NOREL(ノレル) 乗り換え

ノレル(NOREL)は乗り換えが自由なカーシェアリングです。90日で車を変えられるなんて面白いサービスであり今までのマイカー購入から考え方もおおきくかわってきますね。最短の契約期間が90日間なので、手続きや予約がうまく行けば最大で年間4台乗り換えが可能という計算になります。
ノレル(NOREL)で最初に車を借りる時にどの様な車を借りるか1年分あらかじめ考えておくのも面白いかもしれません。

NOREL(ノレル)公式ページ
https://norel.jp

 

ノレル(NOREL)での乗り換えすることのメリット

自分で車を購入するとしたら最低でも5年先をみこした生活設計を考えるかもしれません。車選びにもかなり労力を使います。乗車人数やレジャーの目的、通勤に使うか、荷物はどれくらい運べるかなど選ぶポイントはたくさんあります。また、趣味が変わったりしたらそれに合わせた車の買い替えまで考えなくては行けないかもしれません。

理想をいえば、何台か車を持っていて趣味や用途に合わせて使う車を選べれば一番理想的ですね。例えばおしゃれなドライブを演出したいからクーペタイプの外車、みんなでキャンプに行くから大型ミニバン、普段使いで燃費がいいほうがいいから今日は軽自動車なんて選べれば一番効率的です。ただこんな所有の方法は費用がいくらあっても足りなくなってしまいます。

車を1台所有するだけでも

 

1台マイカー購入のための準備
月極駐車場の準備や契約
車種の決定 ローンか一括かの資金準備
メンテナンス整備や取得時の税金
毎年の自動車税
任意保険の比較や検討 加入手続き
車の減価償却費(車の価値の減少

 

こんなにも考えることや決めなくてはいけないこと、支払いがあります。それを何台か所有するなんてのは当然考えられません。それをノレル(NOREL)ならば実現することが出来るのです。

NOREL(ノレル)公式ページ
https://norel.jp

例えばNORELの乗り換え例でいえば

シーズンごとに乗り換える
12月から2月は冬シーズンに ミニバン
3月から5月 特になにもないから乗用車
6月から8月 せっかく夏だしオープンツーシーターでも
9月から11月 秋だからアウトドアようにステーションワゴン

 

もちろん手続きのタイミングや予約のタイミングで希望の車が無いことも考えられますので思ったとおりにはいかないかも知れませんが、うまく乗り換えられたらNOREL(ノレル)理想的な使い方が出来ますね。

ノレル(NOREL)での乗り換え活用方法

NOREL(ノレル)であれば自動車税やオイル交換や車検、任意保険まで月額料金に含まれています。NOREL(ノレル)の月額以外に余計な出費を考えずに乗り換えができるので、趣味の車を活かして実際にのって車ブログのインプレッションなんかすれば楽しいかもしれません。今まではマイカーの購入して5年で乗り換えがやっとだったところにこういったサービスは、ワクワクしますね。

会員登録するとNOREL(ノレル)よりおすすめの車なんかがメールでお知らせが来ます。色々な車の紹介があってメールを見るのが楽しみになりました。ちなみに本日のメールでこの車の紹介がありました。

NORELには色々な車があります。


クラウン ハイブリッド アスリートS(2013年式)
月額59,800円(税抜)

 

この月額が高いのか安いかをどう考えるかが判断の見極めですね。車の諸費用は車検にはじまり、保険、オイル交換などがあります。それらと同時に手配する手間も時間がかかります。それがNOREL(ノレル)ならそのあたりは何も考えずに乗ってみて違うと思ったら即乗り換えなんて方法がとれるんです。NOREL(ノレル)はマイカー購入と比較してコストが安い高いというよりも、車を自由に乗り換えられる全く新しい考え方のカーリースモデルです。

 

