔できるかも。。。

 

今ならanycaに登録しておくとお得ですよ。

anyca(エニカ)の招待コードを探している方はコチラからどうぞ。
ドライバーさんもオーナーさんも同じコードでOKです。
ドライバーなら2,500円も割引になるクーポンが貰えます。
オーナーになれば
anycaのプラットフォーム利用料の10%が1ヶ月無料
になります。
2020年9月末まで
招待コード
「kurumakariru」

「車借りる」
と覚えると分かりやすいですよ。
スポンサーリンク