車の維持費の月の平均はどれくらいになるのでしょうか。車の維持費で代表的なのが駐車場代・税金・車検・ガソリン・オイル・その他メンテナンスなどがあります。少しでも車の維持費を節約して1ヶ月の平均を下げる工夫などを考えてみました。

車の維持費を節約するためには、カー用品店の広告をそのまま受け入れてはいけません。車の維持費を節約するための方法や知識をお伝えできたら幸いです。

車検等の整備費におおまかに分かれます。そのほか、自動車保険の類もありますが、これはユーザーの車に対する考え方によって価格の違う事があります。大きく3つのポイントに絞って回答していきます。

スポンサーリンク

車の維持費の月平均では出ない項目

車の維持費の月平均を考えた時にすぐに計算できない項目があります。ガソリン代や毎月払いの任意保険、月極で借りている駐車場などは計算しやすいですが、年間での支払いのものは12ヶ月で割って計算するしか方法がありません。まずは車の維持費の内、月平均が出しにくい項目を挙げてみます。

車の購入時にかかる税金や手数料

車の購入時にかかる税金や手数料も車の維持費になってきます。購入費用に含めてしまえば維持費からの計算を省くことができますが、車の購入費用以外を維持費として考えて初期にかかる税金や手数料を計算しておきましょう。

車の購入時にかかる車両本体価格以外の税金や手数料です。自分で行うことで安くすることもできます。

車両登録の費用
車庫証明の費用と代行料
リサイクル券の費用
下取りの車がある場合は処分費用
納車費用

自動車取得税
自動車税
消費税
自動車重量税
自賠責保険料

自動車税の支払いは5月のみ

自動車税は毎月請求が来ることはありません。4月1日の所有者あてに課税されます。年に1回のことだからこそ車の維持費を考えた時に月の平均から省かれてしまうこともあります。

自動車税は排気量によって税額が決まります。自家用乗用車の自動車税は下記の通りです。1リットルからは0.5リットル刻みで自動車税額は上がっていきます。軽自動車に関してはすべて一律です。

1リットル以下  29,500円
1リットル超~1.5リットル以下  34,500円
1.5リットル超~2.0リットル以下  39,500円
2.0リットル超~2.5リットル以下  45,000円
2.5リットル超~3.0リットル以下  51,000円
3.0リットル超~3.5リットル以下  58,000円
3.5リットル超~4.0リットル以下  66,500円
4.0リットル超~4.5リットル以下  76,500円
4.5リットル超~6.0リットル以下  88,000円
6.0リットル超  111,000円
自家用乗用軽自動車 一律  10,800円

自動車税に関しては少しでもお得に払う方法もあります。今はクレジットカードなども利用できます。詳しくは下記の記事に纏めていますのでお時間があればどうぞ。

車検は新車は3年、それ以降は2年毎

車検も車の維持費では大きな項目ですが月平均で考える時は少し計算が必要です。車検等における整備費は、旧車両ほど金額のかかる仕組みになりますが、これは前ユーザーがどの程度運転していたかを示すものになります。ハードな運転を続けた車は耐久度としても弱っていますので、次期車検に関しても大幅に修繕費用がかさんだりします。

車検費用の方でも大型タイプと小型タイプでは格差があり、その都度の維持費に旧車であれば、結構な金額の飛ぶ世界です。車検費用とは別に車のチューンナップとしても、費用は出ますが、それとは別に車の維持費用としての交換部材に関しても、ユーザーのたしなみとしては、出費があり、たとえばタイヤ4本を交換するとなれば、結構な金額になります。

この辺りは、ユーザーの意思決定の場面もありますが、車と言う安全性能を基準とした乗り物に関しては、やはり安全基準上の走る・曲がる・止まるの重要性能に関して、お金を出し惜しみすることは、危険度を上げますので注意したいところです。

車検を少しでも安くする方法などを記事にしています。

自動車保険は月払い?年払い?

自動車保険も車の維持費では大きな項目です。自動車保険の支払い方法は年払いの場合は12ヶ月で割って考えなくてはいけません。多くの保険会社では月払い、年払いの選択が出来るようになっています。ただ、年払いの方が安くなるケースがほとんどです。

自動車保険も年齢やリスクによって大きく変わってきます。火災保険や生命保険も同様ですが、適切な見直しが保険料を安く済ませるきっかけになります。もし最近他の自動車保険と比較検討されていない方は一度見積もりをとって今の自動車保険が適切か考えてみるのも悪くないかも知れません。

チャイルドシートやスキーキャリアなど

その他、チューンナップとしては違いますが、チャイルドシートの設置など、車に添乗する備品に関しても、家族構成によっては出費となります。

チャイルドシートやスキーキャリア、スタットレスタイヤなどは月平均で出しにくいポイントです。ただ、車を活用して維持していくためにかかる費用なので車の維持費として計算しておくべきでしょう。

スポンサーリンク

車の維持費の月平均として出しやすい項目

ガソリン代

燃料費の種類としては、軽油の場合もありますが、おおかたがガソリン費用で、ガソリン自体は、時期の波を色濃く受けます。この石油市場価格の影響などで業務用自動車などは、大きな影響を受けますが、一般車としてもその家計に対する圧迫は避けられません。

燃料費としての計上は車の燃費性能や、車の形状によっても異なり、そして、新旧の車のタイプによっても分かれます。ですので、燃料費を節約することが、車を上手に乗りこなす秘訣と言えます。

高速道路や有料道路の通行料金

車の税金対策とは違いますが、高速道路の一部に関しては、大型車であることが、課金される仕組みのケースがあり、税金対策としては乗用車を持つ以上は避けられない出費となります。また、税金での一番の大きさは新規・中古に限らず、購入時の消費税も大きなポイントです。ですので、消費税を加えると基本価格よりも大幅にUPする購入費もネックとなります。

スポンサーリンク

車の維持費の月平均を下げるためには?