スポンサーリンク

ノレル(NOREL)の乗り換えの時に注意したい保険

先程お話したとおり任意保険 (対⼈対物無制限、⼈⾝傷害3,000万円)がNOREL(ノレル)は最初からついてきます。 自分で車を購入して任意保険に加入するとなると年齢条件や家族限定などで保険料は大きく変わってきます。特に、運転する方が若い場合は任意保険料はかなり高くなります。車種にもよりますが年齢限定を解除した任意保険は月額1万近くするケースもあります。それでもNOREL(ノレル)ケアは加入しておいた方が安心です。

NORELで車を乗り換えるさいも、改めてNORELケアの加入は検討しましょう。最初の1台目の時に検討したかもしれませんが事故などで借りている車両が傷ついた場合は借り手側の会員の負担での修理になります。また、車が修理できないほどの事故の返却時の対応や全損事故の対応について改めて確認しておきましょう。利用規約をみてみると

第58条(対象自動車の返却不能)
1. 会員が対象自動車のリースを受けている間(会員が対象自動車の返却義務を怠っている間を含みます。)に対象自動車が当社に対して返却することのできない状態(以下「返却不能」といいます。)に至ったとき(対象自動車の物理的な消滅、海没、盗難を含みます。以下本条において同じとします。)は、個別リース契約は終了するものとします。
2. 前項の場合において、対象自動車の返却不能が会員の責に帰すべき事由によるものであるときは、会員は、当社に対し、対象自動車の価額に相当する金額を賠償するものとします。

全損の事故や自動車が使えないような状態になったときは、自動車の時価額を弁償しなくてはいけません。乗り換えを考える際は、次の車が高級車などにする場合はノレルケアの加入をすることをおすすめします。

 

NOREL(ノレル)公式ページ
https://norel.jp

NOREL(ノレル)ケアを検討されたことがある方にはあまり参考にならないかもしれませんが、NOREL(ノレル)には免責額が決まっています。仮に時価が安い車ならば免責内に収まってしまうかもしれません。心配だからとりあえず保険となると乗り換える車全てNOREL(ノレル)ケアが必要になり月額も高額になってしましますのでしっかりとした乗り換えの都度検討したほうがいいでしょう。

ノレル(NOREL)乗り換え時に検討すべきノレルケアの免責について

下記に年齢別の免責金額を表示しています。免責額は年齢やその他条件によって予め決められています。

利用者中、年齢が最も若い方21歳未満+5
21歳〜29歳+1
30歳以上±0
共同利用人数1名±0
2名+1
3名〜4名+2
5名以上+4
免許の色・事故履歴全員ゴールド±0
ブルー含む+1
運転経験1年未満含む+2
事故歴有りの方含む+5
利用する車が輸入車+1
法人でのご契約+1
利用車両がリスク車種該当 (保険会社の規定による)+0 〜 +5
スポンサーリンク

ノレル(NOREL)での乗り換え時には走行距離に注意を

特にNOREL(ノレル)での乗り換えをレジャー目的で借りる方は走行距離に注意して下さい。最初のNOREL(ノレル)の契約上は月間の平均走行距離は2,000kmになります。2,000kmと言えば通勤で毎日往復10km走ると250km程度です。週末にドライブを加算すると目的地にもよりますが、冬のスノーボードを連想した場合東京から新潟の上越あたりで往復500km。

毎週末、スノーボードに行って通勤にも使うと超えてしまう可能性もあります。好きな方は毎週末いってもおかしくないですからね。もし超えた場合は利用月数✕20%がNOREL(ノレル)精算時に加算されます。もしマイカーで同様な利用状況でも走行距離が伸びるので売却時の価値は下がリますので20%加算程度は仕方ありません。あくまで月間の平均なので利用期間が3ヶ月の場合は6,000kmとなります。

 

 

 

ノレル(NOREL)乗り換えでのまとめ

NOREL(ノレル)についての評判なんかもネットで調べていると、「情報弱者に安い車を高く貸している」なんて言葉も聞きますが、車に対しての考え方です。一台の車を最低5年以上丁寧に乗る方であれば購入が得だとおもいます。
NOREL(ノレル)でその時に必要な車を乗り換えられる楽しみは今のところNOREL(ノレル)をおいて他にありません。

ご興味があれば公式サイトにてご確認下さい。

 

スポンサーリンク