荒い運転を続ける事に依るマイナス

車に関する諸費用を節約する理由としては、車を維持するという理由が最優先です。これは家計を圧迫する重要なものになるので、安全運転と併せて、車を維持していくためにクルマにかかる使用料を減らしていくのが賢い得策と言えます。

堅実な家計に便利なツールとしての自家用車の利用ですが、その他には、安全運転を伴うことによる、保険料の節約と言う安全運転への意識も、車にかかる経費を落とすことが可能になります。
そして、車の修繕費に関しても、荒い運転を続ける事に依る、タイヤの摩耗など、気を付けなければ、車検の費用のかかるときに、大幅に家計にマイナスとなる恐れがあります。なので、安全運転を心がける事は、車の諸費用の計算上、優れた効果を現すことが言えます。

車検時の出費の無駄となる可能性

また、燃費を節約する運転としても、昨今のハイブリッドや電気自動車に関する新型は充分に考慮された仕組みがありますが、やはり新規購入時の出費は否めません。ですので、燃費を今の乗用車として削減するには、急な加速を減らすことや、エンジンの回転数を確認しながら運転するという、エンジンセーフティを考慮に入れる事が、賢い運転と、乗用車を保持する観点になります。

節約するポイントは他にもあり、過度なチューンナップによる、経費の増大は家計を圧迫するだけでなく、エンジンや足回り性能を弱める結果ともなりますので、結果として、車検時の出費の無駄となる可能性があり、また車検時の工賃・手数料の増大となる恐れがあります。

荒い運転を控える事や、通勤距離を短くする

それに代わる手段としては、あえて初期費用がかかっても新車にして、性能のよい車にする方法があり、またエコ減税の実施時などにクルマを購入する施策をとるなど、購入時期を選ぶことも先決です。
またガソリンスタンドの特売日や、ガソリンスタンドのシリーズを選択する事も良い手段ですが、これらは、根本的な車の費用の削減と言う訳にはなりません。車の維持費の節約と言う点では、ある種の荒い運転を控える事や、通勤距離を短くする努力の方がこれよりも実効性があります。

ですので、家計の負担という事を考えれば、遠い通勤地を控えて転職を行う事も、非策と言えます。
なので、車の諸費用を落とす基準は、家計の中での車の経費を割合として減らすことを目的とし、ロングドライブは郷里に帰る時など、年に数回に留めると、より車の安全を守ったうえでの車の所有が可能になります。その上で、節約するポイントとして、時期を見た車の備品交換などが挙げられます。

車の維持費全体を少しでも下げるためには

車に関する諸費用を節約する裏技として、おおまかに二つに分けられる施作があります。これは、ある意味一般的ではないですが、小規模出資によって車の購入費用と維持費をまかなうタイプと、おおきく払って維持費用を節約する2つめのポイントがあります。

大きな出費のかかる購入費用を一番に避ける意味

少額費用によって車の費用を削減するポイントは、あらかじめ車の購入費用を見積もったうえで、車の選び方を学ぶことです。これは、メーカーの自動車の質的な違いや、メーカーのデザインではなく、あえて新古車を選ぶという方法を取る事に依って可能になります。そのため、いい新古品の車があるショップを調べて回ったり、また少ない金額で中古車の良いレベルの物を購入したりと、車の知識が盛んでなければ、むずかしい意味があります。

つまり、車のデザインや見た目で選ぶのではなく、どのくらい走ったかの走行距離を見て、だいたいの車検時の費用が見積もれる消費者であることや、また車の塗装状態を見て、前のユーザーの運転優良度をみる眼を持つことです。
そして、次期おいおいに渡って、車の維持費用としてのチューニングを自身で行う事が、一番の車費用の削減となります。

これは、大きな出費のかかる購入費用を一番に避ける意味と、車を維持して整えていくという、所有者としてのたしなみのわかることであれば、充分に方法として機能します。

見た目の性能より隠れた性能を重視する

それとは逆に大きな出費を伴って、車の費用を落とす戦術は、車の性能の基本である走り・燃費に重点項目を置き、減税中の施策を多きく利用して初期投資をあげる理論です。

これは、基本性能の走りに関して、負け惜しみしない投資をすることと、あえて内装デザインや備品に基本だけを盛り込んだ、新車を購入する事です。つまり落とせるところだけは落として、燃費をいかに下げるかと言う、見込みを購入時に知識たくましくしておくことになります。

たとえば、コンパクトカーであっても、中程度の重量税であるので、内装は自身であとでアレンジするとして、最新のエコドライブが可能なものに、仕様を頼む方法や、基本性能としてのタイヤの新品にこだわることもそれに入ります。
タイヤを新品にしておく意味は、ドライビング時の車体の負担として、足回りからくる性能の劣化を防ぐ意味があり、車検時の負担を軽くする意味合いがあります。

つまり、見た目の性能より隠れた性能を重視する、車の維持を心がける事です。初期投資に安全のための金額をかけておくと、銭失いというかたちにはなりません。

スポンサーリンク